現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【モンデオ級の主力車種】フォード・クーガ 2.0エコブルーMHEVへ試乗 光るシャシー性能

ここから本文です

【モンデオ級の主力車種】フォード・クーガ 2.0エコブルーMHEVへ試乗 光るシャシー性能

掲載 更新 1
【モンデオ級の主力車種】フォード・クーガ 2.0エコブルーMHEVへ試乗 光るシャシー性能

現在ではモンデオ級の主力モデル

執筆:Piers Ward(ピアス・ワード)

すべての画像をみる 全15枚

翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)


フォードの中型SUV、クーガは、ブランド内で最も電動化技術が進んでいる内燃エンジン・モデルになる。欧州のフォードでは、かつてのモンデオへ匹敵する主力モデルになっているから、クーガの電動化が重要なことは明らかだ。

純EVのクロスオーバー、フォード・マスタング・マッハEも販売されている。だが、CO2の排出量はメーカーとして少しでも減らしたいところだろう。

通常の内燃エンジン版のほか、今回試乗したマイルド・ハイブリッド(HV)のほかに、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)、プラグインではないHVと、電動化の内容は幅広い。マイルドHVの場合は、電圧48Vのスターター・ジェネレーター(ISG)が組まれる。

最大5.1kg-mのトルクを発生するISGのアシストは、エンジンのトルクカーブを最適化するように設定されている。前方の信号機が赤の場合など、アクセルオフでの惰性走行時には、積極的にエンジンを休止させることにも役立つ。

エンジンの再始動がスムーズな点も、うれしいポイント。まあ、それは燃費には直接関係ないけれど。

今回のマイルドHVのクーガは、2.0Lの4気筒ディーゼルターボ・エンジン仕様。システム総合で最高出力150psと最大トルク37.6kg-mを得られ、カタログ燃費は19.6km/Lがうたわれる。

比較的長い距離を、市街地と郊外の複合的な条件で試乗した今回の場合、18.5km/L前後の数字が示されていた。CO2の排出量は133g/kmでライバルモデルと同等だが、目立って訴求力のある数字とはいえないだろう。

静かで太いトルクの2.0Lディーゼル

マイルドHVが本格的なハイブリッドより有利な点は、大容量のバッテリーを搭載しないため、車重が大きく増えないということ。クーガのPHEV版では車重は1844kgもあるが、2.0エコブルーMHEVの場合は1680kgと、160kg以上も軽い。

試乗車のトリムグレードはSTライン Xエディションで、英国のトップグレードとなるヴィニャーレの1つ下。それでも、シートはレザー張りでリア側にもヒーターが入り、バング&オルフセン社製の高音質スピーカーも備わる。

インフォテインメント・システムは、ステアリングホイールのスポークに配されたボタンを利用することで、操作しやすくなる。スマートフォンを利用したコネクティビティにも対応する。ボタンの数は少々多すぎる印象だが、手元にあって便利なことは確かだ。

2.0Lディーゼルターボの場合、トランスミッションは6速MTのみ。ATがご希望なら、1.5Lディーゼルなどのクーガを選ぶことになる。ATのレシオはロングで、ディーゼルの低回転域を中心とした性格にぴったりだ。

エンジンは冷間時のアイドリングでも静か。だが60km/hから100km/hくらいの加速は、積極的に変速しなければ、充分な鋭さは得にくい。一旦高速域に乗ってしまえば、110km/h前後での巡航はトルクを活かして6速で余裕にこなせる。

クーガを輝かせる高速域でのシャシー

フォード車らしく、クーガを輝かせているのは高速域でのステアリングやサスペンションの動き。確かに路面の凹凸の処理などでは、一部のライバルモデルより硬い。スポーツサスペンションを装備していたことも理由の1つだ。しかし、姿勢制御は良好。

大きなうねりでサスペンションのバンプストップに当たったり、タイヤが跳ねるような仕草を見せることはない。動力性能的にはもう少しを求めたいものの、想像以上に運転を楽しめる。

ボディロールの制御も上々。ステアリングの操舵感はリニアで、人工的な手応えも感じられない。とても好感触だ。

マイルドHVの能力も含めて、クーガの2.0エコブルーMHEVは、このカテゴリーを牽引できるほどの内容ではないだろう。しかし、少しでも燃費を向上させたい向きには、悪くないチョイスになってくる。

買い替えを促すほどではないにしろ、平均的なファミリークロスオーバーとして使い勝手は充分に優れる。このカテゴリーでは、上位の選択肢にランクインできることは間違いないといえる。

フォード・クーガ 2.0エコブルーMHEV STライン Xエディション(英国仕様)のスペック

英国価格:3万3505ポンド(509万円)
全長:4614mm
全幅:1883mm
全高:1666mm
最高速度:194km/h
0-100km/h加速:9.6秒
燃費:19.6km/L
CO2排出量:133g/km
車両重量:1680kg
パワートレイン:直列4気筒1995ccターボチャージャー+ISG
使用燃料:軽油
最高出力:150ps(システム総合)
最大トルク:37.6kg-m(システム総合)
ギアボックス:6速マニュアル

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

1件
  • フォードのフロントデザインをトヨタはパクったんだよねw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

359.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.7159.0万円

中古車を検索
クーガの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

359.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.7159.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村