現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > W212 メルセデス・ベンツ E63 AMGは、かつてないレベルで敏捷性にこだわっていた【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

W212 メルセデス・ベンツ E63 AMGは、かつてないレベルで敏捷性にこだわっていた【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 5
W212 メルセデス・ベンツ E63 AMGは、かつてないレベルで敏捷性にこだわっていた【10年ひと昔の新車】

2009年、W212 メルセデス・ベンツ Eクラス セダンのワールドプレミアから時間をおかず、そのハイパフォーマンスモデル「E63 AMG」が世界市場に向けて投入された。日本市場では7月に発表となるが、その前にMotor Magazine誌はドイツ本国で試乗テストを行っている。ここではその時の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2009年9月号より)

中身はベースのEクラスとは違った次元のパフォーマンス
主力モデルである「63 AMG」シリーズに、AMG完全自社開発のV型8気筒DOHCユニットを投入した2006年が、AMGにとってひとつの大きな転機だったのだろう。単なるメルセデスの最上位版ではなく、そして高い動力性能を持つというだけでなく、メルセデスとは別物の圧倒的な走りの世界を備えたモデルたること。AMGの目は今、そうした方向に向いているように思

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

6.2Lという排気量にしては異例の高回転型に躾けられたこのエンジンは、まさにその扉を開くものだったと言えるだろう。そしてC63 AMG、SL63 AMGといった最新モデルでは、その方向をさらに推し進めて、従来考えられなかった「過激な」と表現してもいいほどの新しい走りの世界を築いているのだ。

さて、では新型Eクラスのデビューから4カ月という異例に短いタイミングでリリースされた新型E63 AMGは、一体どんなモデルなのか。

重要なのは、これがAMGにとってはまさにドル箱、販売の主力を占めるモデルだということである。つまりE63 AMGの進化は、そのままAMGの今後進む道を示していると言っても過言ではないのだ。

この新型E63 AMG。まず見た目に関しては、それほど大きな驚きはないと言っていいだろう。大型化されたフロントスポイラーやディフューザー形状のリアバンパー、4本出しのエグゾーストエンドなど、追加されているアイテムはほとんど定番と言っていい。

しかし、よく目を凝らしてみると、実はフロントフェンダーは微妙に広がっているし、4輪ともキャンバーがぐっとネガティブに寄せられているのがわかる。そう、E63 AMGの第一のハイライトがこのシャシである。

フロントサスペンションにはトレッドを56mm拡大した専用設計品が奢られ、ネガティブキャンバー化のみならずジオメトリーも一新。ステアリングギア比も14:1へと速められている。リアもサブフレームマウントを見直すなど、やはりベースモデルとは別物とされているのだ。

面白いのは従来の前後エアサスペンションに代えて、フロントに金属スプリング、リアにエアスプリングという組み合わせを採用していることである。これはひとえにフロントの操舵応答性を高めるため。一方でリアをエアスプリングのままとしているのは乗車人数や積載量にかかわらず常に最適な車高バランスを保つためという。なお、ダンパーは3モードに設定可能な電子制御式である。

怒涛のサウンドとともに、煽情的な力感を振り絞るV8。
エンジンはお馴染みのV型8気筒6.2Lユニットを搭載する。最高出力525ps、最大トルクは630Nmで、これはSL63AMGと共通だ。そしてもうひとつ、SL63 AMGと共用しているのが7Gトロニックのトルクコンバーターを湿式多板クラッチに置き換えたAMGスピードシフトMCT。

4つのモードを切り替えて「ジェントルな走りにもスポーティな走りにも対応する」と謳うギアボックスである。それに伴ったフロアセレクターは小振りの専用品とされ、ステアリングにはマニュアル変速用のシフトパドルが装着された。

こうしてパフォーマンスアップを果たしながら、一方で燃費は欧州複合モードで12%の改善を見ているという。それを示すエンブレムなどはないが、ベース車にも使われているブルーエフィシェンシー技術がAMGにも採用されているのだ。

スペックを見ただけでも気合いのほどが伝わるE63 AMG。その走りは、やはり良くも悪くも従来のイメージを一新するものだった。

エンジンの素晴らしさについてはあえて繰り返すまでもないだろう。低速域での図太いトルク、6.2Lという排気量が信じられないほどの鋭い吹け上がり、そして怒濤のパワーは相変わらず最高に扇情的だ。

その旨味をさらに引き延ばしてくれるのがMCT。コンフォートモードでは通常のATのように滑らかなのに、SあるいはS+モードではショックも厭わず切れ味鋭い変速ぶりを見せる。とくに全開加速中には点火と燃料を一瞬カット。Mモードでパドルを使っての変速時間はなんと10分の1秒に過ぎないといい、タイムラグを一切感じさせない。

徹底した俊敏性へのこだわりはこれまでのイメージを変えた
一方で評価が難しいのがフットワークだ。まず引っ掛かるのがメルセデス特有の放っておいても地の果てまで真っ直ぐ走ってくれそうな直進性がややスポイルされていること。これはベース車自体の特性でもあるが、これまで支持してきた人は困惑しそうだ。また乗り心地も、速度を上げてもなかなか落ち着いてくれない。この辺り、やはりエアサスペンションではない影響だろうか。

その代わり、旋回性能は別物と言えるくらい高まっている。コーナーに向けてブレーキング。ステアリングを操舵していくと、それに対して間髪入れずにヨーが立ち上がる。そして正確なレスポンスでクルマ全体で向きを変えていくまでの一連の挙動は、これまでのEクラスのAMGに対するイメージを修正しなければならないほどの俊敏さだ。

ちなみにオプションで用意される19インチのタイヤ&ホイールや、よりハードなサスペンション、機械式LSD等々を備えた「パフォーマンスパッケージ」は、その方向をさらに推し進めるもの。サーキットにでも行くならいざ知らず、基本的にはお勧めはしない。しかし、こうしたアイテムまで用意するほどAMGは本気だという解釈はできるだろう。

冒頭に書いたような「変わらなければならない」という思いが背景にあったのだろう。M5などのライバルを意識した部分もあるはずだし、何よりC63 AMGの成功は強く後押ししたに違いない。いずれにせよ新型E63 AMGは、これまでにないほど敏捷性にこだわったモデルへと変貌を遂げた。しかし、これはCでもSLでもなくEであるだけに難しい面も顔を覗かせているのは事実。個人的には、少なくとも直進時のステアリングの据わり感はもっと欲しいし、速度を上げるほど路面に吸い付くあの乗り心地もまだ捨てられない。

そうは言いつつも、このAMGの大胆なまでの変化には胸躍る部分もあるのは事実である。今後の展開、あるいはE63 AMG自体の熟成に大いに期待しつつ、それでもやっぱり出たらすぐに手に入れたいという方には、とりあえずパフォーマンスパッケージなしのオーダーをお勧めしておくこととしたい。(文:島下泰久)

メルセデス・ベンツ E63 AMG 主要諸元
●全長×全幅×全高:4891×1872×1442mm
●ホイールベース:2874mm
●車両重量:1840kg
●エンジン:V8DOHC
●排気量:6208cc
●最高出力:386kW(525ps)/6800rpm
●最大トルク:630Nm/5200rpm
●トランスミッション:7速AT
●駆動方式:FR
●EU総合燃費:7.9km/L
●タイヤサイズ:前255/40R18、後285/35R18
●0→100km/h加速:4.5秒
●最高速:250km/h(リミッター)
※EU準拠

[ アルバム : メルセデス・ベンツ E63 AMG はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
motorsport.com 日本版
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日刊自動車新聞
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
レスポンス
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
バイクブロス
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
乗りものニュース
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
VAGUE
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
くるまのニュース
アメリカ最古の二輪メーカー、インディアンの人気モデル「SCOUT BOBBER」にアクティブバイク女子の指出瑞貴が挑戦! なんと、星5超えの楽しさです
アメリカ最古の二輪メーカー、インディアンの人気モデル「SCOUT BOBBER」にアクティブバイク女子の指出瑞貴が挑戦! なんと、星5超えの楽しさです
バイクのニュース
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
ベストカーWeb
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
AUTOSPORT web
水素エンジン搭載『バーグマン』市販時期は、スズキ脱炭素に向けた“3台”のアプローチ…人とくるまのテクノロジー展 2024
水素エンジン搭載『バーグマン』市販時期は、スズキ脱炭素に向けた“3台”のアプローチ…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
角田裕毅の来季はどうなる? 今のところRBに”満足”も「RBやレッドブルよりも良いオファーがあれば考えてみる」
角田裕毅の来季はどうなる? 今のところRBに”満足”も「RBやレッドブルよりも良いオファーがあれば考えてみる」
motorsport.com 日本版
「NEBURA」は見る角度で色が変化!【Kabuto】の最先端エアロフォルム「F-17」にグラフィックモデル追加!  
「NEBURA」は見る角度で色が変化!【Kabuto】の最先端エアロフォルム「F-17」にグラフィックモデル追加!  
モーサイ
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
月刊自家用車WEB
【ドライブグルメ】上信越自動車道・横川SA(下り)で、軽井沢に着く前に腹ごしらえをしておこう!
【ドライブグルメ】上信越自動車道・横川SA(下り)で、軽井沢に着く前に腹ごしらえをしておこう!
Webモーターマガジン
モーガンとピニンファリーナがタッグを組んだオープンスポーツの「ミッドサマー」が初公開
モーガンとピニンファリーナがタッグを組んだオープンスポーツの「ミッドサマー」が初公開
カー・アンド・ドライバー
マッチが水素エンジンで激走!! 久々のレーシングカーで最新技術体感 モリゾウさんとのタイム争いがガチだった
マッチが水素エンジンで激走!! 久々のレーシングカーで最新技術体感 モリゾウさんとのタイム争いがガチだった
ベストカーWeb

みんなのコメント

5件
  • こういう車を中古100万で買ってぶっ飛ばす貧乏人
    無保険の輩も多い
    古いハイパワー車は男社会の底辺に全能感を与えてしまう
    実用車以外の車には増税しても良いと思う

    ちなみに私もネオクラスーパースポーツ持ってますので当然増税していただいて結構です
    お金ないと車趣味なんてできないんだから
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1405.02447.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

308.02278.0万円

中古車を検索
Eクラス セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1405.02447.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

308.02278.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村