サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「人生の半分以上をシルビアに捧げる“アンダー鈴木”という男」WTACでの大クラッシュを経て、世界最速のサラリーマンは今何を思う!?

ここから本文です

世界最速サラリーマン“アンダー鈴木”という男

筑波最速アタッカーとして、誰もがその名を知る存在となっているアンダー鈴木。しかし、その人気の根源はただ速いからではなく、そのプロセスに心を引かれる人が多かったからに他ならない。筑波1分が大きな壁として立ちはだかっていた時代から、筑波最速まで登り詰め、今ではアスリートのごとく世界の頂点を目指す存在に。

「GRスープラは2.0Lモデル(SZ-R)も面白い!」ライトチューンで早くも筑波サーキット1分4秒台をマーク!

その性格は気さくで人懐っこく、人を引きつけるものを持っている反面、クルマ作りに関しては貪欲でとことんストイック。サラリーマンとして働き続けながら毎晩愛車を作り続ける生活は、今も昔と変わっていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ