現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ

ここから本文です

[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ

掲載 12
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ

 2024年央以降の発売が予定されている、クラウンシリーズ最後の刺客のエステート。新型はワゴンとSUVのクロスオーバーで、SUVの風味が強く出ている。

 しかし、クラウンエステートの歴史を遡れば、1999年登場のステーションワゴンが真っ先に思い浮かぶものだ。もうすぐ登場の新しいエステートを吟味する前に、名車と呼び声高い、元祖エステートの実力をおさらいしておこうではないか。

[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ

文:佐々木 亘/写真:TOYOTA、ベストカー編集部 ほか

■久しぶりの新型ワゴン

1999年登場のクラウンエステートのベースとなった11代目トヨタ クラウン

 クラウンエステートは、11代目クラウン(S170系)をベースに作られた。クラウンのステーションワゴンがモデルとしては、12年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたクルマなのだ。

 クラウンエステートの登場前は、1987年に登場した8代目(S130系)のワゴンモデルが、幾度もマイナーチェンジを施されて継続生産されていたという歴史がある。

 久々に大変革を起こすステーションワゴンの登場に、市場は沸いた。クラウンエステートは、新型クラウンワゴンの登場を12年も待ったファンの期待を大きく超えて、歴史に名を残すクルマに仕上げられたのだ。

■アスリートのイメージが強いがロイヤルも準備されていた

トヨタ クラウンエステート“ロイヤルサルーン”。2001年のマイナーチェンジで姿を消した

 クラウンエステートは、2001年にマイナーチェンジを受けて、グレードがアスリート単独に変わっている。登場からわずか2年余りで、ロイヤルサルーンが消えてしまったのだ。

 これにより、クラウンエステート=アスリートのイメージが強い。ただ、前期型にはクラウンの象徴でもあるロイヤルサルーンが存在していたことを、覚えておいてほしい。

 クラウングリルの周りをメッシュグリルが囲うのが、アスリートの特徴だ。グリル内には「ATHLETE」の文字も浮かぶ。その名に違わず、走りを追求したモデルとなった。

 アスリートのみに搭載されたエンジンが、2.5LターボのJZ-GTEエンジン。VVT-iとセラミック製ターボとの相乗効果で、わずか2,400回転で最大トルクを迎える。ステアリングシフトマチックによる軽快なシフトワークで、ドライビングの喜びを積極的に積み込んだワゴンだ。

 この他に、ロイヤルサルーンと共通となる3.0L直噴エンジンのBEAMS D-4と、2.5LJZ-GEエンジンを搭載する。アスリートは各グレート共通で、ゲート式のシフトレバーを採用しているのも特徴の1つだ。

 一方、ロイヤルサルーンは、クラウンのアイデンティティとも言うべき、伝統的な格子パターンのグリルを採用した。日本が世界に誇るプレミアムワゴンであり、おもてなしの心が隅々へまで宿されている。

 シフトレバーは優雅に引き下ろす直線パターンを採用。落ち着いたデザインのホイールを設定するなど、アスリートとの差別化はしっかりと行われていた。

 足回りのチューニングも、アスリートとロイヤルサルーンでしっかりと分けられている。走りを愉しむアスリートには、スポーツチューニングを施したダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用する。旋回時における重心高の上下動を押さえ、旋回・制動時にも安定した車両姿勢を確保できる硬めの足だ。

 一方、ロイヤルサルーンの足には、快適な乗り心地をもたらすための専用チューニングが施された。

■ユーティリティにも死角なし! まさに国産最上級ワゴン

トヨタ クラウンエステート“アスリート”。2007年まで販売された

 パワーシートはもちろん、バックドアイージークローザーといった、プレミアムワゴンに必要な装備は欠かすことなく用意されているのがクラウンエステート。

 さらに面白いのはリアシートのシートバックに、パーティションネットを装備している点だ。ELR付きの巻取り式になっており、使用しないときにはスマートに格納されているのがクラウンらしい。

 またメーカーオプションとなるが、換気機能の付いたラゲージルームエアピュリファイヤーを用意するところも気が利いている。

 そしてクラウンエステート最大の魅力は、頑丈であるということだろう。17系クラウン全般に言えるのだが、致命的な故障が起きにくい。ボディもシャシーも強く、クルマとしてもくたびれにくいのも、また良いところだ。

 既に初期型は20年を優に超えているが、まだまだ元気バリバリの現役車が多い。

 人気、実力、体力のすべてが揃っているのが初代クラウンエステートだ。これから登場してくる2代目は果たしてどんな仕上がりになっているのか。エステートの名が17年ぶりに戻ってくる。その仕上がりを、期待せずにはいられない。

【画像ギャラリー】クラウンのラインナップにエステートが帰ってくる!! 17年振りの帰還が待ち遠しいトヨタ クラウンエステート(20枚)

投稿 [新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

手頃なサイズで7人乗りもあり! 4WDも本格派! いま考えるとトヨタ[ヴァンガード]は傑作車だった!
手頃なサイズで7人乗りもあり! 4WDも本格派! いま考えるとトヨタ[ヴァンガード]は傑作車だった!
ベストカーWeb
クロカンの王様[ランクル300]で採用の黄金比って? [FJクルーザー]は意外な名車をオマージュ!? トヨタのクロカン6選
クロカンの王様[ランクル300]で採用の黄金比って? [FJクルーザー]は意外な名車をオマージュ!? トヨタのクロカン6選
ベストカーWeb
たしかミニバンだったよね!? 途中でコンセプト激変の衝撃!? [ジェイド]の運命が感動モノ
たしかミニバンだったよね!? 途中でコンセプト激変の衝撃!? [ジェイド]の運命が感動モノ
ベストカーWeb
スッキリ顔で打倒[シエンタ]!! 待望の新型[フリード]は約250万円から! 他がマネできない最大の強みとは
スッキリ顔で打倒[シエンタ]!! 待望の新型[フリード]は約250万円から! 他がマネできない最大の強みとは
ベストカーWeb
中古狙いの人必見!! 2024年4月で生産終了したMAZDA6の前身アテンザを買うならガソリン or ディーゼル どっちを選ぶべき?
中古狙いの人必見!! 2024年4月で生産終了したMAZDA6の前身アテンザを買うならガソリン or ディーゼル どっちを選ぶべき?
ベストカーWeb
BMWはやっぱエンジン車よ! 新型5シリーズがEV専用じゃなかったワケって?
BMWはやっぱエンジン車よ! 新型5シリーズがEV専用じゃなかったワケって?
ベストカーWeb
今こそ[ルネッサ]だろ!! 広々後席の2列ミニバン! 登場しては消えていった[絶版ハイトワゴン]4選
今こそ[ルネッサ]だろ!! 広々後席の2列ミニバン! 登場しては消えていった[絶版ハイトワゴン]4選
ベストカーWeb
トライトンの登場で面白くなってきたぞ!!!! 仁義なき戦いが勃発!! そろそろ見えてきた令和の宿命のライバル4選
トライトンの登場で面白くなってきたぞ!!!! 仁義なき戦いが勃発!! そろそろ見えてきた令和の宿命のライバル4選
ベストカーWeb
開けるだけで一苦労! 唯一無二のトランストップ車[CR-Xデルソル]が想像超えの走り!!
開けるだけで一苦労! 唯一無二のトランストップ車[CR-Xデルソル]が想像超えの走り!!
ベストカーWeb
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
ベストカーWeb
全高は低く!! でもスライドドア搭載! 居住性重視の[ワゴンRスマイル]意外な欠点とは?
全高は低く!! でもスライドドア搭載! 居住性重視の[ワゴンRスマイル]意外な欠点とは?
ベストカーWeb
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
ベストカーWeb
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
ベストカーWeb
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】広さの追求から解き放たれた個性際立つ上質ミニカー[スバルR2]
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】広さの追求から解き放たれた個性際立つ上質ミニカー[スバルR2]
ベストカーWeb
派手さはない……でも安くて十分!! [軽の価格]で最新SUV! 走らせて不満なしの[WR-V]実力に迫る
派手さはない……でも安くて十分!! [軽の価格]で最新SUV! 走らせて不満なしの[WR-V]実力に迫る
ベストカーWeb
マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
ベストカーWeb

みんなのコメント

12件
  • 涌田達也
    デザイン的にセンスなさ過ぎ!
  • azi********
    とりあえず一見客かえないよね
    リースやローン余分な金利払わないと売らないんだよね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

372.8441.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.9298.0万円

中古車を検索
クラウンエステートの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

372.8441.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.9298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村