サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本でも人気上昇中! いま話題の最新「バンコン」「キャブコン」とは?

ここから本文です

日本でも人気上昇中! いま話題の最新「バンコン」「キャブコン」とは?

■一言でキャンピングカーといってもいろいろなタイプがある

 国内最大のキャンピングカーイベント、「ジャパンキャンピングカーショー2020」が、2020年1月31日から2月2日の3日間、千葉・幕張メッセで開催されました。

これはデカい! 日産の大型SUV「パトロールNISMO」は打倒ランクル!? 日産が大型SUVを日本で復活させた理由

 このイベントでは過去最大となる300台以上もの国内外のキャンピングカーが出展されました。また入場者も3日間で6万6000人を集め、盛況のうちに幕を閉じました。

 キャンピングカーは、いま日本でブームになっています。

 日本RV協会が発表した資料を見ると、国内のキャンピングカーの総保有台数は、2005年には約5万台だったのに対し、2018年では約11万2500台と、2倍以上を記録しています。

 また、国産キャンピングカーの生産台数も年々増加、2018年では5637台と過去最大となっています。このように、日本の景気が上昇するにともない、キャンピングカー人気も年々高まっていることがわかります。

 一言でキャンピングカーといっても、いくつかの種類があります。

 まずは、「キャンピングトレーラー」。これはその名のとおり、エンジンを持たずにクルマでけん引するタイプのキャンピングカーです。重量が750kg以下ならば、けん引免許はいらず普通免許で運転が可能です。ただし、ヘッド車(けん引するクルマ)には連結装置が必要になります。

「バンコン」というタイプは、日本においてはいちばん人気のキャンピングカーになります。これはトヨタ「ハイエース」や日産「NV350キャラバン」などのバンをベースに架装(コンバージョン)を施したタイプで、バンコンと略されます。

 バンコンは、一見するとキャンピングカーとはわからない見た目になりますが、車内にはキッチンや本格的なベッドルームを備えているモデルも多いのが特徴です。走行性能も、ふつうのハイエースやキャラ版と変わらず、運転しやすいのも人気の理由に挙げられます。

「キャブコン」もキャンピングカーの種類のひとつです。これはキャブオーバー(運転席がエンジンの真上にある)のトラックをベースにして架装されたモデルになります。

 キャブコンの特徴は、なんといっても居住空間の広さ。本格的なキッチンやベッドはもちろん、トイレやシャワールームまで装備したモデルも数多くあり、多くのキャンパーを魅了しています。

 そのほかにもマイクロバスを架装した「バスコン」もあります。また最近増えてきたのは、軽自動車をベースにした「軽キャンパー」です。広さ的にはミニマムですが、維持費の安さや運転のしやすさ、燃費の良さとメリットも多く、年々人気が高まっているジャンルです。

■キャンピングカーショー2020で注目だった3台

 先日開催された「ジャパンキャンピングカーショー2020」で、注目を集めていたモデルを紹介します。

売れ筋「バンコン」3兄弟は地元・岐阜産素材をふんだんに使用

 岐阜県可児市に本社を構えるトイファクトリーでは「GT」、「BADEN」、「ランドティピー」という売れ筋のバンコン3車種の最新モデルをラインアップ。

 特別仕様となる「CASA HOME STYLE EDITION」は、車内のフロアに同社の地元・岐阜県の東濃ヒノキをふんだんに使い、キッチンにはこれも地元産の美濃焼きタイルを使用しています。

「車内のインテリアは北欧の家具をイメージしています。シートには国産の尾州織物を使った生地を採用し、柔らくて暖かみのある空間を演出しています」(同社・販売担当)

頑張れば手が届くかも!? 人気『キャブコン』のキャンピングカー

 福岡県北九州市に本社があるナッツRVは、日本最大級のビルダー(ベース車両を元にキャンピングカーに必要な架装を施すメーカー)と謳うだけあり、キャブコンのほかバンコンモデルや軽キャンパーまで数多くのモデルをラインアップしています。

 写真はキャブコン「クレソン ジャーニー エボライト タイプW」。車両価格は、「人気の高いアウディのSUV『Q5』と同じくらいの価格です。

 Q5は定員乗車5名ですが、こちらは定員乗車7人で、キッチンや寛げるリビングスペースもあり、なおかつ全員の就寝スペースが確保されています」と、ナッツRVの販売担当は説明します。

「今回は居住スペースをFRPの一体成形からパネル構造に変えたことで、以前と比べて100kgも軽くなりました。また、作業工程も早くなったことで、お客さまをお待たせする期間も短くなりました」とコメントしています。

業界初のアプリを搭載! 輸入車ベースからの製作も業界初という初物づくしのキャンピングカー

 埼玉県所沢市に本社を置くバンテックが、今回のイベントで初お披露目したモデルで、輸入車をベースに製作した業界で初のキャンピングカーです。

 欧州自動車メーカーFIAT社の「デュカト」をベースに、フレームはバンテック専用に設計されたシャシを採用しています。

 同社広報の露木氏は「首都高でも高級乗用車と同じレベルで走行が可能です。そのくらいポテンシャルが高いです」とコメントしています。

 インテリアは日本製らしいおもてなしに長けた仕様となっており、高級感漂う車内には、野菜室まで設けた冷蔵庫まで装備。また、タブレットにアプリをインストールすることで車内照明のコントロールまで可能。ちなみにこのアプリに関しても「業界初です」(露木氏)とのことです。

 じつはエクステリアも一見フラットなパネルに見えますが、微妙に曲線を描いており、そうすることでボディの立体感が生まれるそうです。よく見るとフェンダーのラインなども陰影が付いており、デザインの大きなアクセントとなっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します