現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【BMWコンプリート】最新Mモデルがさらに精悍さを増すBMW純正アクセサリーの真価をStudie AG会長の鈴木BOB康昭氏に聞いてみた

ここから本文です

【BMWコンプリート】最新Mモデルがさらに精悍さを増すBMW純正アクセサリーの真価をStudie AG会長の鈴木BOB康昭氏に聞いてみた

掲載 更新 2
【BMWコンプリート】最新Mモデルがさらに精悍さを増すBMW純正アクセサリーの真価をStudie AG会長の鈴木BOB康昭氏に聞いてみた

モータースポーツ由来の強化パーツとして、国内でもすっかり定着した「BMW M Performance Parts」。今回、新型M3/M4の装着デモカーを前に、BMWカスタマイズの第一人者にその魅力を訊いてみた。

世界中のBMWファンを惹きつけるメーカー純正の強化アイテムたち

【国内試乗】”小ベンツ”と揶揄されたのも今は昔。コンパクト・メルセデスの始祖「W201」は後世に遺したい最善のメルセデス

BMW Motorsportの創設から半世紀に渡るモータースポーツ活動を通じて、BMWの「駆けぬける歓び」というコアバリューに磨きを掛けてきたBMW M社。そのコンペティションの現場で培った技術とノウハウの結晶といえる純正アクセサリーが、「BMW M Performance Parts」だ。

ここでは、最新世代のM3とM4用アイテムの登場を機に、BMW M Performance Partsを取り巻く市場とユーザーの動向について、今シーズンのSUPER GT 300クラスにニューマシンM4 GT3で参戦する、BMW Team Studieの監督で、BMWカスタマイズに精通する鈴木BOB康昭氏に分析いただく機会が得られたので報告しよう。

【写真24枚】世界中のBMWファンを惹きつけるメーカー純正アイテムで強化されたM3とM4の詳細を写真で見る

「これまでBMWカスタマイズ&ドレスアップは、数多くの海外チューナーが主流となっていましたが、BMWがメーカー純正アクセサリーとして開発した“BMW Performance”が登場して以来、その後継の“BMW M Performance Parts”が注目を集めているでしょう。ここ数年は目の肥えたユーザーが自身が好みのアイテムを選んでいくケースが増えてきましたから、BMW M Performance Partsのブラック・キドニー・グリルやカーボン・ミラー・カバーをきっかけに、サスペンションやブレーキ、エアロダイナミック・コンポーネントといった本格的なパーツを装着するケースも多いようです。エアロパーツに関しては、空力性能への影響を考慮して正しい装着をアドバイスしたいですね」

長年、BMWユーザーに数多くのチューニングパーツやアクセサリーを供給してきただけに市場動向に敏感な鈴木氏。それではご自身はBMW M Performance Partsをどのように捉えているのだろう?

「間違いなくトップブランドです。マテリアル選びから過剰なくらいクオリティ重視ですし、エアロパーツは車両開発と同じ施設で風洞実験までしているから信頼性のレベルが違います。しかも新車/中古車の購入といっしょに正規ディーラーで注文できて、トレーニングを受けたメカニックが装着するというのは、純正アクセサリーならではのアドバンテージといえるでしょう」

なるほど、BMWのレースマシンにも採用されている高品質なCFRP(カーボン強化樹脂)製パーツなど、一分の隙もないフィッティングがM3/M4のコンプリートカーでも確かめられた。レースの現場を指揮する鈴木氏は、BMW M Performance Partsのデザインや実際のパフォーマンスについてはどうお考えなのだろうか?

「デザイン的な好みはひとそれぞれですが、M Performance Partsには世界中のBMWファンを惹きつける魅力があります。そもそもチューニングパーツはBMWが持つスポーティな特性を引き立てますが、一方で本来のエレガントさを損なってしまう。その絶妙なバランスが維持できるのは、BMW M Performance Partsだけでしょう」

では最後にBMWのカスタマイズに興味を持つ読者にアドバイスをください!

「カーボン・ミラー・カバーやサイド・ギル、ブラック・キドニー・グリルなどはドレスアップ効果とコスパが抜群です。一方、前後スポイラーやディフューザーなどは空力性能アップが期待できますので、まずデザインに惹かれたら、エアロパーツの効果を実感してみて、そこからのステップを味わって欲しい。そうすれば愛車の真価を飽きることなく楽しめるはずですから」

BMWコンプリートvol.79 2022年11月8日より好評発売中!




Contents
新型7シリーズ/i7海外試乗速報
NEW M2詳細解説
BMW&アルピナ最新モデルレビュー2022など
※お求めは全国の書店、通販サイトにて!

BMW公式サイト

こんな記事も読まれています

Sun Emperor の折り畳み可能な 3WAY 電動バイク「SE-03」が数量限定で20%オフ!
Sun Emperor の折り畳み可能な 3WAY 電動バイク「SE-03」が数量限定で20%オフ!
バイクブロス
「子連れはタクシー乗り放題に」元アイドルのつぶやき炎上に見る、子育て世帯の悲痛な声! 現役ドライバーも思わずイライラ、もはや支援強化待ったなしか?
「子連れはタクシー乗り放題に」元アイドルのつぶやき炎上に見る、子育て世帯の悲痛な声! 現役ドライバーも思わずイライラ、もはや支援強化待ったなしか?
Merkmal
ガソスタで「給油“NG”」なぜ!? 「携行缶」もダメなケースも? 給油に必要な「手続き」とは
ガソスタで「給油“NG”」なぜ!? 「携行缶」もダメなケースも? 給油に必要な「手続き」とは
くるまのニュース
高精細・広視野角HDパネルを初搭載! 映像性能を中心に使いやすさを強化したケンウッドの“彩速ナビ” 2024年モデルの新「TYPE S」シリーズとは
高精細・広視野角HDパネルを初搭載! 映像性能を中心に使いやすさを強化したケンウッドの“彩速ナビ” 2024年モデルの新「TYPE S」シリーズとは
VAGUE
店名そのまま!! 豊田市『トヨタアジフライ』で看板メニューの定食を味わう
店名そのまま!! 豊田市『トヨタアジフライ』で看板メニューの定食を味わう
バイクのニュース
ヤマハ『MT-09 SP』新型発表、ブレンボ製キャリパーにスマートキーも 24年モデルは走りと質感アップ
ヤマハ『MT-09 SP』新型発表、ブレンボ製キャリパーにスマートキーも 24年モデルは走りと質感アップ
レスポンス
最高速を欠いたポルシェ。表彰台を逃す結果に「BoPのせいじゃない」とLMDh責任者/ル・マン24時間
最高速を欠いたポルシェ。表彰台を逃す結果に「BoPのせいじゃない」とLMDh責任者/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第9戦】勝利がふさわしかったノリス。角田裕毅はスピンするまでは強力だった
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第9戦】勝利がふさわしかったノリス。角田裕毅はスピンするまでは強力だった
AUTOSPORT web
オーナーは自慢してヨシ!!! 今見ても個性際立つ国産ともフツーの輸入車ともひと味違うエキゾチックカーたち
オーナーは自慢してヨシ!!! 今見ても個性際立つ国産ともフツーの輸入車ともひと味違うエキゾチックカーたち
ベストカーWeb
飲み会のあとに女性にタクシー代を渡すのは時代遅れ!? 悩ましい「御車代」問題の今と昔。バブル時代にはアッシー君を使う「頂き女子」も
飲み会のあとに女性にタクシー代を渡すのは時代遅れ!? 悩ましい「御車代」問題の今と昔。バブル時代にはアッシー君を使う「頂き女子」も
Auto Messe Web
軽やハイエースのパトカーが速度超過車両を追跡……はない? 黒白のパトカーの種類と役割とは
軽やハイエースのパトカーが速度超過車両を追跡……はない? 黒白のパトカーの種類と役割とは
WEB CARTOP
【トライアンフ】ファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」とコラボしたカスタムバイクを TOKYO OUTDOOR SHOW2024 にて公開!
【トライアンフ】ファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」とコラボしたカスタムバイクを TOKYO OUTDOOR SHOW2024 にて公開!
バイクブロス
レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
レスポンス
277万円! 日産の新型「小さな高級車」発表に反響多数!? 「買っていい?」「欧州風で好き」 顔面刷新の「ノートオーラ」は話題の”海外展開車”にも似てる!?
277万円! 日産の新型「小さな高級車」発表に反響多数!? 「買っていい?」「欧州風で好き」 顔面刷新の「ノートオーラ」は話題の”海外展開車”にも似てる!?
くるまのニュース
罪に問えたりする? 勝手に愛車に跨られた際の不快感
罪に問えたりする? 勝手に愛車に跨られた際の不快感
バイクのニュース
車重1.5トン以下、スポーティな小型EV登場 アルピーヌ新型「A290」来年納車開始
車重1.5トン以下、スポーティな小型EV登場 アルピーヌ新型「A290」来年納車開始
AUTOCAR JAPAN
最後のル・マン挑戦で9位。目標達成の星野敏が万感「ル・マンはもう“卒業”で良いと思っています」
最後のル・マン挑戦で9位。目標達成の星野敏が万感「ル・マンはもう“卒業”で良いと思っています」
AUTOSPORT web
吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.21 みんなのスポーツカーの快作、マツダ・ロードスター。
吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.21 みんなのスポーツカーの快作、マツダ・ロードスター。
くるくら

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村