サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヤマハ日髙祥博社長、初タイトル決めたクアルタラロに「心から祝福したい。達成できたことに感動しています」

ここから本文です
 10月24日、イタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで2021年MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝が行われ、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が4位入賞。2021年シーズン残り2戦を残し、最高峰クラスで初のタイトルを獲得した。この結果に対し、ヤマハ発動機株式会社の日髙祥博代表取締役社長、ヤマハ・モーター・レーシングのマネージング・ディレクターを務めるリン・ジャービスがヤマハのプレスリリースでコメントを発表している。

おすすめのニュース

サイトトップへ