現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ノーマルとはまるでベツモノ! Z NISMOの 魅力をビビり根性MAXの編集者が伝える!

ここから本文です

ノーマルとはまるでベツモノ! Z NISMOの 魅力をビビり根性MAXの編集者が伝える!

掲載 8
ノーマルとはまるでベツモノ! Z NISMOの 魅力をビビり根性MAXの編集者が伝える!

 昨夏の2024年モデル発表時に追加されたフェアレディZ NISMO。パワーは増し、外観もアグレッシブになったのに、イマイチ褒めたたえる話が少ない気がしないでもない。いやいや、このクルマ見るべきところありますよ! ってなわけで、幸運にも乗る機会を得た筆者が、褒めてみる。

文・写真:ベストカーWeb編集部

ノーマルとはまるでベツモノ! Z NISMOの 魅力をビビり根性MAXの編集者が伝える!

■「1m動かしただけで、ノーマルZとは明らかに違う雰囲気……!!」

これがフェアレディZ NISMO。ちなみに写真でステアリングを握るのは、レーシングドライバー・山野哲也氏だ

 自動車雑誌の編集者というと、運転が上手いというイメージを持たれる方もいるかもしれない。確かに運転が上手い編集者はいる。だが、筆者はそうではない。

 ビビリゆえサーキットで速くクルマを走らせるようなことはできない。だがそれでもいいと思っている。編集者の仕事とはクルマを速く走らせることではなく、撮影現場まで無傷でクルマを運ぶことだからだ。負け惜しみだ。

 しかしビビリゆえ変な能力が伸びた。その能力とはちょっと動かしただけで警戒すべきクルマがわかることだ。

 ここでいう警戒とは「壊れそう」とか、そういうことではない。「そう簡単には能力の上限が予想できるところまで行きそうにないから、しばらくはおとなしく運転しよう」という、ビビリ根性にもとづくものだ。

 そして最近、そのアラートが脳内に鳴り響いたのがフェアレディZ NISMOだった。メーカーが貸し出す広報車に乗り、1m前進させただけでノーマルZとは明らかに違う雰囲気がわかった。

■直感的に浮かんだ。「997時代のポルシェGT3の雰囲気に似ている」

手前がZ NISMO、奥がノーマルZ。Z NISMOのエンジンはノーマルZ より15ps/4.6kgm加算されたスペック

 これまた評論家ではないゆえ曖昧な言葉でしか伝えられなくて恐縮だが、クルマから伝わる「シッカリ感」がハンパなく上がっているのだ。

 このシッカリ感が、ある種怖い。これは輸入車含め高性能スポーツだけが持っているものだからだ。

 直感的に浮かんだのは「997時代のポルシェGT3の雰囲気に似ている」だ。まぁ、GT3に乗ったのはかなり昔なので単なる勘違いの可能性もなくはないが、とにかくそう思ったのだ。

 横浜の日産本社から会社までの1時間弱、手には汗がにじんでいた。重いステアリングフィールも、クルマから「変なことするなよ」と警告されているようだ。

 ATなのだから加速は簡単だ。だが、重いステアリングと路面状況をかなり正確に伝えてくる足回りに、ビビリ度MAXの脳細胞が「とりあえず会社までおとなしく帰ったら?」と加速を躊躇させる。

 ノーマルZ に15ps/4.6kgm加算されただけなのに、アクセルを踏んだ先が想像できず、結局、手汗だけはタップリかきながら会社に着いてしまった。

 ステアリングがアルカンターラなのは、おそらく筆者のようなビビリがかく手汗を考慮してのことに違いない。

■少なくとも一週間はともに過ごさないと「よさ」はわからない

走るZ NISMO(左)とノーマルZ。どっちも……格好いい!

 このクルマ、余裕を持って乗り回せるようになるには、少なくとも一週間はともに時間を過ごす必要がある。フェアレディZ NISMOの真の評価は、購入したユーザーのみができる、ということになるのだろう。

 筆者もZ NISMOが欲しい。だが920万400円の車両価格は、筆者が現在かき集められる予算より、ほんの800万円ほど高い。

 そもそも注文できるのか、という問題もある。が、そのへんは生産工場である栃木のインテリジェントファクトリーが、ついに本気を出すとの話もある。

 筆者はフトコロ具合の関係で入手は難しい。が、「昨日も札束で焚き火した」というバブリッシュな方なら、話は別だ。ちょっとお近くのディーラーに相談してみてはどうだろう。

こんな記事も読まれています

R34GT-Rはタービン交換に40万円!? 中古で激安の過走行車購入はアリなの? 10年/10万kmのメンテ費用はいくらかかるのか
R34GT-Rはタービン交換に40万円!? 中古で激安の過走行車購入はアリなの? 10年/10万kmのメンテ費用はいくらかかるのか
ベストカーWeb
うおおおお!!!!!!!! やっぱあったじゃん新型マツダ6セダン!!! 待望のFRで高級サルーン爆誕か!?!?
うおおおお!!!!!!!! やっぱあったじゃん新型マツダ6セダン!!! 待望のFRで高級サルーン爆誕か!?!?
ベストカーWeb
スズキ「Vストローム250SX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム250SX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「スイフト」が英国で圧倒的支持を受ける理由 顧客満足度8度目の1位、信頼性ランキングも2位という揺るぎない実績
スズキ「スイフト」が英国で圧倒的支持を受ける理由 顧客満足度8度目の1位、信頼性ランキングも2位という揺るぎない実績
Merkmal
異次元のSTIモデルだ! 歴代Sシリーズで唯一SがつかないR205の走りがヤバすぎた!!!
異次元のSTIモデルだ! 歴代Sシリーズで唯一SがつかないR205の走りがヤバすぎた!!!
ベストカーWeb
最高のミニバンキャンパーはこれだ! 4人が寝られるトヨタ ノアがベースのキャンパー
最高のミニバンキャンパーはこれだ! 4人が寝られるトヨタ ノアがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
AUTOSPORT web
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
ベストカーWeb
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web

みんなのコメント

8件
  • マキトシ
    売ってない物の話をされてもな。
  • gtr********
    15PS上がったZを
    1m走って分かったんだって
    オレは、分かりません
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

105.8128.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8126.5万円

中古車を検索
Zの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

105.8128.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8126.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村