現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダットサン・フェアレディ1500(昭和37/1962年10月発売・SP310型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト015】

ここから本文です

ダットサン・フェアレディ1500(昭和37/1962年10月発売・SP310型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト015】

掲載 2
ダットサン・フェアレディ1500(昭和37/1962年10月発売・SP310型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト015】

この連載では、昭和30年~55年(1955年~1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第15回目は、日本のスポーツカーの歴史を切り拓いたダットサン・フェアレディ1500だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)

世界が注目した国産初の本格スポーツカー
昭和37(1962)年に登場したダットサン・フェアレディ1500は、ダットサン・スポーツ1000(S211)や初代ダットサン・フェアレデー1200(SPL212)の後継機であり、事実上、国産初の本格スポーツとして知られる。セダンのダットサン210をベースに開発された先代S210型の発展型というより、欧州のライトスポーツに比肩する走行性能を念頭に開発された初めてのモデルというべきだろう。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

量販が望めないスポーツカーを量産メーカーが作る場合、自社セダンのシャシに軽量ボディと強力なエンジンを搭載することが多い。フェアレディ1500の場合もSP310型の型式名からもわかるように、 P310型ブルーバードをベースに開発されたものだ。

しかし、スポーツカーとして世界が認める基本性能を実現するため、多くの仕様変更が施されている。オープンボディの剛性を高めるべく、閉断面のラダーフレームはクロスメンバーで補強され、スポーツカーらしい切れの良いハンドリングを実現するため、前:ダブルウイッシュボーン/後:リーフ・リジッドのサスペンションもスプリング/ダンパーが強化されている。

ステアリングギアは旧世代のカム&レバーだが、ギア比が14.8と高いうえ操舵力が軽いので、峠道では同クラスの欧州スポーツに勝る軽快感を示した。

心臓部ともいえるエンジンは、セドリック用の1.5L (G型/71ps)が選択されている。G型は日産が初めて独自開発したエンジンで、昭和35(1960)年に初代セドリック30型でデビューしたばかりの新鋭機だ。OHVながらショートストロークタイプで最高出力を5000rpmで発生する高速型という点でもスポーツカーの心臓に相応しかった。

フェアレディ1500用はこれをベースにキャブレター(日立SUに換装)、高速型カムプロファイル、バルブスプリングのダブル化、コンロッドメタル材質変更などのチューニングを施し、連続高速回転に対応している。

出力値自体は変わらないが、車両重量が870kgと軽いので、パワーウエイトレシオは12.25kg/psと当時のトップレベル。当然加速性能も素晴らしく、モーターマガジン誌のテストでは20秒が壁といわれた0-400mを19.7秒で走り切った。0-100km/h加速も17.1秒を計測。当時の村山テストコースでは国産車の多くが0-80km/hまでしか計測できなかったことを考えると、次元が違う速さだったのだ。

軽量ボディを得てファイナルギア比を3.889にハイギアード化できたため、最高速度は150km/h(カタログ値)と、これも100km/hで連続走行できるのが高速車と言われた時代、飛びぬけた数字だった。

もうひとつの特徴がキャビンだ。運転席に座ると垂直に近いステアリングホイールの向こうに、4眼メーターの機能的なインパネが展開する。メーターは右から、燃料/水温コンビ、回転計(6000rpmスケール/5500rpmからレッド表示)、速度計(180km/hスケール)、時計で、とくに機械式回転計の存在がスポーツを主張した。シフトはセンタートンネルから斜めに生えたレバーで2-4速にシンクロが付くトランスミッション(セドリック用)を操作する。

フェアレディ 1500は、昭和38(1963)年5月に開催された第1回日本グランプリに田原源一郎のドライブで出走。B-IIクラスでトライアンフTR4やMGBを抑えて優勝し、その名を一気に高めた。そのときのマシンが輸出用のSUツインキャブ仕様だったことから、同じマシンが欲しいという声が多くなり、同年6月にはSUツインを標準型に設定。

同時に圧縮比を8.0から9.0にアップし燃焼室およびピストン形状を変更、インテークバルブ径拡大、エキゾーストマニホールドを4-1から4-2-1タイプに変更などの改良が施され、最高出力は80psに向上している。

トランスミッションもクロスレシオに改めた結果、最高速度は155km/h(カタログ値)に、0-400m加速は18秒台に向上した。価格は3万円高の88万円だったから、コストパフォーマンスの高さも含め、1.5ℓクラスのライトスポーツとして世界中から注目されることになった。

その後、昭和40(1965)年5月のマイナーチェンジで1599ccのR型エンジン(90ps/6000rpm)に換装され、フェアレディ1600(SP311)に進化する。

ダットサン・フェアレディ1500(1962・SP310型)諸元
●全長×全幅×全高:3910×1495×1275mm
●ホイールベース:2280mm
●車両重量:870kg
●エンジン型式・種類:G1型・直4OHV
●排気量:1488cc
●最高出力:71ps/5000rpm
●最大トルク:11.5kgm/3200rpm
●トランスミッション:4速MT
●タイヤサイズ:5.60-13 4PR
●新車価格:85万円

[ アルバム : ダットサン・フェアレディ1500 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
くるまのニュース
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
AUTOCAR JAPAN
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
Auto Messe Web
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
AUTOSPORT web
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
くるまのニュース
KeePer CERUMOがオフからV字回復。激変したフィーリングと決勝での悔しい視界不良
KeePer CERUMOがオフからV字回復。激変したフィーリングと決勝での悔しい視界不良
AUTOSPORT web
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
AUTOSPORT web
チェイス・エリオット、42戦ぶり待望の復活勝利で二度のオーバータイム決着を制す/NASCAR第9戦
チェイス・エリオット、42戦ぶり待望の復活勝利で二度のオーバータイム決着を制す/NASCAR第9戦
AUTOSPORT web
元トップ・ギア司会のジェレミー・クラークソンさん イギリス空軍機が自身が所有する農場に降り立ち驚愕
元トップ・ギア司会のジェレミー・クラークソンさん イギリス空軍機が自身が所有する農場に降り立ち驚愕
乗りものニュース
日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ
日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ
くるまのニュース
【北京モーターショー2024】ホンダ 新型EVシリーズYeを発表し、シリーズ第一弾「P7」、「S7」と第2弾のコンセプトモデル「Ye GT CONCEPT」を世界初公開
【北京モーターショー2024】ホンダ 新型EVシリーズYeを発表し、シリーズ第一弾「P7」、「S7」と第2弾のコンセプトモデル「Ye GT CONCEPT」を世界初公開
Auto Prove
R34 GT-RオタクのF1候補生、ジャック・ドゥーハンが“早口で”愛を語る「いつの日か自分でビルドしたい!」
R34 GT-RオタクのF1候補生、ジャック・ドゥーハンが“早口で”愛を語る「いつの日か自分でビルドしたい!」
motorsport.com 日本版
日産、「全固体電池」採用の新型EVを28年に投入へ 普及拡大に向けた“革新技術”採用で競争力を強化 生産ラインを初公開
日産、「全固体電池」採用の新型EVを28年に投入へ 普及拡大に向けた“革新技術”採用で競争力を強化 生産ラインを初公開
くるまのニュース
「歴史に埋没した」英国の老舗ブランドの今…オートモビルカウンシル2024
「歴史に埋没した」英国の老舗ブランドの今…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
1980年代にヒットした日本の軽自動車3選
1980年代にヒットした日本の軽自動車3選
GQ JAPAN

みんなのコメント

2件
  • may********
    SP/SRどちらが良いか?となると私は即答で63年式のSPと答える。スタイルが美しく、これぞ貴婦人に相応しい。エンジン、ミッション、足回り、フレーム全てバランスが取れている。SRはバランスが良くないと思う。

    今SPを手に入れようとすると、オリジナルは物凄い苦労が付き纏う。兎に角オリジナルの美しい貴婦人が居ない。どれもおかしく弄られている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村