現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 進化はやっぱりスゴかった──新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試乗記(後編)

ここから本文です

進化はやっぱりスゴかった──新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試乗記(後編)

掲載 更新 8
進化はやっぱりスゴかった──新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試乗記(後編)

フルモデルチェンジを受けた新型フォルクスワーゲン「ゴルフ」の今尾直樹による試乗記。後編は、1.0リッター・エンジン搭載のエントリー・モデルについて。

1.0リッターでも必要十分

進化はやっぱりスゴかった──新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試乗記(前編)

続いて1.0リッター直列3気筒ガソリン・ターボのアクティブに乗り換えた。乗り換えた直後は、ステアリング・フィールにやや雑味があり、加速が俄然遅くて、1気筒少ない分、ビート感があって、安っぽい、と感じた。なにより、エンジンとモーターのコンビネーションが人工的というか、エンジンをモーターが助けている感しがして、う~む……、洗練度では1.5eTSIだな、と思った。

【前編】1.5eTSI試乗記

ところが、やがて1.0eTSIに体が慣れると、むしろ非力な3気筒エンジンをモーターが支える構図が1.5よりも、よりはっきりわかることが、非力な分を知恵でもって補っているように感じられてきた。

1.0eTSIユニットは、最高出力110ps/5500rpm、最大トルク200Nm/2000~3000rpmと、500cc小さい分、非力なのである。だから、遅く感じるのは当たり前なのだ。

ところがこの999ccの3気筒、74.5mmのボアは同じだけれど、ストロークは76.4mmと短くなっていて、ボア×ストローク比はスクウェアに近くなっている。しかも3気筒だといわれると3気筒っぽい、ビーンというメカニカル・ノイズを発して活発にまわる。

ワインディングの続く長尾峠では、急なのぼり坂でもがなり音は立てず、スイスイのぼっていく。しかも、実用車として十分な速さをもっている。車検証によれば、車重1310kgと、1.5eTSIのスタイルより50kg軽い。排気量は999ccながら、2.0リッターの自然吸気エンジン並みのトルクを発生し、しかもマイルド・ハイブリッドのモーターが電動ブースターとして助太刀する。

なるほどなぁ。前輪荷重は4気筒より30kg軽い。だからなのか、意外なほど素直によく曲がる。意外というのは、こちらの心構え、偏見の問題でもあるから使い方がむずかしいけれど、長尾峠の2~3速でまわる峠道を、苦労なく何気に、淡々とのぼっていく。小排気量ターボなのにターボラグをほとんど感じさせないのも、電動ブーストが巧妙に機能しているからだろう。

タイヤは205/55R 16と、1サイズ小さくて、トレッドが狭くて、扁平率が高い。横から見て、タイヤがぶ厚くて空気がたっぷり入っている。その分、精緻さにはやや欠けるようにも感じられるけれど、マイルドで、それでいて基本的には巌のような、ボディのソリッド感、塊感が、凸凹路面を乗り越えたときなんぞにはヒシとある。

いってみれば、じつにフォルクスワーゲン・ゴルフらしい乗り心地で、あ、それにはリアのサスペンションが4気筒モデルはマルチ・リンクなのに対して、3気筒モデルは伝統的なトレーリング・アームであることも関係しているのかもしれない。

1.0リッターと1.5リッターならどちらを選

1.0eTSIアクティブは車両価格312万5000円。これにナビゲーションを含む純正インフォテインメント・システム、19万8000円と、駐車支援システム等を含むテクノロジーパッケージ、20万9000円を足して、353万2000円。

先に乗った1.5eTSIスタイルは車両価格370万5000円。これにインフォテインメントと、テクノロジーパッケージ、16万5000円がついていて、ライムイエローメタリックという3万3000円のオプションの、フレッシュなボディ色をまとっていて、試乗車は合計410万1000円。その差39万6000円。

筆者ならどちらを選ぶか? と、問われなば、1.0eTSIこそ、実用車の鑑、ゴルフの正統的後継者であると申し上げたい。1.5eTSIは、ベーシック・カーと呼ぶにはプレミアムで贅沢すぎる。

310万円から始まるアウディ「A3」も視野に入ってくるし、ゴルフGTIやゴルフRなんかも気になってくる。というようなことを考えていると、買うタイミングを逃してしまう。

なので、筆者は太鼓判というものがあったなら、1.0eTSI搭載のアクティブにドン!と押す。

文・今尾直樹 写真・安井宏充(Weekend.)

こんな記事も読まれています

15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

8件
  • 40年、日本車乗ってるが、知り合いのゴルフバリアントの天井が、数年で剥がれて来たのは何故かな。
  • 近所の富豪がゴルフに行くときに乗ってる車ですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.9338.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0128.0万円

中古車を検索
ゴルフワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.9338.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0128.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村