現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ XC60 T5 SEはエントリーモデルだが、実は「本命」モデルだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
ボルボ XC60 T5 SEはエントリーモデルだが、実は「本命」モデルだった【10年ひと昔の新車】
写真を全て見る(3枚)

2010年8月、ボルボの人気モデル「XC60」に2L直4ターボエンジンを搭載したFF仕様の「T5 SE」が追加されて注目を集めた。それまで3L直6ターボの4WDモデル「T6」で人気を集めていたが、よりカジュアルなXC60の登場はどのように受け入れられたのか。Motor Magazine誌では登場間もなく試乗テストを行っているので、今回はその時の模様を振り返ってみよう。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

【MotoGP】マルケス、得意のCOTAで3番手発進も「他のサーキットより大きく、スタイルを変える必要がある」
【MotoGP】マルケス、得意のCOTAで3番手発進も「他のサーキットより大きく、スタイルを変える必要がある」
motorsport.com 日本版
グーマガ 今週のダイジェスト【4/6~4/12】トヨタ専用テストコースの“本気度”
グーマガ 今週のダイジェスト【4/6~4/12】トヨタ専用テストコースの“本気度”
グーネット
【スーパーGT岡山】23号車MOTULのクインタレッリ、予選Q2担当もペース上がらず6番手……しかし決勝には手応えアリ?「僕らはトヨタ勢よりも良さそうに見えたんだ」
【スーパーGT岡山】23号車MOTULのクインタレッリ、予選Q2担当もペース上がらず6番手……しかし決勝には手応えアリ?「僕らはトヨタ勢よりも良さそうに見えたんだ」
motorsport.com 日本版
「レヴォーグ」vs「カローラ クロス」実用性と使い勝手で選ぶならどっち?
「レヴォーグ」vs「カローラ クロス」実用性と使い勝手で選ぶならどっち?
@DIME
タイム合算方式の新予選が生んだ、“悔しいポールシッター”。Q1で5番手の山下健太がアタックを振り返る「ドライバーとして情けない」
タイム合算方式の新予選が生んだ、“悔しいポールシッター”。Q1で5番手の山下健太がアタックを振り返る「ドライバーとして情けない」
motorsport.com 日本版
ファルケン・モータースポーツ、2024年ニュルブルクリンク24時間のドライバーラインアップを発表
ファルケン・モータースポーツ、2024年ニュルブルクリンク24時間のドライバーラインアップを発表
AUTOSPORT web
キーワードは”人”。日本の老舗機械メーカー、コマツがウイリアムズF1と大型契約を結んだワケとは? 今後の展開を訊く
キーワードは”人”。日本の老舗機械メーカー、コマツがウイリアムズF1と大型契約を結んだワケとは? 今後の展開を訊く
motorsport.com 日本版
「VTEC+ターボ+4WD」! ホンダが“全部盛り”の新型スポーツセダン「タイプS」実車展示! 圧倒的な「走行性能」実現した新型TLX NYに登場
「VTEC+ターボ+4WD」! ホンダが“全部盛り”の新型スポーツセダン「タイプS」実車展示! 圧倒的な「走行性能」実現した新型TLX NYに登場
くるまのニュース
【MotoGP】アメリカズGP初日にレコード更新のマルティン「まだマージンがあった」このまま週末席巻できる?
【MotoGP】アメリカズGP初日にレコード更新のマルティン「まだマージンがあった」このまま週末席巻できる?
motorsport.com 日本版
圧巻のオフロード性能を見逃すな! 三菱の新型「トライトン」は都会も悪路も走れる万能ピックアップトラックだった【動画】
圧巻のオフロード性能を見逃すな! 三菱の新型「トライトン」は都会も悪路も走れる万能ピックアップトラックだった【動画】
WEB CARTOP
【2024年版】日産 ノート VS 日産 キックスを徹底比較
【2024年版】日産 ノート VS 日産 キックスを徹底比較
グーネット
これはガレージに収めたい! 新型グラントゥーリズモは見事な出来栄え
これはガレージに収めたい! 新型グラントゥーリズモは見事な出来栄え
グーネット
ブリッツがスロットルコントローラー「Power Thro」とターボ車ブーストアップ製品「Power Con」に『スペーシアカスタム』の適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「Power Thro」とターボ車ブーストアップ製品「Power Con」に『スペーシアカスタム』の適合を追加
レスポンス
【MotoGP】ジョアン・ミル、ホンダの24年マシンに不満「僕らは間違った方向性を選択してしまった」
【MotoGP】ジョアン・ミル、ホンダの24年マシンに不満「僕らは間違った方向性を選択してしまった」
motorsport.com 日本版
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
VAGUE
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
くるまのニュース
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.5835.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.5835.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村