現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ホンダS2000」という奇跡 なぜ復活待望論が叫び続けられるのか

ここから本文です

「ホンダS2000」という奇跡 なぜ復活待望論が叫び続けられるのか

掲載 更新
「ホンダS2000」という奇跡 なぜ復活待望論が叫び続けられるのか

ホンダシビックタイプRやスズキスイフトスポーツのフルモデルチェンジ。そしてトヨタのスポーツカーブランド「GR」の立ち上げなどクルマ好きの心を大きく刺激するスポーツカーの話題が多いのは朗報だ。しかし、その中にピュアスポーツが存在しないことに、やや残念に感じているクルマ好きも多いのではないでしょうか。

日本自動車界が絶頂期にあった1980年代~90年代には多くの刺激的なスポーツカーが世に出ましたが、2000年代にはまた多くのスポーツカーが生産中止となりました。そんななかでもひときわ輝く金字塔、いまだに多くのファンが復活を望む、ホンダS2000について振り返ります。

「こんな車はもう出ない」!? 一生に一度は乗っておきたい現行国産車5選

文:大音安弘

■祝50周年記念車はホンダイズム爆発のスポーツカー!

ホンダS2000は、本田技研工業設立50周年を記念して、1999年に発売された本格オープンスポーツカーだ。S800以来、29年ぶりに送り出されたFRモデルは、優雅なロングノーズの古典的なオープンカーのシルエットを与えながらも、中身と性能は、ホンダ伝説の始まりとなるオープンスポーツ“S”シリーズの名を継承するに相応しいホンダ渾身のピュアスポーツへと磨き上げられていた。

約6秒で開閉可能な電動ソフトトップを備える優雅さとは裏腹に、クローズドボディ同等以上のボディ剛性実現するために専用開発の骨格構造「ハイXボーンフレーム」を採用。鍛えぬいたボディを活かす高い応答性を叶える足回りには、前後ダブルウイッシュボーン式サスペンションとし、トルクセンシングタイプLSDを標準搭載。軽量化にも十分に配慮し、ボディ重量を1240kgに抑え、前後50:50の理想的な重量配分を実現していた。

■驚異のNA!専用開発のパワードバイホンダ

パワーユニットもホンダイズム爆発!新開発の2.0L直列4気筒DOHCエンジンのF20Cは、ホンダ自慢のVTECを搭載することで、自然吸気エンジンながら、リッター125PSとなる最高出力250ps/8300rpm、最大トルク22.2kgm/7500rpmを発揮。最大許容回転数は、9000rpmと、恐ろしく高性能なエンジンだった。後に後期型では、扱いやすいように、ストロークを拡大することで0.2LスープアップさせたF22Cに換装されている。

このエンジンのスペックは、最高出力242ps/7800rpm、最大トルク22.5kgm/6500rpm~7500rpm。最高許容回転数は、8000rpmに抑えられており、デチューンともいえる。それだけ、F20Cが性能重視の飛びぬけたエンジンだったことを物語っている。トランスミッションもクロスレシオ化されたショートストロークの専用6速MTを搭載しており、ホンダファンだけでなく世界中のスポーツカー好きを虜にした。

■スポーツカーとして最後まで進化を続けた

投入1年後の2000年には、新たな取り組みとして、可変ギアレシオステアリングのVGSを装備したタイプVを追加。その後、機能向上だけでなく、サスペンションの再チューニングやホイールの大径化、アクセルのドライブ・バイ・ワイヤー化、ギアレシオの見直しなどスポーツカーとして走りの魅力の追求を続け、2009年に惜しまれつつも生産を終了した。生産が終了した当時、最終型の新車はかなりの高値を付けていたことを記憶している。これにより再びホンダからFRモデルが失われることになった。

そんな失意のホンダスポーツカーファンを歓喜されたのは、2015年に登場したS660の存在だろう。奇しくも本田技術研究所設立50周年を記念した新型車の社内コンペ大会がきっかけで世に送り出された軽自動車スポーツカーは、ホンダのピュアスポーツと同じ“S”名を継承する一台だ。

S660は、現代の新しいスポーツカー像を提案しただけでなく、ホンダはまだスポーツカーを諦めていないという希望を与えてくれた。それだけに、Sシリーズの続編に期待してしまうのは、私だけではないだろう。NSXやシビックタイプRはもちろんホンダを象徴する1級のスポーツカーだが、S660の面白さや完成度の高さからホンダのFRに再び乗ってみたいと感じたのも本音。

何度となく「S2000復活!」というニュースが自動車専門誌に取り沙汰されるのも、(実際にホンダ社内で開発プランが浮上する、しないにかかわらず)こうした待望論が日本の車好きのあいだで語り継がれているからこそ……という背景が大きい。

こんな時代だからこそ、ホンダらしい夢を再び見せて欲しいものだ。

こんな記事も読まれています

トヨタ「新型ハイエース」市販化は? 全長5m超ボディ&“斬新”4灯テール採用!? 特許庁公開で現実味帯びてきた?
トヨタ「新型ハイエース」市販化は? 全長5m超ボディ&“斬新”4灯テール採用!? 特許庁公開で現実味帯びてきた?
くるまのニュース
【MotoGP】マルティン獲得のアプリリア、2025年タイトル争いに向け「言い訳の余地ナシ」とリボラCEO
【MotoGP】マルティン獲得のアプリリア、2025年タイトル争いに向け「言い訳の余地ナシ」とリボラCEO
motorsport.com 日本版
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
motorsport.com 日本版
リバティ・グローバルがフォーミュラEの経営権取得へ……規模拡大に絶好の契機。F1やMotoGPを傘下に収める、リバティ・メディアの関連会社
リバティ・グローバルがフォーミュラEの経営権取得へ……規模拡大に絶好の契機。F1やMotoGPを傘下に収める、リバティ・メディアの関連会社
motorsport.com 日本版
日産「“最後の”GT-R」登場へ 「R35型」17年の歴史に幕… 新型「R36型」登場なるか?「R35最終型」どんなモデル?
日産「“最後の”GT-R」登場へ 「R35型」17年の歴史に幕… 新型「R36型」登場なるか?「R35最終型」どんなモデル?
くるまのニュース
スウェーデン発祥ブランドの「新型ネイキッドバイク」の魅力とは? ハスクバーナの名を世に知らしめた「注目の2台」の気になる進化
スウェーデン発祥ブランドの「新型ネイキッドバイク」の魅力とは? ハスクバーナの名を世に知らしめた「注目の2台」の気になる進化
VAGUE
フルカウルなのに乗りやすい! スズキ「GSX250R」はどんなライダーも楽しませてくれるオールマイティーな1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
フルカウルなのに乗りやすい! スズキ「GSX250R」はどんなライダーも楽しませてくれるオールマイティーな1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
6輪トラックはオフロードが得意、メルセデスベンツ『アロクス 6x6』…防衛・安全保障展示会に出展予定
6輪トラックはオフロードが得意、メルセデスベンツ『アロクス 6x6』…防衛・安全保障展示会に出展予定
レスポンス
6.5Lの[V型12気筒]エンジン搭載!! 5600万円超え830psのフェラーリ[ドーディチ チリンドリ]が日本初登場!
6.5Lの[V型12気筒]エンジン搭載!! 5600万円超え830psのフェラーリ[ドーディチ チリンドリ]が日本初登場!
ベストカーWeb
暑さ到来! 夏の車内に置きっ放しNGのアイテムとは?「ETCカード」挿しっぱなしでICチップが壊れてしまうことがあるので要注意
暑さ到来! 夏の車内に置きっ放しNGのアイテムとは?「ETCカード」挿しっぱなしでICチップが壊れてしまうことがあるので要注意
Auto Messe Web
人気!XSR125用のマフラー2種が、「HOT LAP」から発売された  
人気!XSR125用のマフラー2種が、「HOT LAP」から発売された  
モーサイ
【いよいよ今週末】ル・マン24時間レース視聴方法まとめ。ライブ配信にパブリックビューイングも
【いよいよ今週末】ル・マン24時間レース視聴方法まとめ。ライブ配信にパブリックビューイングも
carview!
約450万円! トヨタが新型「大きな高級車」を発売! クラウン級の「大型セダン」に注目あり! 斬新「サメ顔」採用した「新型カムリ」どう思う?
約450万円! トヨタが新型「大きな高級車」を発売! クラウン級の「大型セダン」に注目あり! 斬新「サメ顔」採用した「新型カムリ」どう思う?
くるまのニュース
若者はどうしてコミュニケーションが苦手なのか? 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(2)
若者はどうしてコミュニケーションが苦手なのか? 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(2)
日刊自動車新聞
「45歳にしては悪くない」/異常な振動/ロッシの来季去就etc.【ル・マン24時間水曜Topics】
「45歳にしては悪くない」/異常な振動/ロッシの来季去就etc.【ル・マン24時間水曜Topics】
AUTOSPORT web
【国内試乗】世界中で愛され続ける、どこへでも行き生きて帰ってこられるクルマ「トヨタ・ランドクルーザー 250/70/300」
【国内試乗】世界中で愛され続ける、どこへでも行き生きて帰ってこられるクルマ「トヨタ・ランドクルーザー 250/70/300」
LE VOLANT CARSMEET WEB
移籍先決定との報道を打ち消すサインツ「2026年以降の将来性と同様に、2025年の競争力も考慮して検討中」
移籍先決定との報道を打ち消すサインツ「2026年以降の将来性と同様に、2025年の競争力も考慮して検討中」
AUTOSPORT web
不正改造マフラー取締強化月間はすぐそこ! 取り締まり対象となるポイントとは
不正改造マフラー取締強化月間はすぐそこ! 取り締まり対象となるポイントとは
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村