サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【クロカン列伝24 初代ビッグホーン編】ドイツのイルムシャー、イギリスのロータス、ビッグホーンを支えた名門

ここから本文です
1980~90年代にかけて「クロカンブーム」を支えた4WDが各自動車メーカーから続々と発売された。この連載企画では、今でいうSUVとは、ひと味もふた味も異なる「泥臭さやワイルドさ」を前面に押し出したクロカン4WDを紹介する。第24弾はいすゞ「初代ビッグホーン」だ。

デビュー時は「ロデオビッグホーン」というネーミングで登場した
1980年、タフな4WDの代表車ともいえるランドクルーザーが先だって乗用車フィールを取り入れた60系を発表し、話題を集めた。しかし、ランドクルーザー60は車体も大きく、価格も高額、誰もが簡単に手を出せる車両ではなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン