現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「アウトバーンの巡航」は160km/hがベスト アルピナD3 S ツーリング 長期テスト(2) 疲れが癒える快適さ

ここから本文です

「アウトバーンの巡航」は160km/hがベスト アルピナD3 S ツーリング 長期テスト(2) 疲れが癒える快適さ

掲載 7
「アウトバーンの巡航」は160km/hがベスト アルピナD3 S ツーリング 長期テスト(2) 疲れが癒える快適さ

積算4188km 深夜の疲れが癒されるほど快適

出張を終え、空港の駐車場へ辿り着いたのは午前1時15分。自宅まで2時間近くの道のりが待っている状態で、高速道路を利用できるなら、アルピナD3 S ツーリングほど乗り込むのに望ましいクルマはないように思う。

【画像】独立時代を締めくくる1台 アルピナD3 S ツーリング B3にB4、B5 GT BMW M3も 全144枚

ガソリンタンクには、約400km走れるガソリンが残っている。エンジンのレスポンスは、目が覚めるほど鋭い。シートへ身を委ねれば、疲れが癒されるほど快適だ。ところが、あいにく高速道路は通行止めになっていた。

積算5480km 惚れ惚れする中間加速のたくましさ

ベルギーとドイツの国境に存在した検問所跡を通過すると、道路標識のデザインが変わった。白地に黒のボーダーが斜めに描かれた丸い標識は、最高速度が変わったことを示す。いや、制限がないことを示している。

生まれ故郷の道ほど、アルピナの魅力を体験できる場所はないだろう。「ミュンヘンからフランクフルトへの移動で、飛行機ではなくアルピナを選ぶ人もいます」。と、同社の創業者の息子、アンドレアス・ボーフェンジーペン氏から話を聞いたことがある。

D3 S ツーリングへ失礼がないよう、右足へ力を込める。スルスルとスピードが上昇していく。近年のディーゼルエンジン人気はすっかり下火だが、やはり中間加速のたくましさには惚れ惚れする。0-100km/h加速4.6秒という数字以上に鋭く感じる。

開発された場所でクルマの特性が決まる

あっという間に160km/hを超えた。ひと呼吸をおいて、再びスピードメーターへ目を配ると240km/hを超えていた。可能な限り視界の遠くへ集中する。遅い車両が目に入ってきたら、すぐに右足を緩める。追い越したら、再び加速する。

D3 S ツーリングの最高速度は、273km/hだという。今回はそこまで試さなかったが、250km/hを超えているのは何度か目撃した。

ブレーキディスクは、カーボンセラミックではなくスチール製だが、繰り返し減速してもフィーリングは変わらない。これだけスピードが出ていれば、冷却に充分な気流がある。ペダルへ力を込めれば、制動力も頼もしく強くなる。

ステアリングの安定感も抜群。ピタリと真っ直ぐ突き進む。

アウトバーンの一部の区間では速度制限がないことが、ドイツのパワフルなクルマが良くなる理由の1つだろう。クルマが開発された場所で、特性が決まることには納得できる。舗装が悪くカーブの多い英国では、乗り心地と操縦性に優れたクルマが生まれやすい。

クルマの設計で意図された場所を運転することは、非常に楽しい。ドイツを定期的に横断するような仕事をしているなら、D3 S ツーリングを超える移動手段は限られるはず。

電車は運行時間が決まっていて、駅でしか降りられない。飛行機も同様だが、1時間のフライトでも、搭乗の前後に1時間ほどの余裕を見る必要がある。そもそも、クルマの運転自体が楽しい。歳を重ねても。

アウトバーンでは160km/hでの巡航がベスト

最近はアウトバーンでも交通量が増え、思い切り飛ばせる場面は少ない。制限速度が設けられた区間も多く、通常は制限のない場所でも、交通量が増えた時には130km/hへ規制がかかる。

それでも上限が許せば、満足できる移動速度を得られる。いろいろ試してみた結果、160km/hでの巡航が、穏やかな気持ちのまま短時間で目的地を目指せる、アウトバーンでのベストな速さのようだ。

疲れるほど、集中力を高める必要はない。アクセルやブレーキのペダルを、必要以上に強く踏む必要もない。エンジンの回転数を低く抑え、燃費も稼げる。

高速道路では、走行速度でエネルギー効率が大きく変わる。アウトバーンでは控えめといえる160km/h前後なら、15.0km/Lは余裕で得られる。バッテリーEVとは違って、給油も数分で終わる。

さて、最後にお詫びを。前回のレポートで、直列6気筒ディーゼルターボを搭載したBMW 3シリーズを、英国ではもう購入できないとお伝えしたが、間違いだった。コンフィギュレーターでMモデルのページをご覧いただくと、選択できることがわかる。

M340d xドライブも素晴らしいクルマだ。近々運転してみたいと思う。

テストデータ

気に入っているトコロ

テールゲート:ガラス部分だけを開閉でき、大きなテールゲートを持ち上げずとも荷物へアクセスできる。

気に入らないトコロ

ホイール:ブラックのホイールは、ブレーキダストが目立ちやすい様子。自分で選ぶなら、シルバーにするだろう。

価格

モデル名:アルピナD3 S ツーリング(英国仕様)
新車価格:6万6000ポンド(約1221万円)
テスト車の価格:8万8265ポンド(約1632万円)

テストの記録

燃費:16.7km/L
故障:なし
出費:なし

関連タグ

こんな記事も読まれています

こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
Auto Messe Web
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
motorsport.com 日本版
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

7件
  • rai
    詰まってきたら速度を落として 前が空いたらグワっと加速する・・っていうのは、せっかく高速道路を走れていても一番効率が悪くて燃費も悪化する走り方なんだけどね。

  • 一也
    ならば買えば良い、ただそれだけ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1078.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

258.01558.0万円

中古車を検索
D3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1078.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

258.01558.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村