現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2023秋冬バイクウェア特集:おすすめパンツ×7選

ここから本文です

2023秋冬バイクウェア特集:おすすめパンツ×7選

掲載 更新
2023秋冬バイクウェア特集:おすすめパンツ×7選



2023~2024年秋冬シーズンを走るのにぴったりのバイク用パンツを、人気7ブランドの製品から厳選。気軽に街中でも着こなせるものから、厳しい冬のロングツーリングにも対応したものまで、あなたがイマ探しているスタイルをここで見つけよう。

[ライテク指南] シフトアップの掻き上げ操作、ビギナーに裏ワザ伝授〈ネモケンのライドナレッジ〉



フラッグシップ:リフレイムパンツ

焚火に一番近い距離のパンツに難燃ストレッチナイロンを採用し、火の粉による穴あきリスクを軽減。バイクもキャンプも両立するマルチユースのオールシーズンモデルだ。

膝のプロテクターにはファスナーで外側から容易にアクセスできるので、バイクから降りたらすぐに取り外せば、テントサイトで座ったり寝そべったりしても膝まわりの動きが気になることなく、快適に過ごすことができる。ポケットは全部で10個もあり、収納力の高さはアウトドアで大活躍。

おなじく難燃素材で作られた上半身のリフレイムジャケットとセットで使って、焚火を囲んだキャンプツーリングをとことん楽しんでほしい。

―― 【FLAGSHIP リフレイムパンツ FPR-A405】●色:オリーブ ブラック ●サイズ:S M L LL M/LL L/3L ●価格:2万1780円

【FLAGSHIP】ブランドロゴのサブコピーである「RIDE FOR VERTEX(=頂点に乗る)」が示すように、ライディングギアにおける“最高級品/主力商品/もっとも重要な物”を目指し、1990年代から長年に渡って積み重ねてきたノウハウを余すことなく商品にフィードバック。PUレザーやテキスタイルなど素材を活かしたジャケットはもちろん、パンツ/グローブ/シューズ/バッグ類と、ライディングに必要なギアを取り揃えている。

フラッグシップに関連する記事を見る >>

エルフ:スポルトウインターパンツ

ストレッチ素材&立体裁断とすることで、バツグンの動きやすさを実現。防風性能に加え、中綿入りで防寒性能を高めながら運動性能も確保した、スポーティなウインターライディングパンツだ。

モータースポーツ感あふれるelfのパンツだけに、膝のプロテクターにはCEレベル1規格のしっかりしたパッドを採用。またこの膝パッドは上下左右に位置調整が可能なので、フィット感にも優れているのがポイントだ。また膝まわりには、夜間の被視認性を向上させるリフレクターも装備。

ほかにも、前傾姿勢でも背中がめくれて腰が冷えないよう、背面はハイウエストで、腰まわりも面ファスナーのアジャストベルトがジャストな位置に調整してくれるようになっているなど、スポーツライクな造り。

ワインディングからツーリングまで冬のアクティブ走りに使うなら、これで決まりだ。

―― 【elf スポルトウインターパンツ ブラック EP-W304】●色:ブラック ホワイト ●サイズ:S M L LL M/LL L/3L ●価格:2万680円

【elf】フラッグシップが展開するもうひとつのブランド。フラッグシップでは、ヨーロッパ有数のモーターオイルメーカーからブランドライセンシーを請けて、2輪用アパレル製品の設計と製造をプロデュース。ライダーが求める機能/素材/フォルムを随所に反映したデザイン、そしてフランスのモータリゼーションが色濃く漂うビビッドなカラーセレクトは、スーパースポーツからネイキッド/アドベンチャー/ネオレトロなど、あらゆるマシンやライディングシーンとマッチする。

エルフに関連する記事を見る >>

ゴールドウィン:ライディング サーマル パンツ

静止状態とは比べものにならないほど温度が下がる走行中に十分考慮して、長年のノウハウを投入したウインターパンツ。防風性に優れ、伸縮性を持ったプライムフレックス生地を採用し、内部にはゴールドウインが自然と共生する一環として進めるリサイクル素材の中綿が取り入れられている。直履きできるサイズ感となっており、中綿入りながらも過度に膨らまずにシルエットを保ってくれるところが、ファッションを気にする今どきライダーのニーズとマッチするはずだ。

膝には、位置調整ができるCE規格レベル2のプロテクターを標準装備。太股部分にファスナー構造のベンチレーションを設けており、外部からの空気をパンツ内部に取り込むことでムレを軽減するといった機能も用意されている。

そのまま街を歩いても違和感のないナチュラルな雰囲気のデザインで、冬もバイクで繰り出したいときにはピッタリだ。

―― 【Goldwin ライディング サーマル パンツ GB13352】●色:ダークスレート サンド ●サイズ:1(S) 2(M) 3(L) 4(XL) 4-3(XL) 5-3(XXL) ※( )内は参考サイズ表記 ●価格:3万9050円

【Goldwin】1983年にオフロードをコアに“GW SPORT”として誕生した“GOLDWIN MOTORCYCLE”が、2023年秋冬シーズンより社名を冠したブランドである「Goldwin」の“Motorcycleカテゴリー”として新たにスタート。会社としては70年以上、モーターサイクルウエア/ギアとしては40年間培ってきた開発技術を活かし、自然と一体化する瞬間を体験できるような機能性プロダクト展開を目指し、モーターサイクルのある暮らしを快適にサポートしていく。

Goldwinに関連する記事を見る >>

クシタニ:エクスパンドウインドカットデニム

寒い季節でも、中綿までは必要ないツーリングやアーバンユースに適した、ライディング用防風デニム。中綿がないぶん、デニムならではのスリムなジーンズスタイルをしっかり保てるので、バイクを降りてそのまま街を歩いても、周囲から浮いてしまう心配は一切皆無だ。

機能的には3レイヤーの透湿防風フィルムを採用しており、これがデニム表面からの冷気侵入をカット。裏地には起毛素材を採用しており、足を通したときに肌触りが良く、ヒンヤリ感がないようになっている。

また、後ろ腰部は生地を二枚重ね仕様にして強度を確保。膝には脱着式ソフトパッドを装備しているなど、ジーンズスタイルながらバイクウェアとしての機能をキチンと押さえられている。もちろん裁断もライディングを前提としたパターンを採用。

極寒時のツーリングでも、オーバーパンツの下に履けば、普通のデニムを履いているより、防寒面でも安全面でも格段に心強く思えてくるはずだ。

―― 【KUSHITANI エクスパンドウインドカットデニム K1329】●色:ブラック ブルー ●サイズ:28~36インチ ●価格:2万4750円

【KUSHITANI】静岡県浜松市に本社を置く、日本で初めてレース用の革ツナギを製作したバイク用品メーカー。1947年創業以来のノウハウを詰め込みながら進化させ続けてきたレーシングスーツや革製品を筆頭に、時代に合わせて新素材を使用した数多くの高機能製品を開発。製品のジャンルは多岐にわたり、いずれも世界クラスのテクニカルな製品を世に送り出している。また、バイクと珈琲を日本の名勝で楽しめるクシタニカフェも好評だ。

クシタニに関連する記事を見る >>

デイトナ:ウォームストレートジーンズ

通常ナイロンより6倍強い厚手の16ozコーデュラデニムを採用して、高強度/耐摩耗性/耐引裂性に優れた寿命の長い冬用ストレートカットジーンズ。表地の厚手コーデュラが風を防ぎ、裏地の肉厚フリースが保温効果を発揮してくれる。

膝のプロテクターには、CE規格レベル1であるSAS-TECのTRIPLEFLEXタイプを標準装備。その膝プロテクターは、足の入れやすさ/履きやすさ/外しやすさを重視して、収納ポケットが外側に設置されている。

シルエットは、バイクに跨りやすくライディング姿勢にフィットしながら、直立時もキレイに見えるカットパターンを採用。前傾時でも裾が見えないハイウエスト形状で、カッコよさとともに冬における腰まわりの冷え軽減にも役立ってくれる。

―― 【DAYTONA ウォームストレートジーンズ DB004】●色:インディゴ ●サイズ:SS S M L 2L 3L ●価格:2万350円

【DAYTONA】バイク用品の老舗総合メーカーであるデイトナは、1972年に創業。車両用パーツから始まった自社製品群は、その後バイクに関わる様々な分野へと拡大。現在ではウェア/バッグ類も「Henly Begins」ブランドなどで展開中だ。そのデイトナ製品は、比較的リーズナブルな価格設定で、バイク乗りのニーズに応える機能もキチンと備えた製品も揃っているとして、ユーザーからの人気が高い。本社で行わるイベントの「茶ミーティング」も好評だ。

デイトナに関連する記事を見る >>

ホンダ:ライディングデニムパンツ スリムフィット

場所やシーンを選ばず、ライディングはもちろん普段使いとしてもオールシーズン活躍するデニムパンツに、スリムフィットタイプが登場。ストレッチを効かせた細身のシルエットにより、無駄なバタツキを軽減してくれる。

バックヨークは素材の伸縮性を有効利用し、ライディング特有のスタイルに沿うようなカッティングを採用。膝部は、運動性に優れた3Dカッティングによってツッパリ感を解消したほか、位置を上下に調整できるCEプロテクターが標準装備されている。バックポケットに配置されたホンダウイングロゴのネームワッペンが特別感を演出だ。

防風防寒性能は備えていないが、オーバーパンツと併用することで寒い季節のツーリングにもしっかり応えてくれる、まさしくオールシーズン活躍できるライディングデニム。リーズナブルな価格設定も魅力だ。

―― 【Honda ライディングデニムパンツ スリムフィット OSYTN-52A-KLL】●色:ブラック ブルー ●サイズ:WM WL M L LL 3L 4L ●価格:9900円

【Honda】ホンダモーターサイクルに乗るユーザーのために、「HondaGO BIKE GEAR」としてメーカー自らがプロデュースするホンダの純正バイクウェアは、小排気量から大排気量、スポーツバイクからアドベンチャー、ネオレトロ、クルーザーなど様々なスタイルに合った商品を多数ラインナップ。いずれもホンダ2輪車正規取扱店やHondaGOのWEBサイトを通じたオンラインショップで購入することができる。

Honda(HondaGO BIKE GEAR)に関連する記事を見る >>

ラフアンドロード:WSプリマロフト ポーラーカーゴパンツLF

零下の中でキャンプツーリングを楽しむようなコアなライダーからの支持も高いラフ&ロード。ここで紹介するのは、中綿に超軽量/イージーメンテナンスを兼ね備えた、最高クラスの保温力を誇る“プリマロフト ゴールドインサレーションエコ”を採用した耐極寒仕様オーバーパンツだ。

表地に採用されたナイロンタッサーと600Dバリアクロス、裏地に採用されたチタンスパッタリング加工トリコットとナイロンタフタと合わせて、防寒/防風/防水/透湿/保温と、冬ツーリングに欲しい性能はすべて網羅。さらにプロテクションパッドは、膝だけでなく腰にも標準装備されている。

シルエットは9ポケットのカーゴスタイルで、アウトドアイメージと使い勝手を両立。最高の機能と素材を惜しみなく投入した、まさに究極(ポーラー)の冬用ライディングギアとなっている。

―― 【ROUGH&ROAD WSプリマロフト ポーラーカーゴパンツLF RR7719LF】●サイズ:SW(26-32) MW(30-36) LW(34-40) MW-short(30-36/股下70-76cm) LW-short(34-40/股下73-79cm) ●色:ブラック ●価格:4万1800円

【ROUGH&ROAD】1982年の創業以来、一貫してバイク乗りによるバイク乗りのために作られた製品を信条にしているラフ&ロード。バイク業界で初めてライディングジャケットの肩と肘に強化プラスチックプロテクターを装備したのは、ここの製品だ。それ以来、“ヘビーデューティ&多彩な機能”はブランドの特徴となっており、コアなツーリングライダーを中心に絶大な支持を集めている。

ラフ&ロードに関連する記事を見る >>

こんな記事も読まれています

スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
Merkmal
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!!  温冷庫がついてたの初代は!!  やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!! 温冷庫がついてたの初代は!! やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ベストカーWeb
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
グーネット
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
グーネット
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
ベストカーWeb
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
ベストカーWeb
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
グーネット
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
ベストカーWeb
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
グーネット
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
AUTOSPORT web
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村