現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!

ここから本文です

発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!

掲載 5
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!

 マツダの新型3列シートSUV「CX-80」が欧州で4月18日に登場するらしい。そもそもマツダの3列シートモデルはボンゴに始まる。ここではその長い歴史をおさらいしておこう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/マツダ

発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!

■ボンゴに始まるマツダ3列シート車の歴史

 マツダが本格的に多人数乗車に取り組んだのは、ボンゴが最初だろう。初代ボンゴの登場は1966年。いわゆるワンボックスというスタイルの原型となったのがこのクルマと言われており、クリーンで未来的なスタリングが大ヒットした。いわゆるキャブオーバーだがエンジンをリアに積むRRである。

 ボンゴは働くクルマとして長くマツダを代表する3列シート車だったが、1980年代に入るとアメリカでミニバンが誕生し、乗用車としての3列シートが求められるようになる。そこから誕生したのがMPVだ。

 MPVが登場したのは1988年。ただしこれは北米の話で日本では1990年にデビューした。ルーチェのプラットフォームを使ったFRで、マツダはミニバンと呼ばず「新カテゴリーの高級サルーン」をうたった。確かに明確なボンネットを持ったスタイリングはミニバンとは一線を画す雰囲気があった。

 MPVは時代の波を読んでヒットし、3代目まで世代を重ねたが、2010年代に入るとSUVの人気に押されじわじわと人気を落とすことに。ラインナップの選択と集中を進めていたマツダは3列シート車をSUVと統合することに決め、日本ではCX-8に、北米ではCX-9に後継を託した。

■ミニバンからCX-8へ

オートフリートップという電動ルーフテントがファミリー層に受けたボンゴ・フレンディ

 いっぽうでマツダは3列シート車を車格に合わせてマルチに展開させていく。

 北米ではオフローダーのプロシードマービーに3列シートを作ったがこれはやや特殊なケースとして、日本ではボンゴの発展形であるボンゴフレンディ(1995年)と、5ナンバーサイズに収まるコンパクトミニバン、プレマシー(1999年)が人気を誇った。

 ボンゴフレンディは出っ張ったボンネットがセミキャブオーバーのような造形だったが、実際はエンジンをシート下に置くキャブオーバーFRだった。初代にはオートフリートップと呼ぶ電動ルーフテント仕様があり、オートキャンプファンから支持を集めた。

 いっぽうプレマシーは扱いやすいサイズとコンパクトカーのような使い勝手が特長で、リアドアもあえてヒンジドアを採用、エンジンは1.8Lと2Lをラインナップし、ラゲッジルーム優先というユーザーに向けて2列シート仕様も販売された。

 ボンゴフレンディはその座をビアンテにゆずったものの、MPVと同じ理由から2018年に生産を終了、プレマシーも3代目まで進化を続けたもののビアンテとほぼ同時に生産を終え、マツダからコンパクトな3列シート車は消滅した。

 こうした系譜を一身に受け継いだのが、2017年に登場した3列シートSUV「CX-8」というわけだが、マツダのラージ商品群戦略によってモデル交替が決定、それが4月18日に登場するCX-80へと継承されることになる。

 駆け足で見てきたが、マツダの3列シート車にはそれぞれ個性が強かった。CX-80もマツダらしさを感じさせる1台であることを願いたい。

こんな記事も読まれています

シンプルでデカすぎない、ちょうどいいキャンパーってないの? という人にオススメなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
シンプルでデカすぎない、ちょうどいいキャンパーってないの? という人にオススメなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
[新型フォレスター]はバンパー下に足を入れればハンズフリーでバックドアが自動で開くぞ! 荷物を持って両手がふさがってもチョー便利!!
[新型フォレスター]はバンパー下に足を入れればハンズフリーでバックドアが自動で開くぞ! 荷物を持って両手がふさがってもチョー便利!!
ベストカーWeb
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
ベストカーWeb
ポール・アーロンが初ポールポジション獲得。宮田莉朋は6番手/FIA F2第6戦バルセロナ予選
ポール・アーロンが初ポールポジション獲得。宮田莉朋は6番手/FIA F2第6戦バルセロナ予選
AUTOSPORT web
ついにバックカメラが装着義務化? これって今乗ってるクルマにも付けなきゃいけないの?
ついにバックカメラが装着義務化? これって今乗ってるクルマにも付けなきゃいけないの?
ベストカーWeb
F1スペインGP FP1:ノリスが最速、フェルスタッペンとサインツが続く。角田は赤旗でアタックできず
F1スペインGP FP1:ノリスが最速、フェルスタッペンとサインツが続く。角田は赤旗でアタックできず
AUTOSPORT web
ル・マンで代役務めたホークスワース、「レクサスを勉強中」のアコーディスASPの将来を楽観視
ル・マンで代役務めたホークスワース、「レクサスを勉強中」のアコーディスASPの将来を楽観視
AUTOSPORT web
アップデートは機能しているけど……RB角田裕毅、F1スペインGP予選Q1敗退に落胆「期待していた結果とはほど遠かった」
アップデートは機能しているけど……RB角田裕毅、F1スペインGP予選Q1敗退に落胆「期待していた結果とはほど遠かった」
motorsport.com 日本版
Juju、初挑戦となるSUGOへ。事前のシミュレーターやF3での練習で担当エンジニアも手応え
Juju、初挑戦となるSUGOへ。事前のシミュレーターやF3での練習で担当エンジニアも手応え
AUTOSPORT web
平良響「最初は悪い予感しかしなかった」。SFデビューへの濃密な3週間と、原動力としてある“悔しさ”
平良響「最初は悪い予感しかしなかった」。SFデビューへの濃密な3週間と、原動力としてある“悔しさ”
AUTOSPORT web
パワーウィンドウって怖いです……知っておくべき[特性]と[事故防止策]
パワーウィンドウって怖いです……知っておくべき[特性]と[事故防止策]
ベストカーWeb
ノリス、フェルスタッペン下しキャリア2回目のポールポジション獲得。失速RB角田裕毅は17番手|F1スペインGP予選
ノリス、フェルスタッペン下しキャリア2回目のポールポジション獲得。失速RB角田裕毅は17番手|F1スペインGP予選
motorsport.com 日本版
「壮絶でしたよ」。ル・マン2位表彰台のトヨタ小林可夢偉が心情を吐露。「もっと速くなれる」と来年の自信も
「壮絶でしたよ」。ル・マン2位表彰台のトヨタ小林可夢偉が心情を吐露。「もっと速くなれる」と来年の自信も
AUTOSPORT web
ランド・ノリスの絶品スーパーラップ! フェルスタッペンを下してポールポジション獲得。角田裕毅大苦戦17番手|F1スペインGP予選速報
ランド・ノリスの絶品スーパーラップ! フェルスタッペンを下してポールポジション獲得。角田裕毅大苦戦17番手|F1スペインGP予選速報
motorsport.com 日本版
浜田省吾の名曲MVに登場した名物ダイナー! カリフォルニアの山火事で焼失し今は看板がひとつ残るだけ…【ルート66旅_57】
浜田省吾の名曲MVに登場した名物ダイナー! カリフォルニアの山火事で焼失し今は看板がひとつ残るだけ…【ルート66旅_57】
Auto Messe Web
レクサスが100万円代で買えちゃう!!!! お財布の紐を締めても[ハイソ感]が味わえる[国産サルーン4選]
レクサスが100万円代で買えちゃう!!!! お財布の紐を締めても[ハイソ感]が味わえる[国産サルーン4選]
ベストカーWeb
フェラーリ・レーシング・デイズが6月29~30日に鈴鹿で開催。296チャレンジを日本初披露へ
フェラーリ・レーシング・デイズが6月29~30日に鈴鹿で開催。296チャレンジを日本初披露へ
AUTOSPORT web
苦しいRB勢! 角田裕毅とリカルドが揃ってQ1敗退……アップデート不発か|F1スペインGP予選Q1速報
苦しいRB勢! 角田裕毅とリカルドが揃ってQ1敗退……アップデート不発か|F1スペインGP予選Q1速報
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

5件
  • mak********
    cx-60の事を考えると試乗無しで飛びつく勇気は無い。
    今年はランクル250も出るし他の3列SUVとじっくり比べてから考える。
    ミニバン以外でと探しているが家族からの圧に負けてアルヴェルにはならない様にはしたいものです。
  • oce********
    25年近く前にボンゴフレンディをレンタカーで借りて7名乗車で旅行に出掛けたが、リアショックが簡単に底突きして乗り心地が酷かった。バブルの後遺症で低迷していた頃のマツダ車はガラクタばかりでした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.0360.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.7139.7万円

中古車を検索
MPVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.0360.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.7139.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村