現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ

ここから本文です
新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ
写真を全て見る(5枚)

 この記事をまとめると

■新型が発表されたいまでもフリードの人気は衰えていない

ステップワゴンは「フルモデルチェンジ失敗」ではなかった! 発売から2年が経って急激に売れ行きを伸ばしているワケ

■そもそもライバルが少ない上にライバルにはないアドバンテージ要素が多いクルマだった

■在庫も豊富に揃えており値引きなども好条件だったことが人気を後押しした

 フリードの勢いは衰える気配なし!

 いま注目される新型車といえば、コンパクトミニバンのホンダ・フリードが筆頭に挙がる。2024年5月9日に概要が公開され、販売店では10日から価格を明らかにして予約受注を開始した。6月には正式発売される。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

10年も輸入車トップを堅守! 日本でメルセデス・ベンツが売れるワケ
10年も輸入車トップを堅守! 日本でメルセデス・ベンツが売れるワケ
WEB CARTOP
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
くるまのニュース
新車1500万円で買ったクルマが5年で下取り500万円! 高級輸入車の大幅値落ちには「お金持ち」特有の考えが影響していた
新車1500万円で買ったクルマが5年で下取り500万円! 高級輸入車の大幅値落ちには「お金持ち」特有の考えが影響していた
WEB CARTOP
ちょっといいものを買った感がある──新型ホンダ・フリード e_HEVクロスター試乗記
ちょっといいものを買った感がある──新型ホンダ・フリード e_HEVクロスター試乗記
GQ JAPAN
小型ミニバン「シエンタ」「フリード」どっちがいい? 価格や装備がかなり違う!? 「ライバル車」ベストな選び方とは
小型ミニバン「シエンタ」「フリード」どっちがいい? 価格や装備がかなり違う!? 「ライバル車」ベストな選び方とは
くるまのニュース
新型フリードが気になる人は注目! 室内装備から広さにシートの座り心地まで徹底的にチェックした
新型フリードが気になる人は注目! 室内装備から広さにシートの座り心地まで徹底的にチェックした
WEB CARTOP
「とりあえず付けときゃ売れる」的な安易な発想……だけど結構あった! いまや絶滅危惧種の3列シートステーションワゴン
「とりあえず付けときゃ売れる」的な安易な発想……だけど結構あった! いまや絶滅危惧種の3列シートステーションワゴン
WEB CARTOP
毎年車検になるのに変更するのはナゼ? 乗用車をわざわざ「4ナンバー化=商用車登録」するメリットとは
毎年車検になるのに変更するのはナゼ? 乗用車をわざわざ「4ナンバー化=商用車登録」するメリットとは
WEB CARTOP
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
くるまのニュース
トヨタ シエンタ(2022/08-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉このサイズで最大7名乗車が可能な、コンパクトミニバンの定番モデル
トヨタ シエンタ(2022/08-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉このサイズで最大7名乗車が可能な、コンパクトミニバンの定番モデル
月刊自家用車WEB
日産の「斬新コンパクトミニバン」が凄い! トヨタ・ホンダに対抗!? 「ベッド仕様」に注目! 「小さな3列車」どんな人が買う?
日産の「斬新コンパクトミニバン」が凄い! トヨタ・ホンダに対抗!? 「ベッド仕様」に注目! 「小さな3列車」どんな人が買う?
くるまのニュース
【フリード vs シエンタ】スペック比較…人気のミニバン、ガソリンモデルの違いは?
【フリード vs シエンタ】スペック比較…人気のミニバン、ガソリンモデルの違いは?
レスポンス
三菱の新型「パジェロ“ミニ”」登場!? 斬新「ゴツゴツボディ」&超タフ顔! 伝説的「“軽SUV”」11年ぶりに復活か?
三菱の新型「パジェロ“ミニ”」登場!? 斬新「ゴツゴツボディ」&超タフ顔! 伝説的「“軽SUV”」11年ぶりに復活か?
くるまのニュース
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
ベストカーWeb
大人気クラウン四兄弟一番売れているのはどれ? 人気は「スポーツ」? それとも…??
大人気クラウン四兄弟一番売れているのはどれ? 人気は「スポーツ」? それとも…??
ベストカーWeb
やっぱりクルマは初代だよ……なんて盲信的な理由じゃない! 初代フィアット・パンダの魅力は比肩なきホンモノなのだ
やっぱりクルマは初代だよ……なんて盲信的な理由じゃない! 初代フィアット・パンダの魅力は比肩なきホンモノなのだ
WEB CARTOP
【試乗】新型フリードはバカ売れ確実! ライバル震撼どころかクラス超え! 公道で乗ったらあまりのデキに圧倒された
【試乗】新型フリードはバカ売れ確実! ライバル震撼どころかクラス超え! 公道で乗ったらあまりのデキに圧倒された
WEB CARTOP
新型登場から早くも半年が経過。スズキ スイフトの販売動向などを検証してみよう
新型登場から早くも半年が経過。スズキ スイフトの販売動向などを検証してみよう
Webモーターマガジン

みんなのコメント

29件
  • G.O.B
    新型出す意味ないんじゃ?

    ほんとにそう思ってるなら車の記事書く記者辞めな

    頭悪すぎだろ
  • 松風
    ハイブリッドモデルなら買う価値あるかもだけどガソリンモデルなら現行モデルで十分でしょう。コスパ悪いし
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.8343.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.8385.0万円

中古車を検索
フリードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.8343.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.8385.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村