現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 蘇った ”福野さんの” 365BB

ここから本文です

蘇った ”福野さんの” 365BB

掲載 10
蘇った ”福野さんの” 365BB

「フェラーリを通販で買う方法」と題して、モータージャーナリストの福野礼一郎さんがイギリスから個人輸入したフェラーリ365GT/4 BBの記事を発表したのは、もう20年近く前の2005年のこと。

イギリスでの現車確認を行わず、販売店のウェブサイトに掲載された低解像度の写真だけを見て30年落ちの12気筒フェラーリを購入するという暴挙をまとめた原稿をハラハラしながら読んだことを今でも覚えているが、輸入した365BBのその後がずっと気掛かりだった。

【このカマロなんぼ?】世界で最も個性的なクルマ アメ車好きには応えられない1台 シボレー カマロがリーズナブルな価格で販売中

輸入直後に行われたエンジンのオーバーホールは順調に終わり、エンジンの写真集が発売されたものの、ボディのレストアに苦戦。しばらくして、レストアが未完了のまま福野さんが車を手放されたという話が漏れ伝わってきていたのだ。

あの右ハンドルの365BBはどうなってしまったのか?この20年の間、そのことがずっと頭の片隅で気になっていた。だからオートモビルカウンシルの会場で、レストアが完了した元福野さん所有の365BBの姿を見つけた時には、行方不明だった旧友とやっと再会できたような気持ちになった。

生きていてくれて本当にありがとう!真っ赤な365BBを前にしばし立ち尽くし、福野さんの原稿を何度も何度も読み返した2005年の当時から今に至るまでの自分の人生を振り返ったりしながら、このBBが辿った苦難の道のりに想いを馳せた。整備工場にとって決して割の良い仕事ではないレストアは、完成すること自体が一種の奇跡である。そして、奇跡を起こすのはお金だけでは足りず、オーナーの情熱をもってしてもまだ足りない。エンジンやボディ、内装など多岐に渡る作業を行う関係者全員の執念と高いプロ意識こそが一台のフルレストア車を作り上げるのだ。

この365BBは、内装色こそオリジナルの黒からベージュに変更されていたものの、その他はオリジナルを復元すべくレストアされているように見えた。中期型までの365BBの特徴であるスウェード張りのダッシュボードが再現されているのが特に印象的である。ワイドフェンダーの512BBやテスタロッサとは異なる細身かつシャープなプロポーションは、ライバルのカウンタックLP400とはまた別の魅力に溢れているが、この辺りの雰囲気も新車当時を思わせる仕上がりだった。

福野さんとこの365BBが再会する日が訪れますように。

Text&Photo:アウトビルトジャパン

こんな記事も読まれています

運転が好きになる小型車「スズキ スイフト」
運転が好きになる小型車「スズキ スイフト」
AutoBild Japan
【中古車テスト】1980年以来「フィアット パンダ」は特に賢い小型車のひとつである 中古パンダのテスト&チェック&評価!
【中古車テスト】1980年以来「フィアット パンダ」は特に賢い小型車のひとつである 中古パンダのテスト&チェック&評価!
AutoBild Japan
「ランボルギーニBMW」といわれた「M1」がたったの5750万円!? 安い理由はグレーな来歴のせいでした
「ランボルギーニBMW」といわれた「M1」がたったの5750万円!? 安い理由はグレーな来歴のせいでした
Auto Messe Web
いまやミニ「1275GT」が300万円オーバーに! かつての不人気車はビミョーなスタイリングと台数の少なさから価格上昇中です
いまやミニ「1275GT」が300万円オーバーに! かつての不人気車はビミョーなスタイリングと台数の少なさから価格上昇中です
Auto Messe Web
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
AutoBild Japan
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
AutoBild Japan
どんなバイクか説明できる? 古いバイクで度々目にする「レストア済み」の意味
どんなバイクか説明できる? 古いバイクで度々目にする「レストア済み」の意味
バイクのニュース
さよならV10&ハローV8ツインターボ!ランボルギーニ ウラカン後継車は高回転型800馬力V8ツインターボ搭載の野獣!
さよならV10&ハローV8ツインターボ!ランボルギーニ ウラカン後継車は高回転型800馬力V8ツインターボ搭載の野獣!
AutoBild Japan
【世界一豪華なオークション】RMサザビーズ モナコオークション その2 イタリア車編 アルファ、ランチア、ランボ&フェラーリ!
【世界一豪華なオークション】RMサザビーズ モナコオークション その2 イタリア車編 アルファ、ランチア、ランボ&フェラーリ!
AutoBild Japan
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
バイクのニュース
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
AutoBild Japan
彼女のマツダ「RX-7」は175台限定の「タイプRZ」でした! ドレスデザイナーがFD3Sを選んだ理由と愛車に巡り合ったストーリーとは
彼女のマツダ「RX-7」は175台限定の「タイプRZ」でした! ドレスデザイナーがFD3Sを選んだ理由と愛車に巡り合ったストーリーとは
Auto Messe Web
【クラシック オブ ザ デイ】90年代の名車「BMW 3シリーズ コンパクト(E36)」ルックスは好みの問題だが、その走りは素晴らしかった
【クラシック オブ ザ デイ】90年代の名車「BMW 3シリーズ コンパクト(E36)」ルックスは好みの問題だが、その走りは素晴らしかった
AutoBild Japan
ワイルドなメルセデス190といえばこれ!「ブラバス 190E 3.6S」はベビーベンツをモンスターへと変身させた!
ワイルドなメルセデス190といえばこれ!「ブラバス 190E 3.6S」はベビーベンツをモンスターへと変身させた!
AutoBild Japan
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
Auto Messe Web
中古のトヨタ「ランドクルーザー」価格高騰! それでも欲しい!? 購入時に注意すべき“意外なこと”は?
中古のトヨタ「ランドクルーザー」価格高騰! それでも欲しい!? 購入時に注意すべき“意外なこと”は?
くるまのニュース
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
WEB CARTOP
今こそ3ドアのスライドドア式だ!! 価格はまさかの40万円! こんなスタイル見たことない[プジョー1007]
今こそ3ドアのスライドドア式だ!! 価格はまさかの40万円! こんなスタイル見たことない[プジョー1007]
ベストカーWeb

みんなのコメント

10件
  • けいち
    車の神様読んでました。スティック荒井さんとイギリスの中古車サイトを見て、購入して、スピンナーをぶっ叩いて潰れた鉛ハンマーも成形して…何度も読み返してバラバラになった365の顛末は休刊になった為解らずじまいでしたが、生涯最後の車にするはずが手放してたんですね…色々事情が有りそうですが、どこかでまた記事を読みたいものです。
  • malco
    【礼一郎がイギリスの中古車屋のwebサイトで365 BBを見つけたのは2003年11月27日のことだった。一目見るなり「これは」と思った。そのwebに掲げられていたのは今どき100万画素級の低解像度カメラで撮影されたボッケボケの写真たった3枚。一体それのどこに「ピンときた」のか。】

    この車の購入までの顛末を示した「クルマの神様 フェラーリを通販で買う方法」は、車以外にもあらゆることに精通している福野氏の真骨頂と言えるような内容が、これまた車に超詳しいスティック荒井氏との対談形式で綴られていて、大変読み応えのある記事だった。

    何しろ中古車選びの極意の第一条に「中古車は車種より程度と心せよ」とするご本人が、あっさり程度より車種で買ってしまうところを荒井氏に指摘されて謝ったりと、一筋縄ではいかない車好きが垣間見れて面白かった。

    あの車がこれなんだ、と結構感慨深い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5193.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.9185.9万円

中古車を検索
bBの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5193.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.9185.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村