現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まもなく発売? 「ヤリス」への車名変更も予測されるトヨタ「ヴィッツ」の歴史

ここから本文です

まもなく発売? 「ヤリス」への車名変更も予測されるトヨタ「ヴィッツ」の歴史

掲載 更新
まもなく発売? 「ヤリス」への車名変更も予測されるトヨタ「ヴィッツ」の歴史

■まもなく「ヤリス」の名で発売が予想されるトヨタ「ヴィッツ」

 1999年に「スターレット」の後継車として、「21世紀 My Car」をキャッチコピーに初代トヨタ「ヴィッツ」がデビュー。欧州ではトヨタ「ヤリス(Yaris)」の名称で販売しました。

トヨタとホンダの飽くなき戦い 今年出る!? 新型コンパクト登場で歴史は繰り返す?

 当時のリッターカーは質よりも価格の安さに重点を置いた、ベーシックな2BOXタイプのクルマが多かったのですが、ヴィッツは外国人デザイナーの手による独特のルックスや、室内の広さと衝突安全性能を武器に国内外で大人気となりました。

 その後もバリエーションの追加や排気量の拡大など地道な進化が続けられてきました。現行モデルとなる3代目ヴィッツは、2010年12月の登場から既に8年以上が経過しフルモデルチェンジの噂が流れています。

 そして、そのモデルチェンジに合わせて日本国内での車名を海外と同じ「ヤリス」に統一することも予想されています。

 そこで、20年の間、進化し続けてきた初代ヴィッツから現行モデルまでの歴史について紹介します。

●初代(1999年 – 2005年)

 初代ヴィッツは1999年、日産「マーチ」やホンダ「ロゴ」、マツダ「デミオ」が低価格を売りにしていたところにデビューしました。

 印象的でありながらシンプルなデザインのボディと、特徴的なセンターメーターを収めたインストルメントパネル、リッターカーとしては広い室内を持ち、低燃費と高い環境性能と安全性などで、大人気車となり、その後の5ドアコンパクトカーブームを起こしました。

 ヴィッツに対して、モデルチェンジされたマーチやホンダ「フィット」が追随したことで、世界中のコンパクトカー市場を変えたともいわれています。

 初代ヴィッツに搭載していたエンジンは、当初は最高出力70馬力の1リッター直列4気筒DOHCエンジン1種類のみでしたが、遅れてラインナップされた4WD車には88馬力の1.3リッター直列4気筒DOHCエンジンが搭載されていました。

 そして2000年に追加されたスポーティグレードの「RS」には、110馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載。欧州仕様のヤリスには、2002年に1.4リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載モデルも追加されています。

 また、TRD(現:トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)が開発したターボキットを1.5リッターエンジンに搭載し、最高出力150馬力を誇った「RSターボ」も2003年に国内販売されました。

 初代ヴィッツのボディサイズは全長3610mm×全幅1660mm×全高1500mm(1.0 U)で、最終型スターレットの全長3760mm×全幅1625mm×全高1400mm(1.3 ルフレ)と比べると、幅広で背が高いことも特徴です。

 車幅が広がったことで安定感が増し、全長が短くなったことで市街地でもコンパクトなボディをキビキビと走らせることができました。

 ちなみに、レース入門者を中心とした日本初のナンバー付き車両ワンメイクレース「ヴィッツレース」が2000年にスタートしていて、現在も開催されています。

●2代目 2005年 – 2010年

 2005年に登場した2代目ヴィッツは、全長3750mm×全幅1695mm×全高1520mmのボディサイズとなり(1.3 U)、全幅がほぼ5ナンバー枠いっぱいとなったことで、初代よりさらに室内空間が広々としたものになりました。

 日本国内仕様は5ドアハッチバックのみとなりましたが、日本国外仕様は引き続き3ドアがラインナップされていて、2代目からは北米市場でも「ヤリスハッチバック」として販売を開始しています。

 衝突安全性を大きく強化し、2007年の国内仕様車のマイナーチェンジではカーテンシールドとサイドエアバッグを全グレードで標準装備となりました。スマートキーを携帯することでドアハンドルやスイッチで施錠/開錠ができるスマートエントリーも、一部グレードや特別仕様車に設定されるなど、日常の使い勝手も向上しています。

 搭載するエンジンは、110馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンと、ダイハツが製造する87馬力の1.3リッター直列4気筒DOHCエンジンと、71馬力の1リッター直列3気筒DOHCエンジンで、4WD車のみに1.3リッター直列4気筒DOHCエンジンがラインナップされています。

 2005年には自動でアイドルストップを行うシステムを搭載した「F/B Intelligent Package」も追加し、環境にも配慮されました。また欧州仕様のヤリスでは、初代に続き1.4リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載車や、1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン搭載車も用意されていました。

■「ヴィッツ」としては“最後”? 10年近く販売されている3代目ヴィッツ

●3代目(2010年 – )

 2010年に登場した現行の3代目ヴィッツは、全長3945mm×全幅1695mm×全高1500mm(HYBRID U)のボディサイズです。5ナンバーサイズの枠内に収められていますが、全長の拡大で2代目よりも、さらに室内空間が広くなっています。

 初代からの特徴でもあったセンターメーターは廃止され、ステアリング奥に配置されたオーソドックスなアナログメーターに変更されました。

 また2代目と同様に、日本国内仕様は5ドアハッチバックのみのラインナップで、3ドアは日本国外仕様に設定しています。

 エンジン再始動時間を短かくしたアイドリングストップ機構「Toyota Stop & Start System」を搭載した1.3リッターエンジンのFF車は、新規でダイハツとトヨタが共同開発した最高出力95馬力の直列4気筒DOHC Dual VVT-iエンジンを搭載し、10・15モード燃費26.5km/Lの低燃費を実現しました。

 また、2代目と同様に109馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンと、ダイハツが製造する69馬力の1リッター直列3気筒DOHCエンジンも設定されています。欧州仕様では、初代と2代目に続き1.4リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載車も存在しました。

 2012年には「アクア」と同じシステムを搭載した「ヤリスハイブリッド」が欧州で発売され、2017年に日本国内仕様の「ヴィッツハイブリッド」も販売開始。

 同じく2017年に発売された、専用の内外装を奢られたスポーティドレスアップシリーズの「GR SPORT」では、専用チューニングサスペンションやシャシ剛性を高めるためにスポット溶接の打点を追加し、スポーツドライブ時にも気持ちの良い応答性を持っています。

 さらにローダウンされた“GR” 専用チューニングの「SACHS(ザックス、ドイツのZFレースエンジニアリング製)」ショックアブソーバーや専用ブレーキキャリパーとスポーツブレーキパッド、各部の剛性アップパーツに加え、ロッカーフランジスポット溶接打点追加などを施した「GR SPORT“GR”」は、まさに「ホットハッチ」と呼べるコンパクトスポーツです。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

“車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
“車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
レスポンス
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第12戦】プレッシャーに負けない完璧なハミルトン。出口が見えないペレス
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第12戦】プレッシャーに負けない完璧なハミルトン。出口が見えないペレス
AUTOSPORT web
全長4.9m! トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」が凄い! 最新「クラウン顔」採用した“新・大型セダン”「新型カムリ」米登場した姿とは
全長4.9m! トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」が凄い! 最新「クラウン顔」採用した“新・大型セダン”「新型カムリ」米登場した姿とは
くるまのニュース
足つきはそんなに重要じゃない !ホンダ「CRF250L」はそれを教えてくれた理想の1台
足つきはそんなに重要じゃない !ホンダ「CRF250L」はそれを教えてくれた理想の1台
バイクのニュース
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
レスポンス
若葉マークの19歳の愛車はシボレー「カマロ」の「トランスフォーマー」仕様!? 小学生の頃に映画を観て憧れて、岡山から神奈川に引き取ってきました
若葉マークの19歳の愛車はシボレー「カマロ」の「トランスフォーマー」仕様!? 小学生の頃に映画を観て憧れて、岡山から神奈川に引き取ってきました
Auto Messe Web
東京から福岡へ! 大阪から東京へ! 基本乗車拒否ができない「タクシー」だけど流しの車両を停めて超長距離の移動もあり?
東京から福岡へ! 大阪から東京へ! 基本乗車拒否ができない「タクシー」だけど流しの車両を停めて超長距離の移動もあり?
WEB CARTOP
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
motorsport.com 日本版
MAXWINからGPS、Gセンサー、駐車監視システムを搭載したデジタルインナーミラー「MDR-C010A5Kai」が登場
MAXWINからGPS、Gセンサー、駐車監視システムを搭載したデジタルインナーミラー「MDR-C010A5Kai」が登場
@DIME
TGM Grand Prix、スーパーフォーミュラ第4戦富士で55号車のドライバーに大津弘樹の起用を決定
TGM Grand Prix、スーパーフォーミュラ第4戦富士で55号車のドライバーに大津弘樹の起用を決定
motorsport.com 日本版
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
レスポンス
「コストコ」で買える「カー用品」何がオススメ? 「ファイバークロス」だけじゃない「“使える”アイテム」とは
「コストコ」で買える「カー用品」何がオススメ? 「ファイバークロス」だけじゃない「“使える”アイテム」とは
くるまのニュース
トヨタ新型「和製スーパーカー」まもなく登場!? “超ロングノーズ”にV10搭載も!? “開発進捗中”目される「GR GT3」とは
トヨタ新型「和製スーパーカー」まもなく登場!? “超ロングノーズ”にV10搭載も!? “開発進捗中”目される「GR GT3」とは
くるまのニュース
一体どうすればいい? バイクでの走行中に突然雨が降ってきたときの対処法
一体どうすればいい? バイクでの走行中に突然雨が降ってきたときの対処法
バイクのニュース
あっ、左折に注意! 歩行者と運転手が知るべき「死角」…意識調査
あっ、左折に注意! 歩行者と運転手が知るべき「死角」…意識調査
レスポンス
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
ベストカーWeb
シティサーキット東京ベイで初めて!! 全日本カート選手権EV部門を開催 7月15日
シティサーキット東京ベイで初めて!! 全日本カート選手権EV部門を開催 7月15日
レスポンス
直進もOKな「道なりカーブ」に要注意!? 「ウインカー」は出すべき? 気になる進み方&「道交法的」に正しいのは?
直進もOKな「道なりカーブ」に要注意!? 「ウインカー」は出すべき? 気になる進み方&「道交法的」に正しいのは?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

80.2318.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

80.2318.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村