現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 群雄割拠の時代で一番魅力な軽はどれだ!?

ここから本文です

群雄割拠の時代で一番魅力な軽はどれだ!?

掲載 更新 49
群雄割拠の時代で一番魅力な軽はどれだ!?

 実用性と手軽に運転できる楽しさから人気が集中、ニューモデルも投入され激戦が繰り広げられているる軽自動車。

 そんな軽にも来年以降、徐々にハイブリッドが搭載されることが予想され、より魅力的な軽自動車が登場すること必至である。

「大物」たちの新型全情報! 次期プリウス、次期クラウン、次期スカイライン…最新開発情報

 ここでは2022年以降の軽の最新情報に注目してみたい。

※本稿は2021年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】こっちも気になる!? 先日発表されたスズキの「ワゴンRスマイル」をギャラリーでチェック!

■スズキ 新型ワゴンR(2021年12月登場予定)

 現在一部改良を重ねながら6代目の現行ワゴンRが販売されている。多くのユーザーに今なお愛され続けている人気モデルだが、そのワゴンRも新型の代替わりが今年12月に控えている。

 7代目になる新型ワゴンRでは、現行モデルでも採用されているプラットフォームHEARTECTがさらにブラッシュアップされ、乗り心地がより上質に、ハンドリングの質もさらに高次元の仕上がりとなる。

7代目ワゴンRでは各部に改良を施しハンドリングの質をより高めたHEARTECTを採用。乗り心地にも磨きがかかる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 エンジンは急速燃焼、クールドEGRなどの新技術を盛り込んだR06D型直列3気筒エンジンが搭載されるが、そのままキャリーオーバーするのではなく、さらに性能を底上げされたものが搭載される。マイルドハイブリッドも同様である。

 エクステリアは大幅に変更させ、スティングレーの設定は7代目でも継続の見通しだ。

■ダイハツ 新型ムーヴ(2022年2月登場予定)

 スズキでは7代目ワゴンRの登場が控えているが、そんなワゴンR最大のライバルであるダイハツムーヴもそれを迎え撃つべく新型の開発が着々と進んでいるところだ。

 新型ムーヴではダイハツが総力をあげて開発したプラットフォーム、DNGAを採用。居住性などを損なわずにハンドリングの質も向上させる。

将来的にはハイブリッドモデルも追加されるといわれているが、果たして!?(画像はベストカー編集部による予想CG)

 搭載されるエンジンは660cc直3でNAとターボ両方を設定する。

 さらに電動パーキングの採用、全車速対応最新型ACCも載るとされる。発売は来年2月と予想。発売が待ち遠しい!

■ダイハツ ジムニー対抗SUV(2022年10月登場予定)

 現在、軽自動車のラインナップで唯一無二の存在であるスズキジムニー。

 対抗馬となるクルマが不在のため、いわば独壇場ともいえる状況が続いているが、それに待ったをかける存在がダイハツから来年10月に登場する。

ジムニーが苦手とするオンロードでの走りを磨き差別化を図るとされる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 現在開発中の車種のためペットネームは不明だが、この新型SUVはジムニーとまったく同じキャラクターにするといったことはせず、FFベースで直3ターボに電子制御技術を駆使したダイナミックコントロール4WDを組み合わせ、悪路はもちろんオンロードでも快適な走りを両立するのが特徴となる。

■スズキ 新型アルト(2022年1月登場予定)

 スズキから発売されているハッチバック型軽自動車アルトの9代目となる新型が来年1月頃に登場する予定。

NAの直3マイルドハイブリッドとは別にターボエンジンも用意するという(画像はベストカー編集部による予想CG)

 スズキの新型車から順次採用されているプラットフォームHEARTECTの改良型を採用。エンジンには新開発の直列3気筒NAエンジンが搭載され、より回転フィーリングが優れた走りを実現する。

 また、9代目アルトにもマイルドハイブリッドが用意され高い経済性を発揮する。

 ここで気になるのは車体コストだがそこはスズキの得意技。徹底的なコスト管理の元、車体価格を抑え込む。

【画像ギャラリー】こっちも気になる!? 先日発表されたスズキの「ワゴンRスマイル」をギャラリーでチェック!

こんな記事も読まれています

アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
レスポンス
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
バイクブロス
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
Webモーターマガジン
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
くるまのニュース
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
バイクのニュース
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
ベストカーWeb
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
Auto Messe Web
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
くるまのニュース
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
バイクブロス
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
OPENERS
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
くるまのニュース
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイクブロス
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
月刊自家用車WEB
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

49件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.2147.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.6236.0万円

中古車を検索
ワゴンRスマイルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.2147.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.6236.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村