現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型ホンダCR-Vが日本投入へ──GQ新着カー

ここから本文です
新型ホンダCR-Vが日本投入へ──GQ新着カー
写真を全て見る(6枚)

まずは燃料電池車から。

プラグイン機能を持つ燃料電池車

人類にとって大きな一歩になるかもしれない──新型ホンダCR-V e_FCEV詳報

2月28日、ホンダは、新型「CR-V e:FCEV(シーアー ルブイ イーエフシーイーブイ)」の日本仕様を公開した。

新型CR-V e:FCEVは、日本の自動車メーカーが発売するモデルとして初めて、外部から充電可能なプラグイン機能を持つ燃料電池車だ。

燃料電池車の長い航続距離と、水素の短い充填時間といった特徴はそのままに、家庭や外出先で充電できるプラグイン機能をくわえることで利便性をさらに高めた。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
レスポンス
新しいビュイックの3列シートSUVがエレガントだ!──GQ新着カー
新しいビュイックの3列シートSUVがエレガントだ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
新型トヨタ4ランナー、堂々登場!──GQ新着カー
新型トヨタ4ランナー、堂々登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
レスポンス
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
くるまのニュース
メルセデス・ベンツ、新型「EQA」を発売 航続距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ、新型「EQA」を発売 航続距離を591kmに伸長
月刊自家用車WEB
新しいアルファロメオのコンパクトSUV、ミラノ登場──GQ新着カー
新しいアルファロメオのコンパクトSUV、ミラノ登場──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホンダ「新型最高級ミニバン」登場! 超豪華な「リアシート」も進化! 2年ぶり復活の「新型オデッセイ」何が変わった?
ホンダ「新型最高級ミニバン」登場! 超豪華な「リアシート」も進化! 2年ぶり復活の「新型オデッセイ」何が変わった?
くるまのニュース
新しいシトロエンC3、オシャレに登場──GQ新着カー
新しいシトロエンC3、オシャレに登場──GQ新着カー
GQ JAPAN
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
グーネット
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
AUTOCAR JAPAN
ルノー新型「キャプチャー」世界初公開! 全長4.2m 日本でも人気のコンパクトSUVが欧州で大幅アップデート
ルノー新型「キャプチャー」世界初公開! 全長4.2m 日本でも人気のコンパクトSUVが欧州で大幅アップデート
VAGUE
電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km
電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km
レスポンス
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
くるまのニュース
シトロエンの人気コンパクト 新型「C3」に待望の“内燃エンジンモデル”が欧州で登場! 初の48Vハイブリッドも用意
シトロエンの人気コンパクト 新型「C3」に待望の“内燃エンジンモデル”が欧州で登場! 初の48Vハイブリッドも用意
VAGUE
いまから頭金の貯金をするしかない! 2024年中にデビュー予定の国産新車11車種!
いまから頭金の貯金をするしかない! 2024年中にデビュー予定の国産新車11車種!
WEB CARTOP
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

1件
  • mon********
    普通の?CR-Vを待っているホンダ党が多いと思うのだが。まあ、この記事の仕様では日本では売れないだろう。
    ホンダはCR-V程度のサイズさえ、国内生産はもはやできない。中大型車を生産していた狭山工場を閉鎖したためだ。
    「売れてる市場で生産する」というのがホンダの方針。売れてない日本では、多くを要求するのは無理、ということか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9454.9万円

中古車を検索
CR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9454.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村