サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > おもしろいギミックを採用したけど絶滅!? ヘッドライトが特徴的な車5選

ここから本文です

おもしろいギミックを採用したけど絶滅!? ヘッドライトが特徴的な車5選

■現在は見かけなくなった個性的なヘッドライトとは

 クルマの正面部分は「フロントフェイス」など、「顔」に例えられます。このフロントフェイスは、クルマのキャラクターを印象付ける重要な要素です。

「TURBO」の文字が反転しているのがカッコイイ! 昭和のクルマあるある5選

 とくにヘッドライトは「目」にあたり、クルマの表情を決めるパーツで、近年は「ツリ目」がトレンドになっています。

 一方、これまでヘッドライトにはさまざまな種類が誕生しては消えていきました。そこで、個性豊かなヘッドライトを持つクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●日産「フェアレディZ」

 1983年に発売された日本を代表するスポーツカー、日産3代目「フェアレディZ」は、初代から2代目へと受け継がれた丸型ヘッドライトから一転、角型へと変更されました。

 そして、伝統的なクサビ型のスタイリングを継承するために、セミリトラクタブル式を採用しているのが特徴です。

 この半目を開けたようなセミリトラクタブル式ヘッドライトは、消灯時の空力特性と安全基準で求められる点灯時のライトの地上高を両立。

 通常のリトラクタブル式は、ライトカバー後端あたりを軸に回転してライトを露出させるのに対し、3代目フェアレディZでは点灯時にライトが垂直に移動する構造となっており、日産は「パラレルライジング・ヘッドランプ」と呼称していました。

 デビュー当初に搭載されたエンジンは、2リッターと3リッターのV型6気筒SOHCターボのみで、3リッター車の最高出力は当時の最高値となる230馬力(グロス)を発揮。

 後に2リッター直列6気筒DOHCターボと、3リッターV型6気筒DOHC自然吸気エンジンが追加されました。

 また、2シーターと4シーター(2by2)のラインナップは初代から継承され、ルーフの一部が脱着式で手軽にオープンエアを楽しめる「Tバールーフ」仕様も2代目から受け継がれています。

 フェアレディZらしさを維持しつつも、優れた空力特性や当時トレンドだったターボエンジン中心のラインナップとするなど、まさに新時代を感じさせるスポーツカーでした。

●ホンダ「バラードスポーツCR-X」

 ホンダ「バラードスポーツCR-X」は、同社の人気モデル「シビック」の姉妹車である「バラード」から派生したFFスポーツクーペです。

 デビューは1983年7月で、じつはベースの3代目シビックより2か月早く登場しています。

 ボディは2+2シーターの3ドアハッチバッククーペで、小型かつ軽量なボディを活かしたシャープなハンドリングが特徴です。

全長3675mm×全幅1625mm×全高1290mm、ホイールベース2200mmというボディサイズは、小振りだった初代「フィット」よりさらにひと回りコンパクトです。

 搭載されたエンジンはすべて直列4気筒で、1.3リッターと1.5リッターのSOHCで、後に1.6リッターDOHCが追加されます。

 トランスミッションは3速ATの設定もありましたが、スポーティなモデルらしく5速MTが圧倒的に人気。

 ヘッドライトは前期型がセミリトラクタブルなのですが、ライト自体は固定されて動かず、ライトの上半分ほどを覆うカバーだけが動くというもので、まぶたを少し開くイメージです。

 このヘッドライトはシビックとの違いが明確で好評でしたが、1985年のマイナーチェンジを機に一般的な固定式へと改められました。

●シボレー「コルベット」

 アメリカは自動車先進国であると同時に、その責務として安全性や環境問題に関する規制の多い国でもあります。

 とくにヘッドライトの規制は厳しく、1984年に連邦自動車安全基準が改定されるまで、規格サイズのライト装着が義務付けられていました。

 それはアメリカを代表するスポーツカーのシボレー「コルベット」も例外ではなく、1983年に登場した4代目までは、規格サイズのヘッドライトが装着されています。

 しかし、スポーツカーに似つかわしくない規格サイズのライトをそのままにすることはなく、2代目モデルからはリトラクタブル式を採用。以降5代目まで続くコルベットのデザインアイデンティティへと昇華させています。

 なかでもユニークなのが4代目コルベットに採用されたリトラクタブルの仕組みで、多くのリトラクタブル式は前端が持ち上がってライトを露出するのに対し、180度回ってライトが露出する方式を採用。

 ヘッドライトユニットの裏と表が入れ替わるという、特別なスポーツカーらしいギミックとなっています。

 そんな4代目コルベットに搭載されたエンジンは、当初205馬力の5.7リッターV型8気筒OHVでしたが、細かい変更が加えられ徐々にパワーアップ。

 1989年にはハイパフォーマンスグレード「ZR-1」が登場し、オールアルミニウム製の5.7リッターV型8気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力375馬力を誇りました。

■50年も前に動くヘッドライトを採用したクルマとは!?

●ポルシェ「928」

 ポルシェ「911」の上級後継車として開発され、1977年に登場した「928」は、911最大の特徴であるRRではなくFRを採用したラグジュアリークーペです。

 発売当初に搭載されたエンジンは、新開発の水冷4.5リッターV型8気筒SOHCで、1980年に4.7リッターへと排気量を拡大し、1985年にはさらに排気量をアップした5リッターになるとともにDOHC化され、最終的に最高出力350馬力を誇る5.4リッターV型8気筒を搭載。

 新世代のポルシェとして開発されたのは外観からも明らかで、特にヘッドライトは斬新でした。

 911と同様なイメージの丸型ライトとしながらも、消灯時はフロントノーズに上向きで格納され、点灯時は前方に向けて起き上がるポップアップ式を採用しています。

 また、トランスミッションをデフと一体にしてリアに配置することで、前後重量バランスを最適にするトランスアクスルや、後輪の荷重でトー角を変化させる「ヴァイザッハ・アクスル」を採用するなど、スポーツカーの理想を具現化したモデルです。

 しかし、前述のとおり911の後継車になるはずだった928ですが、大排気量のグランドツーリングカー的な性格は、既存の911ユーザーから受け入れられませんでした。

 一方で、1995年に生産を終えるまで18年ものロングセラーだったため、新しい顧客の獲得には成功したと評価されています。

●シトロエン「SM」

 シトロエン「SM」は、FFレイアウトで200km/h超の走行を目指して開発された2ドアクーペで、1970年のジュネーブショーで発表されました。

 全長4893mm×全幅1836mm×全高1324mmと大柄なボディで、最大の特徴は宇宙船と評された斬新な外観デザインにあります。

 搭載されたエンジンはマセラティ製の2.7リッターV型6気筒DOHCで、北米市場向けに3リッター仕様も用意されました。

 最高速度はキャブレター仕様で217km/h、インジェクション仕様では229km/hと、開発目標を大きく上回り、シトロエンの技術力を内外にアピール。

 シトロエンのモデルはユニークなメカニズムを採用しているのも特徴的で、なかでも油圧を使ったハイドロニューマチックシステムは、サスペンションの動きやパワーステアリング、ブレーキの増力にも利用されていました。

 そして、ヘッドライトにもこの油圧システムが用いられており、ガラスカバーに覆われた角型6灯のうち、内側2灯はハンドル操作に連動して向きが変わるという凝ったギミックを採用しています。

 なお、この可動式ライトは保安基準の問題から北米仕様では固定式の丸型4灯へと変更され、日本へ正規輸入されたのはこの北米仕様でしたが、後から本国仕様に改造されたクルマも多かったようです。

※ ※ ※ 

 現在、ヘッドライトの主流はLEDになりつつあります。長寿命で消費電力が少なく、照射角をコントロールでき、デザインの自由度が高いというメリットがあるからです。

 一方で、なにかトラブルがあった際は、部品交換ができないためユニット交換になるケースが多く、高額な修理代が発生してしまうデメリットもあります。

 LEDヘッドライトには一長一短ありますが、安全面などのメリットを考えると、普及はさらに加速していくのではないでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します