現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BP カストロールがブランドロゴとパッケージの改訂を発表(動画あり)

ここから本文です

BP カストロールがブランドロゴとパッケージの改訂を発表(動画あり)

掲載
BP カストロールがブランドロゴとパッケージの改訂を発表(動画あり)

エンジンオイルなどの潤滑油で知られる BPカストロール株式会社が、ブランドロゴや商品パッケージの改訂を含むブランド刷新を発表した。新ロゴはカストロールのアイデンティティである赤・緑・白のカラーを継承しつつモダナイズされたデザインとなっている。なお、商品パッケージの変更は2024年より順次行われる予定だ。

【BPカストロール】変革するニーズに対応するため、ブランド・アイデンティティを刷新 新たにサウンドロゴも制作TOPICS・ ブランドロゴ、パッケージの改訂を含むブランドの刷新
・ 変化の激しい時代において、未来に対する投資や成長と成功に向けて新たな機会を創造するというコミットメントを編成したブランド・アイデンティティ
・ 加速感、推進力、ダイナミックな動きを際立たせるサウンドロゴの制作

イベントレポートや人気モデルの足つきをチェック

BPグループ傘下で世界をリードする潤滑油ブランドの国内製造・販売を統括する BPカストロール株式会社(代表取締役社長 平川 雅規 品川区)は、ブランドロゴ、パッケージの改訂を含むブランドの刷新を発表しました。今回のブランド刷新は、市場におけるカストロールの独自性に富んだポジショニングに加え、移り変わりの激しい市場のニーズ・ビジネス機会に柔軟に対応することを目的としております。

カストロールは中核となる潤滑油事業を補完し、お客様に付加価値となるソリューションとサービスを提供する機会を常に模索しています。例えばCASTROL ON ブランド(国内未発売)にて「電気自動車(EV)用トランスミッションフルード、サーマルフルード、グリース」等先進的な製品を取り揃えております。また英国に最先端の電気自動車用製品のR&Dセンター開設に約6,000万ドルを投資することを発表しています。また、データセンターにて活用される液浸冷却フルードについて、Submer社(スペイン)の全製品に採用されることが発表されています。

今回刷新されたブランド・アイデンティティは、広範な調査と分析に加え、関係者、お客様、業界の専門家から幅広く意見を伺い、それらを考慮して決定し、今後の包括的なブランド戦略立案・実行により、よりよい成果をもたらすと考えております。潤滑油・サービスソリューション分野において、より多様なお客様層にアピールすることを目指し、カストロールは従来のコアな強みと差別化要因とは何かに焦点を当て、新たなブランドロゴを、よりモダンでダイナミック、そしてより活き活きとしたデザインを採用しました。新ロゴは、カストロールのアイコンである赤、緑、白のカラーを保ちつつ、デジタル時代に合わせ、ブランドが多くの人々の記憶に残りやすくなるよう設計されています。

カストロール CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)である Nicola Buck (二コラ・バック) は、次のように述べています。

「今回刷新されたブランド・アイデンティティは、未来に対する投資、そして成長と成功に向けて新たな機会を創造するという弊社のコミットメントを編成したものです。」

「世界が変革期を迎え、炭素排出量実質ゼロを目指す中、モビリティと産業の世界はかつてないほどの速度の変化に直面しており、お客様はより持続可能なソリューションを希求しています。カストロールが発展するためには変化が不可欠です。私たちは未来へ向けすでに準備できていることを世界に向けて示唆しているのです。」

また、カストロール CEO(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー) Michelle Jou(ミシェル・ジュー)も次のように述べています。

「すでに世界的に認知されているブランドを刷新することは、単に外観やメッセージを変えることではないと信じています。それはブランドの本質と今日の世界との関係を改めて構築し活性化することです。私たちはお客様の声に耳を傾け、変革するニーズと理想を理解し、私たちの核となる強みを活かしつつ、お客様の心を動かすブランドになる必要があります。ブランドの刷新とは、単に看板を変えることではありません。私の考えでは、それは成長、差別化、長期的な成功を促進するための戦略的責務なのです」。

さらに今回のブランドの刷新には、新たなサウンドロゴも含まれます。このサウンドロゴは、刷新された外観とフィーリングをさらに強調するために制作されたもので、音楽と音響デザインにより、加速感、推進力、ダイナミックな動きを際立たせるものとなっています。カストロールの新しい“ソニック”・アイデンティティは、ブランドの認知度と記憶を向上する上で、将来的に強力な資産となると考えます。

カストロールはこれらの変化により、より魅力的で、記憶に残る、効果的なブランド体験をお客様に提供できると確信しています。

※尚、パッケージ変更は、2024年より各製品毎に順次進める予定です。

カストロールについて世界をリードする潤滑油ブランドであるカストロールは、誇りある革新の伝統を有し、先駆者の夢を刺激してきました。当社の性能に向けた熱意は、パートナー関係に取り組む信条と相まって、100年以上にわたり地上、空中、海洋、宇宙における多数の技術的業績の中核に存在し続ける潤滑油とグリースを開発することを可能にしてきました。

カストロールはBPグループの一員であり、自動車、海洋、工業、エネルギーの領域で顧客と一般消費者にサービスを提供しています。カストロールブランドの製品は、プレミアム品質と最先端技術に対するコミットメントを通じた革新と高性能で、世界的に高い評価を受けています。カストロールについての詳細は、www.castrol.comでご覧ください。

リリースBPカストロール株式会社(2023年11月28日発行)

こんな記事も読まれています

“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
バイクのニュース
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
AUTOCAR JAPAN
[マツダ新型CX-80内装解説]アルファード超え期待したけど……2列目シート豪華さ足りず!? 走りはイイらしいけど内装デザインもCX-60とほぼ一緒の残念
[マツダ新型CX-80内装解説]アルファード超え期待したけど……2列目シート豪華さ足りず!? 走りはイイらしいけど内装デザインもCX-60とほぼ一緒の残念
ベストカーWeb
なんちゃってセレブが「2024 F1日本グランプリ」で「アルピーヌF1チーム」に潜入! レース終了直後のヘリは大渋滞!?
なんちゃってセレブが「2024 F1日本グランプリ」で「アルピーヌF1チーム」に潜入! レース終了直後のヘリは大渋滞!?
Auto Messe Web
BEVをより身近に! BYDが認定中古車制度の運用を全国52 拠点で取り扱い開始
BEVをより身近に! BYDが認定中古車制度の運用を全国52 拠点で取り扱い開始
Webモーターマガジン
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
motorsport.com 日本版
理事長はモリゾウ氏! S耐を運営するSTOが“未来”に向けSTMOへ改組。より一層ワクワクするレースへの発展を目指す
理事長はモリゾウ氏! S耐を運営するSTOが“未来”に向けSTMOへ改組。より一層ワクワクするレースへの発展を目指す
carview!
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
motorsport.com 日本版
その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
レスポンス
出走順の影響大。撒かれた泥を攻略するオジエと苦戦した勝田。デイ2からは雨予報も/WRCクロアチア
出走順の影響大。撒かれた泥を攻略するオジエと苦戦した勝田。デイ2からは雨予報も/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
くるまのニュース
日本で初開催された「フォーミュラE」は大盛況で終了 なぜ成功!? 東京の公道を走ったレースの魅力と今後の課題とは
日本で初開催された「フォーミュラE」は大盛況で終了 なぜ成功!? 東京の公道を走ったレースの魅力と今後の課題とは
VAGUE
ホンダ シビックタイプR デザインのTシャツ発売---1997年モデル
ホンダ シビックタイプR デザインのTシャツ発売---1997年モデル
レスポンス
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ベストカーWeb
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
WEB CARTOP
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村