現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 意欲作だったのに意外と売れず! ひっそりと消えた「90年代の日産車」3選

ここから本文です

意欲作だったのに意外と売れず! ひっそりと消えた「90年代の日産車」3選

掲載 13
意欲作だったのに意外と売れず! ひっそりと消えた「90年代の日産車」3選

今見れば名車? 90年代日産の不人気車

「1990年代までに技術世界一を目指す」を目標とした901運動の流れから、90年代に数多くの名車を生み出した日産。しかし、その影であまりヒットをせずにひっそりと消えてしまったモデルもありました。今回はそんなあまり光が当てられることのなかった、日産の90年代のモデルたちを紹介していきます。

限定車だったのに1台しか売れず! 所有していたら国宝級の「国産名車」6選

ルネッサ

 1997年に登場したルネッサ。ステーションワゴンに近いボディスタイルを持ちつつも、車高が高いそのスタイリングには、現在人気のジャンルとして確立されている「都市型クロスオーバーSUV」の雰囲気を感じます。このジャンルの先駆者でもあり、現代にまで続く人気モデルであるハリアーの登場も同年だったことを考えると、1997年はSUVにとってひとつの転換期だったのかもしれません。

 そう聞くと「出るのが早すぎた」と思われるような、少し未来を行っていたモデルに思うかもしれませんが、未来を行っていたのはそのパッケージだけではありません。

 通常のカタログモデルは2.0Lもしくは2.4Lのガソリンエンジンを搭載していますが、日本国内200台限定で「ルネッサEV」としてEVモデルが販売されていました。北米でも「アルトラEV」として販売され、エネルギー関係会社やロサンゼルス市の水道、電気局などに納車されていました。

NXクーペ

 90年代と言えば、多くの2ドアクーペが各メーカーから販売されていました。日産も例外ではありません。日産の90年代クーペと言えばスカイラインにフェアレディZ、シルビアとスポーティなイメージが強いかもしれませんが、1990年に登場したNXクーペはファッション路線の強い軟派なクーペ、いわゆるセクレタリーカーとしてデビューしました。

 全長4140mm、全幅1680mm、全高1320mmとコンパクトなボディに、ライト類を中心に曲線を多用したデザインが組み合わされていて、未来的ながらも親しみやすさを感じる見た目が特徴的です。また、クーペとしてエントリーモデルに位置しながらも、Tバールーフの設定があったあたりにバブルの残り香を感じます。

 しかし、当時はまだそんなバブルの残り香があった時代。北米ではセクレタリーカーとして人気があったものの、日本でクーペと言えばスポーティカーかスペシャリティカーのどちらかというのが世間の声でした。そんな影響もあってか日本市場ではNXクーペはヒットせず、日本市場から姿を消してしまいました。

レパードJフェリー

「レパード」と聞くとあぶない刑事で活躍する2代目モデルのイメージが強いかもしれません。そんな2代目に続くレパードシリーズ3代目として、1992年に登場したのがレパードJフェリーでした。

 角ばった先代モデルから一転して曲線基調の伸びやかなデザインは、どこかアメリカを感じます。それもそのはず、北米市場向けインフィニティJ30をレパードJフェリーというネーミングを用いて、日本市場で販売したのがこのモデルなのです。

 上級グレードは4.1LのV8エンジンを搭載し、質感の高い走りやインテリアなど高級車として十分な魅力をもったモデルでした。 しかし、先代モデルからのあまりの急変ぶりからか、日本市場ではあまり高い評価を受けることなく、4代目レパードへとバトンを渡す結果になってしまいました。

こんな記事も読まれています

シエンタにフリード……若者にオススメしたいミニバン一挙公開! 60万円でセレナが手に入る!? 青春を謳歌したいならミニバンだ
シエンタにフリード……若者にオススメしたいミニバン一挙公開! 60万円でセレナが手に入る!? 青春を謳歌したいならミニバンだ
ベストカーWeb
【MOTUL】新たな最高峰オイル「300V FACTORY LINE ROAD RACING & OFF ROAD」は出力と信頼性を向上させて4月発売  
【MOTUL】新たな最高峰オイル「300V FACTORY LINE ROAD RACING & OFF ROAD」は出力と信頼性を向上させて4月発売  
モーサイ
トヨタ、ダイハツの再生に向けた体制の見直しについて発表
トヨタ、ダイハツの再生に向けた体制の見直しについて発表
カー・アンド・ドライバー
スーパーGTセパンラウンド、最短で来季復活の可能性も? しかし現在もコスト面での検討が続く……決断のデッドラインは6月か
スーパーGTセパンラウンド、最短で来季復活の可能性も? しかし現在もコスト面での検討が続く……決断のデッドラインは6月か
motorsport.com 日本版
クロフトで開催された2回目のBTCC公式テストは、2台のBMWやフォード艦隊を抑えたヒョンデが最速
クロフトで開催された2回目のBTCC公式テストは、2台のBMWやフォード艦隊を抑えたヒョンデが最速
AUTOSPORT web
【このカマロなんぼ?】世界で最も個性的なクルマ アメ車好きには応えられない1台 シボレー カマロがリーズナブルな価格で販売中
【このカマロなんぼ?】世界で最も個性的なクルマ アメ車好きには応えられない1台 シボレー カマロがリーズナブルな価格で販売中
AutoBild Japan
ビギナー歓迎。2024年もニスモ、STI、無限、TRDが『ワークスチューニング・サーキットデイ』を開催
ビギナー歓迎。2024年もニスモ、STI、無限、TRDが『ワークスチューニング・サーキットデイ』を開催
AUTOSPORT web
バーチャルドライバーはリアルでも速い…?マツダのチャレンジプログラムが筑波で開催
バーチャルドライバーはリアルでも速い…?マツダのチャレンジプログラムが筑波で開催
レスポンス
レンジローバー スポーツの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
レンジローバー スポーツの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
アルファロメオ ブランド初のBセグメントクロスオーバー「ミラノ」をワールドプレミア
アルファロメオ ブランド初のBセグメントクロスオーバー「ミラノ」をワールドプレミア
Auto Prove
KTM、ダニ・ペドロサをスペインGPでワイルドカード起用「ヘレスは特別な場所」 ポル・エスパルガロもイタリアGPで起用へ
KTM、ダニ・ペドロサをスペインGPでワイルドカード起用「ヘレスは特別な場所」 ポル・エスパルガロもイタリアGPで起用へ
motorsport.com 日本版
“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは
“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは
くるまのニュース
スクーター王国台湾「KYMCO(キムコ)」 欧州市場向けモデルの日本特別仕様「AROMA 150」はアリか?
スクーター王国台湾「KYMCO(キムコ)」 欧州市場向けモデルの日本特別仕様「AROMA 150」はアリか?
バイクのニュース
懐かしくもあり憧れでもあるラリーカーをじっくり堪能できる…オートモビルカウンシル2024
懐かしくもあり憧れでもあるラリーカーをじっくり堪能できる…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
【初日の熱気をレポート】チラ見せ オートモビルカウンシル2024 濃密な3日間の幕開け、全貌は会場で
【初日の熱気をレポート】チラ見せ オートモビルカウンシル2024 濃密な3日間の幕開け、全貌は会場で
AUTOCAR JAPAN
3回のクラッシュでかかったコストは3億円以上か。ウイリアムズF1のアップグレード計画にも1カ月遅れが生じる
3回のクラッシュでかかったコストは3億円以上か。ウイリアムズF1のアップグレード計画にも1カ月遅れが生じる
AUTOSPORT web
シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック
シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック
ベストカーWeb
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
Auto Messe Web

みんなのコメント

13件
  • ルネッサは、後のプレサージュやバサラなどのベースとなる訳ですが
    とにかくEV積載用のシャシなのかとにかく床が高い!後部座席は体育座りみたいになっちゃうし
    ベースが悪いと他の車種も影響が出てくる。
    ここは大失敗だった。
  • Jフェリーがあった頃の北米インフィニティのラインナップって、
    インフィニティQ45、Jフェリー、プリメーラ、、、みたいな感じだったからね。

    個々のモデル云々以前に、ブランドとして滅茶苦茶、30年後の今、レクサスとは雲泥の差になったのも当然でした、、、
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

113.6189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

195.0195.0万円

中古車を検索
NXクーペの車買取相場を調べる

日産 NXクーペの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

113.6189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

195.0195.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村