現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイヤモンドカット仕上げのアルミホイールの補修が可能になった!「HBC system ダイヤモンドカットホイールレストアシステム」とは?

ここから本文です

ダイヤモンドカット仕上げのアルミホイールの補修が可能になった!「HBC system ダイヤモンドカットホイールレストアシステム」とは?

掲載 2
ダイヤモンドカット仕上げのアルミホイールの補修が可能になった!「HBC system ダイヤモンドカットホイールレストアシステム」とは?

ダイヤモンドカットホイールという、やたらとキラキラ光るアルミホイールをご存じだろうか?その名の通りダイヤモンドチップを使って加工するのだが、現在その修理についてはどこでもできるというわけではないのが実情だ。そこで、日本で初めて「HBC system」のダイヤモンドカットリペアマシンを導入した香川県のHBCシステムジャパンを訪れてダイヤモンドカットホイールリペアを取材した。

アルミホイールのダイヤモンドカット仕上げとは、ダイヤモンドチップを使用して表面加工をすること。それにより、ホイール表面に反射する光が特定のパターンで反射し、独特の輝きや光沢が生まれ高級感溢れるホイールになる。

アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.25 東京都内ポルシェファミリー直系編

ただし、この加工プロセスは技術的に高度で、専門の機器と熟練した職人が必要。また、ホイールのデザインや耐久性に影響を与えることがあるため、適切な取り扱いが必要となる。

もちろん、これまでもダイヤモンドカットホイールのリペア、レストアは行われているが、専用の設備がないために大型のCNC旋盤とダイヤモンドチップを持っているワークショップに限られている。

取材させていただいた香川県高松市にワークショップを構える四国工房はホイールのリペア、レストアのエキスパート。「HBCシステムジャパン」としてデンマークにあるアルミホイールリペア専用マシンのメーカー「HBC system」の輸入総代理店で、「HBC system」のマシンを使用してホイールリペアを行う日本初のプロショップだ。

一口にアルミホイールのリペアと言っても、以下のようにさまざまな種類がある。1.傷や擦り傷の修復 軽度な傷や擦り傷を磨いて修復する。2.へこみや変形の修正 へこみや変形。それらを修正するためには専門的技術を要する。3.ペイント ペイントされたホイールは修復作業の後ペイントして仕上げる。4.カスタムペイント ユーザーの希望に応じて、オリジナルデザインやカラーチェンジに対応する。

精密なカットマシンで"ガリ傷"を正確にリペアする

ダイヤモンドカットホイール専用の「HBC systemダイヤモンドカットマシン」は、専用設計されたマシンで、装備されているソフトウエアはスピーディかつ正確にホイール形状の計測を行う。また加工精度は0.015ミリ単位の精密さで、ホイール切削量を最小限にすることが可能だ。これらにより最高品質の仕上げと圧倒的な短納期を可能にした最先端のリペアを実現している。

これまでは専用のマシンがなかったために、数千万円するCNC旋盤と工具を必要としたが、「HBC system」の「ダイヤモンドカットマシン」は専用設計だけあって、コンパクトなのが特徴である。また、特別な技術を必要としないところもこのマシンならではだ。さらにマシンの価格も従来に比べて驚くほど低く設定されているということで、ワークショップにとっていいことずくめだ。

欧州車メーカー共同開発の塗料を使用

シルバー塗装ホイールのリペアの際に使用する塗料は、メルセデス・ベンツ、BMW、ポルシェ、フォルクスワーゲンなどの欧州車主要メーカーの純正リペア塗料に指定されている塗料を使用して共同開発する事で完璧なカラーマッチングを実現することができる。

愛車のアルミホイールのガリ傷は見た目が悪いだけでなく、運転がヘタクソなヤツに見られそうでほったらかしにはしたくないもの。四国工房では梱包キットを使った宅配リペアサービスを行っているので、ダイヤモンドカットホイールに限らず、ホイールリペアを考えている人は問い合わせてみる価値ありだ。

HBCシステムジャパン https://hbc-system.jp/四国工房 https://shikoku-kobo.co.jp/

デンマークの「HBC system」とは 世界80カ国以上で事業を展開するカーリペア、カーディテイリングに関する設備、資材メーカーで、アルミホイールのリペアマシンは専用のソフトウエアを有し、大型のCNC旋盤と同等の性能を有する。また、リペアマシンはヨーロッパの主要カーメーカーと共同で設計されており、日本を含む世界の自動車メーカーのリペア部門に純正採用されている。

Text:アウトビルトジャパンPhoto:HBC system JAPAN

こんな記事も読まれています

ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
AUTOSPORT web
F1中国GP予選速報|フェルスタッペンが驚異のアタックでポール獲得! 僚友ペレスが2番手。角田裕毅は19番手と苦戦続く
F1中国GP予選速報|フェルスタッペンが驚異のアタックでポール獲得! 僚友ペレスが2番手。角田裕毅は19番手と苦戦続く
motorsport.com 日本版
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
AUTOSPORT web
ヤマハファンは全員集合! ヤマハが「My Yamaha Motorcycle Day 2024」の開催を発表
ヤマハファンは全員集合! ヤマハが「My Yamaha Motorcycle Day 2024」の開催を発表
バイクのニュース
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
くるまのニュース
ビル3フロアのショールーム BYD AUTO 目黒がオープン、BYDジャパン社長が意気込み語る
ビル3フロアのショールーム BYD AUTO 目黒がオープン、BYDジャパン社長が意気込み語る
AUTOCAR JAPAN
今週、話題になったクルマのニュース4選(2024.4.20)
今週、話題になったクルマのニュース4選(2024.4.20)
@DIME
横浜ゴムの新オールテレーン「ジオランダー A/T4」を初試乗。オフロード志向のイケメンぶりとオールシーズンの快適・安心を極めた才色兼備クンだった
横浜ゴムの新オールテレーン「ジオランダー A/T4」を初試乗。オフロード志向のイケメンぶりとオールシーズンの快適・安心を極めた才色兼備クンだった
Webモーターマガジン
ゴールデンウィークは車トラブルが急増! 故障を未然に防ぐ2つのポイント
ゴールデンウィークは車トラブルが急増! 故障を未然に防ぐ2つのポイント
グーネット
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
THE EV TIMES
船橋~鎌ヶ谷~柏 “地獄渋滞”の千葉の南北道路「船取線」4車線化いつ完成? 狭くて抜け道無し「船橋我孫子線」拡幅計画は今どうなっているのか
船橋~鎌ヶ谷~柏 “地獄渋滞”の千葉の南北道路「船取線」4車線化いつ完成? 狭くて抜け道無し「船橋我孫子線」拡幅計画は今どうなっているのか
くるまのニュース
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
レスポンス
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
AUTOSPORT web
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
乗りものニュース
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
AUTOSPORT web
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
レスポンス
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
motorsport.com 日本版
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • tym********
    雨染みのうねうねのアルミ錆がリーズナブルな機械で治せるのは良いですね。
  • 8787
    10年以上前から修理出来る所あるよ 大阪に すごく上手に直してくれます😉
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村