サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > その割り切りが潔い!? 乗り心地は硬いけど走りは超一流だった国産スポーツ 4選

ここから本文です

 鏡面のようなフラットな路面であれば、基本的にクルマのハンドリングは、サスペンションが硬ければ硬いほど応答性に優れ、スポーティといえる。が、しかしそんな路面は存在しない。

 さらに、高速になればなるほど硬いサスペンションの方がハンドリングに優れ、低速になればなるほど柔らかいサスペンションの方が乗り心地は良い。

地味にアイサイトXより凄い!? 新型レヴォーグ 超進化ボディが実現した走りと乗り心地

 二律背反するクルマのハンドリングと乗り心地。これを克服するためにエアサスや電子制御式減衰力可変ダンパーなどが開発されたわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ