現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【いまなら3桁万円!】マセラティは「ボーラ」派?「メラク」派? リアスタイルのカッコよさで70年代キッズのハートを掴んだ「メラク」とは【スーパーカー列伝18】

ここから本文です

【いまなら3桁万円!】マセラティは「ボーラ」派?「メラク」派? リアスタイルのカッコよさで70年代キッズのハートを掴んだ「メラク」とは【スーパーカー列伝18】

掲載 12
【いまなら3桁万円!】マセラティは「ボーラ」派?「メラク」派? リアスタイルのカッコよさで70年代キッズのハートを掴んだ「メラク」とは【スーパーカー列伝18】

ボーラのV8をV6に載せ替えた廉価版、では終わらない魅力がメラクにはあった

1970年代中ごろ、子どもたちの周りにあるさまざまなモノがクルマ関連グッズと化した空前絶後の「スーパーカーブーム」。当時の子どもたちを熱狂させた名車の数々を振り返るとともに、今もし買うならいくらなのか? 最近のオークション相場をチェック。今回は当時マセラティ・ファンの子どもたちの間で「ボーラ」と人気を二分した「メラク」が主人公です。

北関東で発見した納屋物件! 正真正銘AMGがチューニングした「ギャランAMG」路上復活作戦スタート【ギャランAMG長期レポ】

そこはかとなくフランスの香りが漂う独特の成り立ち

イタリアン老舗ブランドのひとつであるマセラティは、V8ミッドシップモデルの「ボーラ」を擁してスーパーカーの世界に参入してきた。1971年に発表されたボーラには弟分の「メラク」(1972年デビュー)が存在しており、この2台がほぼ同じボディを採用していたことにより、スーパーカーブーム全盛時に多感な時期を過ごしたマセラティ・ファンの子どもたちはボーラ派とメラク派に二分された。ちなみに1971年生まれの筆者はメラク派であった。

ボーラとメラクの関係性は、イタリア語を語源とするカフェラテ(caffè latte)とフランス語を語源とするカフェオレ(café au lait)の関係性に似ていた。どういうことかというと、ボーラに搭載されていたV型8気筒エンジンはマセラティ伝統のパワーユニットだったが、メラクはフランス車であるシトロエン「SM」用にマセラティが開発したV型6気筒エンジンを積んでいたからだ。一見するとほぼ同じだが、成り立ちが異なるので、じっくり味わってみると両者は違ったわけである。

メラクはボーラよりも下のマーケットに投入するために用意された廉価モデル。スーパーカーブーム全盛時にランボルギーニ「カウンタック」やフェラーリ「BB」のライバルとして扱われたボーラをベースとして、当時の親会社であったシトロエンのパーツを使うことで安価での販売を可能としていた。逆輸入(?)したV型6気筒エンジンのみならず、油圧式のブレーキシステムなどもシトロエンから導入されたものだ。

パワーアップしたメラクSSの登場も胸熱ポイントだった

筆者はメラク派だったが、正直に告白すると、上記のような誕生の経緯やスペック、そして、シートが2+2になっているといったようなことはまったく気にしていなかった。ただ単にメラクのエンジンフードの左右にある、ファストバックをイメージさせる梁のような構造がカッコよかったので、ボーラよりもメラクのほうが好きだったのだ。

参考までに記しておくと、このファストバックのようなスタイルを実現した梁は、外観上のアクセントになっただけではなく、エンジンルームの排熱効果のアップ、後方視界の改善などにもつながったので、一部のマセラティ・マニアの間では現在も評価が高い。

個性的なノッチバックスタイルだけがメラク派となった少年たちを熱くさせていたわけではなく、1975年にV型6気筒エンジンの最高出力が通常版の190psから220psにパワーアップされたメラクSSが追加設定されたことも胸熱ポイントとなった。いまも昔も車名の最後に「SS」とかが付くと速く感じるもので、ボーラはボーラのまま1978年に引退したが、メラクはメラクSSに進化したこともあって、「なんか勇ましいねぇ~」といった印象になったのだ。

筆者が子どもの頃に読んだポケット百科に「メラクSSは、エンジンの排気量が3Lながらスーパーカーとして抜群の操縦性を誇っている。やはり、レースキャリアが長いマセラティは伝統を感じさせる名門というわけだ」と記されていたこともあり、メラク派の少年たちはその活字を見て「SS」のスゴさを痛感した。

いまメラクを狙うなら維持の心配が少ない後期型がオススメ

メラクは1983年まで造られたが、総生産台数が1830台だったといわれており、530台前後がラインオフした兄貴分のボーラより商業的にも成功したのであった。

販売面でボーラを凌駕したメラクはいまでも人気モデルとなっており、2020年6月にドイツでRMサザビーズが開催した「THE PETITJEAN COLLECTION」オークションでは1978年式メラクSSが3万3000ユーロ(当時レートで邦貨換算約400万円)で落札された。オリジナルエンジンを搭載しているが、アメリカ仕様とのことなので、リーズナブルと思えるこの価格での落札となったのだろう。

1975年にシトロエンSMが生産終了となったことでメラク・シリーズはシトロエンとの部品共用をやめ、一般的なサーボを持つブレーキとなっている。この1978年モデルのメラクSSは油圧式のブレーキシステムなどに悩まされることがなく維持しやすいのであった。買った人のセンスのよさに拍手を送りたいと思う。

■「スーパーカー列伝」連載記事一覧はこちら

こんな記事も読まれています

ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
AUTOCAR JAPAN
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
LE VOLANT CARSMEET WEB
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
AUTOSPORT web
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
月刊自家用車WEB
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ベストカーWeb
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
WEB CARTOP
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
motorsport.com 日本版
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
WEB CARTOP
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
motorsport.com 日本版
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
motorsport.com 日本版
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
月刊自家用車WEB
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
Webモーターマガジン
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
AUTOCAR JAPAN
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
motorsport.com 日本版
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
乗りものニュース

みんなのコメント

12件
  • BB派、カウンタック派はあったけど、ボーラ派、メラク派というのは無かったよ
  • マゼラーティやマセラッティの方が、北部では歓迎される
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

282.5341.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.866.0万円

中古車を検索
ボーラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

282.5341.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.866.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村