サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタとホンダのコンパクトカー競争が再燃 新型「ヤリス」を公開

ここから本文です

トヨタとホンダのコンパクトカー競争が再燃 新型「ヤリス」を公開

トヨタ自動車は10月16日、コンパクトカー「ヴィッツ」をフルモデルチェンジして「ヤリス」の名称で国内販売する新型車を世界初公開した。コンパクトカー向けの新しいプラットフォームを初めて採用し、軽量化を図りながら剛性を高めた。コンパクトカーはホンダも年内にも新型「フィット」をフルモデルチェンジする予定で、東京モーターショー2019で初公開する。コンパクトカーの競争が再燃する。

約9年ぶりの全面改良となる。現行モデルは国内で「ヴィッツ」の車名で展開してきたが、新型車から海外名のヤリスに統一する。日本での正式発表は12月中旬で、販売開始は2020年2月中旬の予定。日本での価格や燃費は公表していない。

ホンダ 発売遅れが見込まれる新型フィットの情報を先行公開

コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム「GA-B」を採用した。先代と比べて車両重量を約50kg軽量化しながらねじり剛性を30%以上強化し、重心高を15mm下げて、高い操縦安定性と乗り心地の両立を図った。4WD車には新開発リヤサスペンションを採用する。

パワートレーンは、直列3気筒1.0リットルガソリンエンジン、直列3気筒1.5リットルガソリンエンジン、1.5リットルエンジン搭載のハイブリッドシステムを設定する。ハイブリッドユニットは、新たに高出力、高効率モーターを採用、高電圧化と制御の見直しで出力を向上するとともに、潤滑方式の変更で損失低減を図った。パワーコントロールユニット(PCU)や駆動用バッテリーも改善した。モーター出力は、現行モデルと比べて約30%向上、伝達損失を約30%低減した。ハイブリッドシステムを組み合わせる1.5リットルエンジンは、高速燃焼システムによって全域でトルクアップするとともに、損失低減によって熱効率を従来比2ポイント高めた。

新開発のガソリン車用1.5リットルパワートレーンは、エンジンとCVT(無段変速機)を一新。TNGAエンジンの低回転・高トルクの特性を、発進ギヤ付ワイドレンジCVTで加速を実現する。

予防安全機能「トヨタ・セーフティ・センス」では、トヨタ初の機能として交差点右折時の緊急自動ブレーキを実現する。交差点右折時、対向直進車や交差点右左折後の横断歩行者をセンサーが検知して危険を警告する。また、トヨタのコンパクトカー初の機能としてレーダークルーズコントロール、先行車を追従してステアリング操作をサポートするレーントレーシングアシストを搭載する。

トヨタ初となる高度駐車支援システム「アドバンスド・パーク」は、ハンドル・アクセル・ブレーキを制御して自動で駐車する。従来はハンドルのみ自動制御していた。駐車スペースに横づけしてスイッチを押すと、カメラと超音波センサーを用いながら自動駐車を開始する。シフト操作のみ手動で、画像認識技術の向上によって切りかえし回数を減らせたという。

白線のない駐車場でも、あらかじめ登録することで、次回以降の駐車操作を自動化する「メモリ機能」を世界で初めて実用化する。

コネクテッドサービスではDCM(車載通信機)とディスプレーオーディオを標準装備する。

トヨタの吉田守孝副社長は「小さいからこそ可能な軽快で気持ちの良い走りを追求した。新型ヤリスは、その小ささを生かした新たな時代のクルマの価値を感じてもらえる商品になった」と自信を示した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します