現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 走行わずか15キロの「原寸大チョロQ」を救出! パーソナルEVの先駆け「チョロQモーターズ」とは【マイクロカー図鑑】

ここから本文です

走行わずか15キロの「原寸大チョロQ」を救出! パーソナルEVの先駆け「チョロQモーターズ」とは【マイクロカー図鑑】

掲載 6
走行わずか15キロの「原寸大チョロQ」を救出! パーソナルEVの先駆け「チョロQモーターズ」とは【マイクロカー図鑑】

チョロQモーターズの「Qカー」第2弾、U(ユー)

かつてはごく少数だったBEV(内燃機関を持たず、バッテリーとモーターのみで走る電気自動車)も、もはや特別なクルマではなくなりつつある。そんな電気自動車がかまびすしく語られる現在だからこそ、約20年ほど昔、時代に先駆けて日本で生まれた小さな「電気自動車メーカー」のクルマたちを、改めて取り上げてみたいと思う。

かつてEVの「原寸大チョロQ」が存在した! 99台限定の初期モデル「キューノ」は1人乗りで航続距離80キロでした【マイクロカー図鑑】

20年前にパーソナルEVを先駆けたチョロQモーターズ

クルマ系玩具の定番として、昭和の時代から長年にわたり親しまれているタカラ(現タカラトミー)の「チョロQ」。ご存知の通りチョロQとは実車のデザインを全長50mm弱のコミカルなデフォルメのデザインに落とし込み、プルバックゼンマイ駆動で走らせて遊ぶ子ども向けミニカー玩具だ。そんなチョロQを本物のクルマとして再現し、公道を走ってみたい──。一見荒唐無稽にも思えるこのアイデアは、今から20年ほど前に、タカラ自身が手がけたBEVによって現実のものとされている。

タカラが「チョロQの実車」を生産するために子会社「チョロQモーターズ株式会社」を設立したのは2002年のこと。ちなみにロゴの表記は「CQモーターズ(シーキューモーターズ)」だが、正式な会社名は「チョロキューモーターズ」。当時のカタログなどではCQモーターズとチョロQモーターズの表記が混在している。

同社で作られるクルマ(Qカー)はいずれも1人乗りの電気自動車で、その年の7月9日には早くも同社から「Qi(キューノ)」、「U(ユー)」「QQ(ナインナイン)」の3車種が発表された。いずれもトヨタ系メーカー、アラコの小型電気自動車「エブリデーコムス」の基本コンポーネンツの供給を受け、そのシャシーにコミカルなオリジナル・デザインのボディを架装したもの。車両の開発・型式認証取得は、フォルクスワーゲン/アウディのチューニングなどで知られるコックスが担当した。これはチョロQのファンとして知られた同社の渦尻栄治社長(当時)とタカラの佐藤慶太社長(当時)との縁によって実現した協業だ。

Qカー第2弾は屋根も荷台もある「U(ユー)」

今回ご紹介するのはQカーのU(ユー)である。キューノとナインナインがいずれも「いかにもチョロQ」といったオモチャ的な外観なのに対し、このユーはフロントウインドウにワイパー、ルーフや荷台といった装備も備え、実用性を高めたモデルとなっている。

発表会の時点ではキューノとナインナインは実車が展示されていたのに対し、ユーはQカー第3弾としてレンダリング・スケッチだけが発表されていたが、実際にはQカー第1弾のキューノに続いて市販されたのはこちらのユーだった。当時の市販開始後のカタログを見ても「電気自動車Q-CARシリーズ第二弾登場!!」と表記されている。

実用方面にシフトしたユーには、ベーシック、タウン、サーフ、ペット、フィッシングと呼ばれる各種仕様が用意され、オーナーのライフスタイルに合わせて選択できた。これは当時「ライフエンタテインメント企業」を標榜していた同社の方向性にも合致するものだったろう。基本価格は仕様によって119~129万円(消費税別)であった。

ずっと休眠していた個体を譲り受けてレストア&カスタム

ユーのボディサイズは全長1990mm×全幅1070mm×全高1600mm。デザインコンシャス(?)なキューノに対し、こちらは使えるツール感が強調された外観だ。車名のユーは「4U(For You)」、すなわちUtility(実用性)、Unique(独自性)、Up coming(未来感)、Up lift(向上性)に由来する。第1弾のキューノ同様、このユーも法規的には原動機付き自転車(四輪)に区分される1人乗り電気自動車。後輪2輪にそれぞれホイールインモーターを備えたRWDで最高速度は50km/hとなっている。家庭用コンセントを用いて8時間程度で満充電、航続距離は80km(30km/h定地一定)/60km(10モード)といった基本スペック自体はキューノと共通。運転に際してはヘルメット着用義務はないが、普通四輪免許が必要だ。

一説によると200台程度が生産されたと言われるユー。今ではほとんど見ることもないこのマイクロカーのオーナーは、埼玉で動物病院を営む水口雪さんだ。この他にも多数の原付カーなどを所有する熱心な「小さいクルマ・コレクター」である。

今から13年ほど前の2010年、某所に眠っていた走行距離わずか15kmという「ほぼ新車」のこの個体に出会い、オーナーに頼み込んで特別に譲ってもらったという。

「長い間放置されていたのでバッテリーや消耗パーツは全滅。7個のバッテリーや充電器、ウィンカーやスイッチ類などほとんどの部品を交換、フロアも傷んでいたので張り替えました」

と語る水口さん。苦労の甲斐あってレストア終了後に無事ナンバーを取得、さらに電圧計を追加したりLEDのヘッドライトに交換したりと、オリジナル状態を活かしつつも一部に独自のカスタムを加え、今では元気に公道を走れる状態だ。

遊び心たっぷりのパーソナルEVだった

ゴルフ場のカートや構内のフォークリフトなど、BEVがまだ限定された用途で使われることが多く一般道を走ること自体が珍しかった時代、玩具メーカーならではの自由な発想で果敢に日本の公道を目指したタカラ/チョロQモーターズのQカー。

──遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん(『梁塵秘抄』)──

無粋なリアリストたちに「時代の徒花」といわれようと、日本の電気自動車の歴史に小さな足跡を残したQカーたちは、熱心なオーナーたちの手によって今なお多くの個体が健在である。

こんな記事も読まれています

20年前に「原寸大チョロQ」の電気自動車があった!「モダンタイムズ」の元ネタは映画『メトロポリタン』の劇中車でした【マイクロカー図鑑】
20年前に「原寸大チョロQ」の電気自動車があった!「モダンタイムズ」の元ネタは映画『メトロポリタン』の劇中車でした【マイクロカー図鑑】
Auto Messe Web
中国BYDはいったい何がスゴイのか? 新型EVセダン「シール」に試乗。
中国BYDはいったい何がスゴイのか? 新型EVセダン「シール」に試乗。
くるくら
トヨタ「キャバリエ」の主査は「プログレ」や「センチュリー」も担当していた!? 実は丁寧に「トヨタ化」された心地よいクルマでした【カタログは語る】
トヨタ「キャバリエ」の主査は「プログレ」や「センチュリー」も担当していた!? 実は丁寧に「トヨタ化」された心地よいクルマでした【カタログは語る】
Auto Messe Web
歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!
歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!
Auto Messe Web
「好きなのに乗っていいよ!」「じゃあ、フィアット8Vで!」博物館の貴重なクルマを極東のジャーナリストに預ける懐の深さよ【クルマ昔噺】
「好きなのに乗っていいよ!」「じゃあ、フィアット8Vで!」博物館の貴重なクルマを極東のジャーナリストに預ける懐の深さよ【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【ナニコレ珍車10選】ドイツで出会った激レアスポーツカー全部わかったアナタはカーマニア確定です!
【ナニコレ珍車10選】ドイツで出会った激レアスポーツカー全部わかったアナタはカーマニア確定です!
Auto Messe Web
クルマ趣味でアガリの1台といえば「フィアット500」! 元ランチア「デルタ」乗りが「ヌォーヴァ・チンク」を手に入れた感想は?
クルマ趣味でアガリの1台といえば「フィアット500」! 元ランチア「デルタ」乗りが「ヌォーヴァ・チンク」を手に入れた感想は?
Auto Messe Web
「M3」最後の自然吸気ストレート6! 1220万円と新車当時と変わらない落札はバリューがあるのか?
「M3」最後の自然吸気ストレート6! 1220万円と新車当時と変わらない落札はバリューがあるのか?
Auto Messe Web
ミツオカM55の実車を見に行ってきた! モチーフはケンメリかチャレンジャー? 発売はするの? しないの?
ミツオカM55の実車を見に行ってきた! モチーフはケンメリかチャレンジャー? 発売はするの? しないの?
ベストカーWeb
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます
Auto Messe Web
マツダ「新型ロータリースポーツカー」実車展示! 「次期RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルが登場! 再度お披露目で市販化なるか
マツダ「新型ロータリースポーツカー」実車展示! 「次期RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルが登場! 再度お披露目で市販化なるか
くるまのニュース
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
くるまのニュース
ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選
ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選
ベストカーWeb
ボルボ新型「EX30」発売 日本でも扱いやすい ボルボ史上最小サイズの電動コンパクトSUVは559万円
ボルボ新型「EX30」発売 日本でも扱いやすい ボルボ史上最小サイズの電動コンパクトSUVは559万円
VAGUE
ランボルギーニ「カウンタック」が破格の1125万円! 中身は399ccのエンジンを搭載した「キッズカー」でした
ランボルギーニ「カウンタック」が破格の1125万円! 中身は399ccのエンジンを搭載した「キッズカー」でした
Auto Messe Web
2台分のガレージが欲しくなる フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(2)
2台分のガレージが欲しくなる フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(2)
AUTOCAR JAPAN
BYDシール、実際どうなのか? 侮れないEVセダンを珠海サーキットで試す
BYDシール、実際どうなのか? 侮れないEVセダンを珠海サーキットで試す
AUTOCAR JAPAN
アンダー200万円中古車で沼にハマってみる──車が欲しい! Z世代、はじめてのマイカー選び Vol.03
アンダー200万円中古車で沼にハマってみる──車が欲しい! Z世代、はじめてのマイカー選び Vol.03
くるくら

みんなのコメント

6件
  • こんな車があったなんて知りませんでした。

    自分が高齢者になったら買い物や近所の移動はこういう車で済ませたい。

    速度はもう少し低くなっても良いので、価格をもう少し抑えて再販してくれないかなぁ。
  • BEVにプルバックシステム併用したらもっと航続距離伸びるでしょ‼️チョロQだもん♪
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

83.0142.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.834.8万円

中古車を検索
ロゴの買取価格・査定相場を調べる

ホンダ ロゴの中古車

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

83.0142.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.834.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村