サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 市場を開拓した先駆者だったのに! 後発車に負けたクルマ5選

ここから本文です

市場を開拓した先駆者だったのに! 後発車に負けたクルマ5選

■後発のクルマに負けてしまったクルマたち

 これまで販売されたクルマのなかには、新しいジャンルを開拓したエポックメイキングなモデルが存在します。

不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 しかし、先に出てヒットしたはずなのに、後から出た同ジャンルのクルマに抜かれてしまうことも多々あります。

 そんな、後出しジャンケンに負けたクルマを5車種ピックアップ紹介します。

●ホンダ「ストリーム」

 1994年10月に登場し、瞬く間にベストセラーミニバンに上り詰めたホンダ「オデッセイ」でしたが、次の一手として、より低床・低全高で5ナンバーサイズのミニバン「ストリーム」を、2000年10月に発売します。

 全長4550mm×全幅1695mm×全高1590から1605mm、ホイールベース2720mmのコンパクトなボディは、狭い道が多い都市部の住宅地でも取り回しがよく、発売からわずか10か月で10万台以上を販売するヒット作になりました。

 特徴的だったのはパワートレインで、上級モデルに搭載した新開発の2リッター直列4気筒DOHC i-VTECは、ミニバンらしからぬ高回転型エンジンで最高出力153馬力を誇り、クラス初の5速ATが組み合わされ、優れた動力性能を発揮。

 そして、ストリームは2000年-2001年「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、高い評価を得ます。

 ところが2003年1月にコンセプトやボディサイズを完全にコピーしたモデル、トヨタ「ウィッシュ」が登場すると、スポーティなミニバン市場を席巻します。

 ホンダは2003年9月にストリームをマイナーチェンジしてテコ入れを図り、テレビCMでは「ポリシーは、あるか」というキャッチコピーで挑発するも、トヨタの販売力に惨敗しました。

●日産「エルグランド」

 1997年5月にデビューした初代日産「エルグランド」は、国内最上級の日産のフラッグシップミニバンとして開発されました。

 ボディサイズは全長4740mm×全幅1775mm×全高1940mmから1945mmと、当時の国産ミニバンでもっとも大きく、高級ミニバン市場を切り拓いたモデルです。

 日産のなかでも商用ワンボックス車から派生したキャブオーバー型の「バネット ラルゴ」や「セレナ」ではなく、初めてミニバンと呼べる正統派モデルで、最上級モデルにはVG33型3.3リッターV型6気筒エンジンを搭載。2000年のマイナーチェンジでは、さらに排気量をアップした3.5リッターV型6気筒エンジンのVQ35型に換装されます。

 ハンドリングが素直だとされる後輪駆動を採用しており、FFベースのライバルに対する優位性を示していました。加えて、それまでの国産ミニバンにはない豪華装備を採用し、上級グレードには本革シートも用意されるなど、高級ミニバンをアピールします。

 初代エルグランドは2002年5月に2代目へ引き継がれますが、5年間で20万台を超えるセールスを記録したヒット作でした。

 この状況を見ていたトヨタは2002年5月、エルグランドのモデルチェンジに合わせて、国内専用モデルの高級ミニバン「アルファード」を投入しします。

 このアルファードの登場で、最上級ミニバンの勢力図が塗り替えられ、現在まで、「アルファード」と、後に登場した姉妹車の「ヴェルファイア」が、ともに強面で押し出し感の強いフロントフェイスを武器に、高級ミニバン市場を席巻することになります。

●スズキ「ワゴンR」

 1993年9月、軽自動車規格のなかで最大級のスペースユーティリティを得るためにデザインされたハイト系軽ワゴン、スズキ「ワゴンR」が発売されました。

 全高を1690mm(RXグレード)とすることで頭上空間をたっぷり取り、開放感を得るという手法は新しい試みではありませんでしたが、ワゴンRは当時ブームになり始めていたミニバンを意識した、短いノーズを持ったスクエアなボディスタイルで登場。

 広い室内空間だけでなく、可倒式リアシートを倒すとフラットで背の高い荷室が得られたほか、運転席座面の高さも適切に設計され、シートに腰を降ろすという乗用車感覚を捨て、腰を移動して運転席に着く感覚の乗降性のよさも好評となります。

 また、運転席は30mm助手席側にオフセットして配置し、違和感のないドライビングポジションを実現していました。

 ワゴンRはドア配置も独特で、フロントは普通の運転席&助手席ヒンジドアですが、リアドアは助手席側のみに設置され、あとはリアゲートという変則4ドアハッチバックレイアウトでした。

 エンジンは当初は55馬力のNAエンジンのみで、トランスミッションは5速MTと3速ATを用意し、4WDモデルもラインナップされました。

 デビューするとたちまち大ヒットとなり、大人の男が乗れる軽自動車として幅広い顧客の支持を得ます。

 1995年にはターボモデル、1996年には5ドアモデル、1997年には全幅を拡大して1リッターエンジンを積んだ「ワゴンRワイド」も加わります。

 ライバル各社は黙って見ていたわけでなく、同様なコンセプトのモデルを次々に発売。ハイト系ヒンジドアワゴンは、現在でもワゴンRをはじめ、ダイハツ「ムーヴ」、ホンダ「N-WGN」、日産「デイズ」などがあり、軽自動車のひとつのカテゴリーとして確立しています。

 そして、ワゴンRが独占していた市場は、各社で分散されてしまいました。

■N-BOXの登場で軽自動車の勢力図が一変!?

●ダイハツ「タント」

 2003年11月、スーパーハイト系軽ワゴンダイハツ「タント」が登場します。

 外観はこれまでにないユニークなデザインで、発売当時、軽自動車でもっとも長い2440mmのホイールベースにより室内長2000mmを誇り、これは当時の軽自動車最大でした。

 また、高い室内高により子供を立たせたまま乗車させ、自分で着座させることができ、保育園などの送迎に使うママたちを、子どもを抱きかかえてクルマに乗せる作業から解放したことで人気を博し、初代タントは1年間に約40万台を販売するヒット作となります。

 タントの人気を決定づけたのは、2007年12月に登場した2代目です。子育てママにフォーカスしたプロモーションで、従来型と同様に90度近く開く各ドアに加え、助手席側に軽自動車初となるセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせた「ミラクルオープンドア」を採用。

 一部グレードを除いて電動スライドドアが装備され、ホイールベースはさらに延長され2490mmとなり、広大なキャビンを得ることに成功します。

 このミラクルオープンドアの乗降性のよさが好評で、2代目は年間80万台以上を販売する大ヒットモデルに成長しました。そして2013年、ミラクルオープンドアを継承した3代目にスイッチします。

 スーパーハイト系ワゴンというカテゴリーを切り拓き、確立したタントでしたが、やはり競合他社が黙って見ているはずもなく、ホンダは「N-BOX」を発売します。

 N-BOXは発売以来快進撃を続け、2018年には登録車を含む国内乗用車販売台数でトップを記録。日本一売れたクルマになりました。

●マツダ「デミオ」

 1996年8月にマツダから登場した初代「デミオ」は、全長3800mm×全幅1670mm×全高1535mm(ルーフレール含む)、ホイールベース2390mmのコンパクトな5ドアハッチバックワゴンでした。

 メーカーの予想を遙かに超えるヒットとなり、3年後の1999年のマイナーチェンジ時には、累計販売37万台を達成していました。

 前席のヒップポイントはやや高めの設定で、後席はさらに40mm高めて乗員の視界を拡げ開放感を与えています。加えて後席は160mmの前後スライドと、分割式可倒式リクライニング機構を備え、ダブルフォールディングにより荷室を拡大できるという高い利便性を備えていました。

 83馬力の1.3リッターと、100馬力の1.5リッターの2種類の直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは5速MTと3速AT(1.3リッター)、4速AT(1.5リッター)を用意するなど、さまざまな利用状況に応えます。

 コンパクトなボディにもかかわらず、やや高めの全高から得られた余裕のある室内空間や、アレンジ自在のインテリア設計が受け、ヒットを記録。

 しかし、2001年にホンダが「フィット」を発売すると空前の大ヒットを記録。デミオ以上に広い室内や優れた燃費性能で、コンパクトカーのベストセラーに君臨しました。

※ ※ ※

 後から発売したクルマが、先に出たクルマよりも優れているというのは、珍しい話ではありません。むしろ後出しならば、優れていなければならないでしょう。

 しかし、トヨタ「プリウス」は別格で、いまだにプリウスを上まわる燃費性能を誇るモデルはありません。

 これだけ技術が発達しているいま、プリウスを超えられないのは、それだけトヨタの本気度が高いクルマということでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します