現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > それぞれの個性を明確化したトヨタGR86とSUBARU・BRZ。クルマ好きを魅了する、その操る歓びに喝采!

ここから本文です

それぞれの個性を明確化したトヨタGR86とSUBARU・BRZ。クルマ好きを魅了する、その操る歓びに喝采!

掲載 1
それぞれの個性を明確化したトヨタGR86とSUBARU・BRZ。クルマ好きを魅了する、その操る歓びに喝采!

今や貴重なFRクーペ。新型は2.4リッター・ボクサー4搭載

 1stモデルの登場からおよそ9年半。86&BRZが昨年、2ndモデルにスイッチされた。新型は基本のプラットフォームをキャリーオーバーし、排気量を400cc拡大した水平対向4気筒2.4リッター(235ps/250Nm)を積む。スタイリングも含め、FRスポーツクーペというコンセプトを大切にしたモデルチェンジだった。なお、86の名称はGR86に変更された。

【2022 J'sスポーツ特集】ボクサー+4WD&FR。独自技術で速さを磨くSUBARUは日本の宝である!

 世界中を見渡しても新車で購入できるコンパクトなFRモデルは非常に少ない。GR86/BRZ以外では、マツダ・ロードスターかBMWの2シリーズ・クーペあたりしか見当たらない。2ndモデルは貴重な存在である。電動化はおろかターボ化さえも難しいプラットフォームを使い、しかも趣味性を高めたFRスポーツカーを新たに開発したのである。その英断に、クルマ好きとして大きな拍手を贈りたい。補足すると、日本はいまや、世界でも珍しいアフォーダブルなスポーツモデル大国になりつつある。

 GR86とBRZは、トヨタとSUBARUの協業で開発されたスポーツカーである。2ndモデルは、両ブランドの思想がそれぞれ具現化され、以前にも増してキャラクターの違いが明瞭になった。スバルはBRZをスバル車らしく進化させたし、GR86はモータースポーツシーンを牽引するGRの個性をいっそう伸ばす方向に改良した。

両車ではっきり違う走り味。モダンなBRZ、GR86はモータースポーツ直系

 BRZの走りはモダンスポーツカーのそれで、スポーツも楽しめるけれども、同時に洗練されたグランドツーリングカーとしても機能する。リアのトラクションをより安定方向へと改良し、誰が乗っても安心して楽しめるスポーツカーに成長した。欧州ブランドのスポーツモデルと考え方はよく似ている、というか、それは自動車全般にいえる進化というものなのだろう。それが証拠にBRZは、とくにATモデルの完成度が高い。

 一方のGR86は、コーナリングは「ダンスプレイ」であると承知して、ドライビングするのが楽しいハンドリングマシンである。ドリフティングに持ち込みやすい設計といえばわかりやすいだろうか。BRZよりも発売を数カ月遅らせてまでこだわったのがそこで、フロントハウジングの素材をアルミ(BRZ)から鋳鉄(GR86)に変えるなど、徹底した作り込みを行っている。チューニングやサーキット仕様へのモディファイを考慮したセッティングになっているのもGR86の特徴だ。

 見た目にはわずかな違いしかない。けれどもあえてブランドを分け、車名まで変えて販売するからには走りのキャラクターは異なるほうがいい。選択肢はユーザー側、われわれクルマ好きにあるというわけだ。

SUBARU BRZ 主要諸元

グレード=BRZ・S
価格=6MT 326万7000円/6SAT 343万2000円
全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース=2575mm
トレッド=フロント:1520×リア:1550mm
車重=1270(AT1290)kg
エンジン=2387cc水平対向4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=173kW(235ps)/7000rpm
最大トルク=250Nm(25.5kgm)/3700rpm
WLTCモード燃費=11.9(AT11.7)km/リッター(燃料タンク容量50リッター)
(市街地/郊外/高速道路=MT:8.0/12.8/14.2・AT:7.2/12.7/14.9km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=215/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=4名
最小回転半径=5.4m
パワーウェイトレシオ=5.40(AT5.49)kg/ps
※価格はすべて消費税)込み

関連タグ

こんな記事も読まれています

30年ぶり復活!? ホンダ「シティ」登場か? 丸目ライト&背高フォルムが超カッコイイ「サステナC」は26年発売か
30年ぶり復活!? ホンダ「シティ」登場か? 丸目ライト&背高フォルムが超カッコイイ「サステナC」は26年発売か
くるまのニュース
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
ベストカーWeb
スズキ「アヴェニス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「アヴェニス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
ベストカーWeb
キャンパーはこれでいい! しっかり装備でも大きすぎない日産NV200バネットがベースのキャンパー
キャンパーはこれでいい! しっかり装備でも大きすぎない日産NV200バネットがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ベストカーWeb
序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後
序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後
AUTOSPORT web
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
ベストカーWeb
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
ベストカーWeb
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
AUTOSPORT web
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
AUTOSPORT web
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
motorsport.com 日本版
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
AUTOCAR JAPAN
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
motorsport.com 日本版
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb
ガソリンがリッター263円なら安い!? 給油するならドイツ、フランスを避けてルクセンブルクがオススメです【みどり独乙通信】
ガソリンがリッター263円なら安い!? 給油するならドイツ、フランスを避けてルクセンブルクがオススメです【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す
ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9798.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村