サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シューマッハにヒント!? 日本人F1ドライバーがなかなか生まれないのは実力以外に理由あり?

ここから本文です
 2017年のF1も残すところあと1戦。日本勢では、ホンダが復帰3年目を奮闘中だ。いっぽう日本人F1ドライバーは2014年の小林可夢偉以来途絶え、2018年も誕生の可能性は低い。F1には過去に多くの日本人ドライバーがいた。中嶋悟に始まり鈴木亜久里、片山右京、中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨、中嶋一貴、小林可夢偉……彼らはそれなりの活躍をして、充分にF1ドライバーの才能を発揮していた。しかし、ほぼ全てのドライバーが志半ばで、F1を去ってしまった。

 野球やスケート、卓球など多くのスポーツで若い日本人スターが世界を舞台に活躍している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン