現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則211】159スポーツワゴンにはアルファの遺伝子が色濃く受け継がれていた

ここから本文です

【ヒットの法則211】159スポーツワゴンにはアルファの遺伝子が色濃く受け継がれていた

掲載 更新 1
【ヒットの法則211】159スポーツワゴンにはアルファの遺伝子が色濃く受け継がれていた

2006年はアルファロメオにとって「豊作」だったと言えるだろう。ブレラ、159と続いて、さらにアルファ スパイダーのデビューとほぼ時を同じくして、159SW(スポーツワゴン)も登場しているのだから。159SWは、156時代と同様、ワゴンボディでもスタイリッシュさと個性を保っているのが印象的だった。アルファ スパイダーとあわせて開催された国際試乗会の模様から、このモデルの魅力を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2006年8月号より)

最大のニュースはラゲッジスペースの拡大
イタリア・シシリー島で対面したアルファ159スポーツワゴン(以下SW)は既視感を伴っていた。それはボディをセダンと同寸とし、Dピラーを適度に寝かせスタイリング最優先とした先代アルファ156SWの手法を継承しているからである。

【くるま問答】交通取締りで警察官がする質問「過去1年以内に違反をしたことは?」の意図とは!

リアクオーターウインドウなどは156SWから流用しているのでは、と思ってしまうほど酷似している。今回のジウジアーロとチェントロ・スティーレのコラボレーションは、156SWのフェイスリフトも手がけていただけに「SWらしさ」をキッチリと受け継いでいるのだ。

159SWの最大のニュースは何と言ってもラゲッジスペースの拡大だろう。先代の156SWはスタイリング優先のあまり、通常ではセダンより20L少ない360Lしかなかった。それが今回、ボディがひと回り大きくなったことによって、セダンより40L大きい445Lを実現し、さらにリアシートを倒せば1235Lも可能にしている。

この数値はアウディA4アバントの442/1184Lをわずかながら上回るもの。とは言えBMW3ツーリングの460/1385LやメルセデスCステーションワゴンの470/1355Lには及ばず、ようやくセグメントの平均レベルに達したと見るべきかもしれない。

実際、ゲートを開けて見れば、156SWに比べ幅も奥行きも広がっているのは十分わかる。159SWはスタイリングの良さはそのままに、ワゴン本来の機能を手にした。

運転席に収まると159セダンと変わりない風景が広がる。スロットキーやスターターボタン、オプションのポルトローナフラウ製のレザーシート、使いにくい頭上のリアゲートのオープナースイッチなどセダンそのもの。60対40に分割可倒のバック部を持つリアシートも同様で、その後方のトノカバーと空間で初めてSWを感じさせる。このセダン感覚でワゴンを楽しめるのがアルファ流SWの良さである。

2.2がセレスピード、3.2がATで日本導入
走りはセダンの延長線上にあると言っていい。カチッとしたボディが可能にしたシャープな走り味と言う点においてである。例のプレミアムシャシを手にしてからのアルファの走りは一変した。

それまでのステアリングのレスポンス重視から、しなやかさを伴いながらの安定したコーナリングに変換したのだ。これを「アルファらしさがなくなった」と見る向きもあるが、クルマとしてのポテンシャルは確実にアップしている。

セダンとの大きな違いは走行中にリアの空間の存在を意識することだ。156SWはそれをほとんど感じさせなかったが、空間が拡大した159SWはその感が強い。

その走りにおいて、セダンとほとんど変わりなく感じたのは3.2 V6 Q4の方だった。車重がそれなりにあってほとんど変わらないことに加え、トルセンCデフを用いた4WDということも手伝っているに違いない。SWであることを忘れさせるほどに、トルクにものを言わせて豪快な走りを引き出せる。

対して、2.2のFFの方はセダンと比べてリアの落ち着きが若干足りない感じだった。とは言え、コーナリング中の大きなギャップの乗り越えなどに対しての話で、通常の走りにおいては問題ない。このあたりはリアに荷物を搭載した際のバランスを考慮しているのだろう。

訊けばセダンとの違いは、SW全車、リアのスプリングを強化しているのみとのこと。2.2はセダンより50kgほど車重が増えているだけに、その違いが表われていたのかもしれない。

アルファ159SWが日本に入ってくるのは来年2007年初め。全車右ハンドル仕様で、2.2JTSがセレスピード、3.2 V6 Q4が6速ATとなる予定だ。2.2のセレスピードは6速MTをベースに油圧でクラッチを繋ぐのだが、1&2速がローギアで3速との差が大きいだけにシティモードに若干の不安が残る。マニュアル操作すればカバーできるだろうが、AT的な使い方ではギクシャク感が拭えないかもしれない。このあたりはマニエッティマレリーの仕上げに期待したい。

また、3.2 V6 Q4の6速ATはこの6月にアルファ159ディーゼルに先行搭載されているアイシンAW製で、アルファでは「Qトロニック」と呼ぶもの。Dレンジからシフトを操作してシーケンシャルモードに切り替えられるタイプで、Q4システムと組み合わさるからオールマイティに使えそうだ。

イタリアでの159SWはセダンの1500ユーロ(約22.5万円)高に設定されている。日本仕様はセレスピードやATなど装備の違いもあるから一概には言えないとしても、2.2JTSが400万円台半ば、3.2 V6 Q4が500万円台後半あたりになると予想される。ライバルであるアウディA4アバントよりは確実にリーズナブルになるはずだ。このアルファ流のスタイリングを身につけた159SWは、Dセグメントワゴンに新たな風を吹き込むのは間違いない。(文:河原良雄/Motor Magazine 2006年8月号より)



アルファロメオ アルファ159SW 2.2JTS 主要諸元
●全長×全幅×全高:4660×1828×1425mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1540kg
●エンジン:直4DOHC
●排気量:2198cc
●最高出力:185ps/6500pm
●最大トルク:230Nm/4500pm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:FF
※欧州仕様

アルファロメオ アルファ159SW 3.2 V6 Q4 主要諸元
●全長×全幅×全高:4660×1828×1425mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1730kg
●エンジン:V6DOHC
●排気量:3195cc
●最高出力:260ps/6200pm
●最大トルク:322Nm/4500pm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:4WD
※欧州仕様

[ アルバム : アルファロメオ アルファ159SW はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

「中野駅」いよいよ大変貌!? 「都庁よりすごい展望ビル」も爆誕! 始まった大規模再開発がすごすぎる 「環七直結道路」も誕生へ
「中野駅」いよいよ大変貌!? 「都庁よりすごい展望ビル」も爆誕! 始まった大規模再開発がすごすぎる 「環七直結道路」も誕生へ
くるまのニュース
マセラティ初のフル電動SUV「グレカーレ フォルゴレ」の新車装着タイヤにブリヂストンの「POTENZA SPORT」を採用
マセラティ初のフル電動SUV「グレカーレ フォルゴレ」の新車装着タイヤにブリヂストンの「POTENZA SPORT」を採用
VAGUE
岩戸亮介、ポール獲得「浮き彫りになった課題をクリアして決勝に挑む」/2024全日本ロード第3戦SUGO ST1000予選
岩戸亮介、ポール獲得「浮き彫りになった課題をクリアして決勝に挑む」/2024全日本ロード第3戦SUGO ST1000予選
AUTOSPORT web
“マッチ”こと近藤真彦氏がスーパー耐久参戦、レースの楽しみを改めて実感…モリゾウ選手の速さには「驚いた」
“マッチ”こと近藤真彦氏がスーパー耐久参戦、レースの楽しみを改めて実感…モリゾウ選手の速さには「驚いた」
レスポンス
強制収容所の隣で暮らす幸せな家族 無関心の恐ろしさを描く『関心領域』
強制収容所の隣で暮らす幸せな家族 無関心の恐ろしさを描く『関心領域』
バイクのニュース
スズキ・ハスラーが一部仕様変更を実施。新たにアクティブ志向の「タフワイルド」を設定
スズキ・ハスラーが一部仕様変更を実施。新たにアクティブ志向の「タフワイルド」を設定
カー・アンド・ドライバー
よく聞く「板金」って一体なに? キズやへこみはどこまで修復できる? パーツ交換のほうが良いケースとは?
よく聞く「板金」って一体なに? キズやへこみはどこまで修復できる? パーツ交換のほうが良いケースとは?
くるまのニュース
自動で消灯するウインカー、直感的操作のジョイスティックも…常識に挑戦するヤマハの「次世代スイッチ」
自動で消灯するウインカー、直感的操作のジョイスティックも…常識に挑戦するヤマハの「次世代スイッチ」
レスポンス
モナコ公国で広告がポロポロ……剥がれたバナーに予選を台無しにされかけたノリスは憤怒「直すと言っていたのに。受け入れられない」
モナコ公国で広告がポロポロ……剥がれたバナーに予選を台無しにされかけたノリスは憤怒「直すと言っていたのに。受け入れられない」
motorsport.com 日本版
新型MINI COUNTRYMAN S ALL4はCセグのクロスオーバーでMINI味が薄まりBMW味が濃くなっていた【試乗記】
新型MINI COUNTRYMAN S ALL4はCセグのクロスオーバーでMINI味が薄まりBMW味が濃くなっていた【試乗記】
Auto Prove
横乗り系にはベストな仕様! ギア感満点のダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
横乗り系にはベストな仕様! ギア感満点のダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
17年ぶり復活へ! トヨタ新型「“ステーションワゴン”SUV」どんな人が買う!? 全長5m級のビッグな「クラウンエステート」に反響の声集まる
17年ぶり復活へ! トヨタ新型「“ステーションワゴン”SUV」どんな人が買う!? 全長5m級のビッグな「クラウンエステート」に反響の声集まる
くるまのニュース
ホンダ『ダックス125』に新色を設定して発売 8月
ホンダ『ダックス125』に新色を設定して発売 8月
レスポンス
[パジェロスポーツ]日本発売!? だったらチャレンジャー国内撤退しなきゃよかったんじゃないの!?!?
[パジェロスポーツ]日本発売!? だったらチャレンジャー国内撤退しなきゃよかったんじゃないの!?!?
ベストカーWeb
「BLUE SKY HEAVEN 2024」は横浜市山下ふ頭にて6月1日、2日に開催!【ハーレーダビッドソンジャパン】によるバイクと音楽の融合イベント  
「BLUE SKY HEAVEN 2024」は横浜市山下ふ頭にて6月1日、2日に開催!【ハーレーダビッドソンジャパン】によるバイクと音楽の融合イベント  
モーサイ
ヒストリック・フェラーリで学び、楽しむ!特別なドライビングプログラム「コルソ・ピロタ・クラシケ」ってどんな体験?
ヒストリック・フェラーリで学び、楽しむ!特別なドライビングプログラム「コルソ・ピロタ・クラシケ」ってどんな体験?
Webモーターマガジン
KGモーターズがオリジナル超小型モビリティの正式名称を「mibot」と発表! 世界で活躍するイラストレーターのカミガキヒロフミさんとのコラボも実現
KGモーターズがオリジナル超小型モビリティの正式名称を「mibot」と発表! 世界で活躍するイラストレーターのカミガキヒロフミさんとのコラボも実現
THE EV TIMES
岡本裕生、2連続ポールを獲得「いい流れを決勝に繋げたい」/2024全日本ロード第3戦SUGO JSB1000予選
岡本裕生、2連続ポールを獲得「いい流れを決勝に繋げたい」/2024全日本ロード第3戦SUGO JSB1000予選
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

463.0583.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0198.0万円

中古車を検索
159 スポーツワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

463.0583.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村