現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > この中から「今年の1台」が決まる!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト車「トヨタ アルファード/ヴェルファイア」編[2]

ここから本文です

この中から「今年の1台」が決まる!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト車「トヨタ アルファード/ヴェルファイア」編[2]

掲載 2
この中から「今年の1台」が決まる!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト車「トヨタ アルファード/ヴェルファイア」編[2]

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、自動車関連メディア39媒体が主催する、日本でもっとも権威のある賞典。毎年一定期間(今年は2022年11月1日~2023年10月31日)にデビューした国内外の新型車の中から「今年を代表する1台」を選出する。

 今年のエントリー車は全34車種で、各メディア(実行委員会)から選出された自動車に造詣の深い選考委員60名により、一次予選としてまず「10ベストカー」が10台選出された。ここではその10台のうちの1台、トヨタアルファード/ヴェルファイアを紹介します。

この中から「今年の1台」が決まる!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト車「トヨタプリウス」編[2]

文/ベストカーWeb編集部
写真/池之平昌信

トヨタアルファード/ヴェルファイアの特徴と最終選考会

アルファード/ヴェルファイアとも大人気で長い納車待ちが続いている

 世界に誇るLクラスミニバンのアルファード/ヴェルファイアは2023年6月21日に正式発表された。トヨタの車種統合戦略により、ヴェルファイアは消滅するという情報も流れていたが、ブランドは継続しヴェルファイア好きもひと安心。

 パワーユニットは、アルファードが2.4L、直4ガソリンとそのハイブリッド、ヴェルファイアが2.5L、直ハイブリッドと2.4L、直4ターボとなっていて、乗り味はアルファードはラグジュアリー、ヴェルファイアはスポーティに仕上げられ、両モデルの差別化が図られている。このキャラクターが旧型との最大の相違点だ。

 販売の混乱を避けるため2023年11月現在は両モデルとも上級グレードのみの販売となっている。廉価グレードなどは後に追加される予定だが、初期オーダーが殺到した結果、長い納車待ちが続いている。

 現代に求められる高級車を具現化し、新たな世界を提案するアルファード/ヴェルファイアは、ユーザーからの絶大なる支持を背に、イヤーカー受章を目指す。

 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会は2023年12月7日。下記10台の中から「今年の1台」(イヤーカー)が発表される。乞うご期待!!

株式会社SUBARU:SUBARUクロストレック
トヨタ自動車株式会社:トヨタ アルファード/ヴェルファイア
トヨタ自動車株式会社:トヨタ プリウス
日産自動車株式会社:日産 セレナ
本田技研工業株式会社:ホンダ ZR-V
三菱自動車工業株式会社:三菱 デリカミニ
Stellantisジャパン株式会社:アバルト 500e
ビー・エム・ダブリュー株式会社:BMW X1
マセラティ ジャパン株式会社:マセラティ グレカーレ
フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社:フォルクスワーゲン ID.4

こんな記事も読まれています

フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
motorsport.com 日本版
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
くるまのニュース
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
バイクのニュース
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web

みんなのコメント

2件
  • たま
    日本カー・オブ・ザ・イヤーが忖度だらけだから
    RJC カー オブ ザ イヤー創った経緯があるんで、もう何の権威も無い

    で、そのRJC カー オブ ザ イヤーももはや同じで意味がない
  • mtsukun
    俺の愛車ゼロクラウン・ロイヤル黒は「無冠の帝王」と呼ばれているけど、カーオブザイヤーに選ばれたからと言って良いクルマとは限らない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

655.0892.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.01999.0万円

中古車を検索
ヴェルファイアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

655.0892.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.01999.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村