サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【種類多すぎでも選びたい!!】今こそ復活を!!「数」で勝負した車たちの奮闘

ここから本文です

 今はクルマだけに限らず、無駄を省き、高効率化を図る合理化の時代だ。自動車メーカーが積極的に車種整理、グレード整理している昨今だが、かつては数で勝負したクルマも存在した。

 数は多いほうが偉い、という発想は短絡的だが、自動車メーカーが数を追求する場合のほとんどは、ユーザーのニーズを鑑みてなのだ。

【C-HR ヴェゼル UX XV】 日本最激戦区コンパクトSUV トップはどれだ!?!?

 バカなことやってるな、とか無駄と言われようが、ユーザーのニーズに応えるために数で勝負した、その発想、その努力、実際に市販化した行動力のすべてを讃えたい。

 合理化の推進により、遊び心のなくなってきている現在の日本に復活してほしい発想だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ