現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “水素ハチロク”に“ロータリーエンジン復活”…『頭文字D』か! ファン泣かせの展開に現実味

ここから本文です

“水素ハチロク”に“ロータリーエンジン復活”…『頭文字D』か! ファン泣かせの展開に現実味

掲載 32
“水素ハチロク”に“ロータリーエンジン復活”…『頭文字D』か! ファン泣かせの展開に現実味

ハチロクが水素エンジンで復活! FDは?

 2023年1月13日 15日に幕張メッセで開催された、東京オートサロン2023のトヨタブースにて、1980年代の4代目「カローラレビン/スプリンタートレノ」をEV車と水素エンジン車にコンバージョンしたコンセプトカー「AE86 BEV Concept/AE86 H2 Concept」が出展されました。いずれも形式名はAE86、通称「ハチロク」として知られるクルマです。

【AE86とFD】やっぱり主人公っぽい2台

 スプリンタートレノの方は、極力オリジナル状態を維持しつつ、4A-GE型エンジンを水素エンジンに換装したものとなっています。この報道を受け、同車が主人公の愛車として登場するマンガ『頭文字D』のファンがSNSで反応しています。

 コンセプトカーとはいえ、展示された車両には、原作で登場するクルマの側面に書かれた「藤原とうふ店(自家用)」っぽく「水素エンジン(実験用)」と書かれており、同作を意識したトヨタの粋な計らいに、「AE86のマーキングがイニDをパロってて面白い」や「頭文字Dのパロでぶっ込んで来るとは。こういうセンス良いよね」といったコメントが見られました。

 実は原作クライマックスで、主人公・藤原拓海の乗るハチロクは、天才少年ドライバーである乾 信司の乗る後期型ハチロクとバトルの末、エンジンブローしながらゴールし勝った後、走行不能になってしまいます。その傷んだエンジンを水素エンジンに換装して再び走るという夢を思い浮かべた原作ファンもいたようです。

 また、その拓海とチーム「プロジェクトD」を組み、もうひとりの主人公ともえるのが、高橋啓介とその愛車のマツダRX-7FD3Sです。ファンからは「マツダもFDでやんないかな 。昔は環境整備でダメだったけど、今はトヨタが旗を上げてる分やりやすいと思う」「AE86のEV・水素出るなら FD・FCのEV・水素あってもいいじゃない…」 といった声が。

 同車関しては復活の情報はありませんが、搭載している「ロータリーエンジン」に関してはニュースが。マツダは1月10日、「MX-30」のプラグインハイブリッド仕様である、MX-30 eスカイアクティブ R-EVの発電用モーターに、ロータリーエンジンを転用する形で約10年ぶりに復活させると発表しました。

 他車種へのロータリーエンジンは検討中とのことでしたが、もしかすると、プラグインハイブリッド仕様のFDがお目見えして、『頭文字D』原作者、しげの秀一さんの新作『MFゴースト』で、サスティナブルな「プロジェクトD」結成という未来もあるかもしれません。

こんな記事も読まれています

スバル新型「アイサイト」MT車に初搭載!「快適スポーツカー」がスゴい!「“新”BRZ」の実力は?
スバル新型「アイサイト」MT車に初搭載!「快適スポーツカー」がスゴい!「“新”BRZ」の実力は?
くるまのニュース
今からエンジンの燃料流量を増やすなんてムリ! FIAの26マシン改善案に、メルセデスら反対。一方レッドブルは容認……その意図は?
今からエンジンの燃料流量を増やすなんてムリ! FIAの26マシン改善案に、メルセデスら反対。一方レッドブルは容認……その意図は?
motorsport.com 日本版
こんなんガチに野生のライオンじゃん! 日本じゃオシャレで通ってる「プジョー」はアフリカでは質実剛健が売りのタフなクルマだった
こんなんガチに野生のライオンじゃん! 日本じゃオシャレで通ってる「プジョー」はアフリカでは質実剛健が売りのタフなクルマだった
WEB CARTOP
アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
レスポンス
市販車に近いパーティーレースとS耐マシンの「ロードスター」を徹底比較! なぜ富士スピードウェイで10秒も違うのか?
市販車に近いパーティーレースとS耐マシンの「ロードスター」を徹底比較! なぜ富士スピードウェイで10秒も違うのか?
WEB CARTOP
パイオニアがカーナビ選びをサポート!? カーナビ選びに関わる悩みや不安を解消する、カロッツェリア特設サイト「カーナビも、選ぼう」を公開
パイオニアがカーナビ選びをサポート!? カーナビ選びに関わる悩みや不安を解消する、カロッツェリア特設サイト「カーナビも、選ぼう」を公開
くるまのニュース
トヨタ新型「ライズ」発表へ!? コンパクト“スポーティ”SUV爆誕へ!精悍エアロが超カッコイイ「ライズGR」カンボジアで予約受付開始
トヨタ新型「ライズ」発表へ!? コンパクト“スポーティ”SUV爆誕へ!精悍エアロが超カッコイイ「ライズGR」カンボジアで予約受付開始
くるまのニュース
BMW新型「1シリーズ」世界初公開! 日本でも人気 全長4.3mの“プレミアムコンパクトハッチバック”が4代目に進化
BMW新型「1シリーズ」世界初公開! 日本でも人気 全長4.3mの“プレミアムコンパクトハッチバック”が4代目に進化
VAGUE
フェラーリ、ル・マン24時間でのタイヤ温度”監視徹底”を求める。ウォームアップで秀でるポルシェ牽制?
フェラーリ、ル・マン24時間でのタイヤ温度”監視徹底”を求める。ウォームアップで秀でるポルシェ牽制?
motorsport.com 日本版
塗装・接着剤不要でこの仕上がり!アオシマ、1/32楽プラで「六代目サンバー」を10月発売【CARSMEET モデルカー倶楽部】
塗装・接着剤不要でこの仕上がり!アオシマ、1/32楽プラで「六代目サンバー」を10月発売【CARSMEET モデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新型「タフ顔マシン」初公開! 「6速MT」あり&全長5m超ボディ! “ゴツゴツデザイン”がカッコイイ「フロンティア」ブラジルで発売
日産が新型「タフ顔マシン」初公開! 「6速MT」あり&全長5m超ボディ! “ゴツゴツデザイン”がカッコイイ「フロンティア」ブラジルで発売
くるまのニュース
日産リーフ、「EVケアフリー+」標準装備…2025年型を米国発売
日産リーフ、「EVケアフリー+」標準装備…2025年型を米国発売
レスポンス
ACO、次世代の燃料電池プロトタイプカー『H24EVO』を公開。近い将来ル・マン出場の可能性も?
ACO、次世代の燃料電池プロトタイプカー『H24EVO』を公開。近い将来ル・マン出場の可能性も?
motorsport.com 日本版
ホンダが「すごいSUV」実車展示! まもなく登場! 全長4.8mボディ&斬新機能採用!? 24年夏発売で反響多い「CR-V」どんな人が買う?
ホンダが「すごいSUV」実車展示! まもなく登場! 全長4.8mボディ&斬新機能採用!? 24年夏発売で反響多い「CR-V」どんな人が買う?
くるまのニュース
この広さは期待以上だ! 運転席までフラットになるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
この広さは期待以上だ! 運転席までフラットになるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ホンダ「グロム」 カラフルな2025年モデルを北米で発表
ホンダ「グロム」 カラフルな2025年モデルを北米で発表
バイクのニュース
世界最古のバイクブランド発「新作アドベンチャーツアラー」の実力とは? 待望の日本発売! 新型「ヒマラヤ450」は全方位的な走りが魅力的
世界最古のバイクブランド発「新作アドベンチャーツアラー」の実力とは? 待望の日本発売! 新型「ヒマラヤ450」は全方位的な走りが魅力的
VAGUE
コンパクトながらハイパフォーマンス! デウォルトの「18V XR ブラシレス・インパクトレンチ」が6月下旬発売
コンパクトながらハイパフォーマンス! デウォルトの「18V XR ブラシレス・インパクトレンチ」が6月下旬発売
バイクブロス

みんなのコメント

32件
  • 元々は中古30万以下で買える軽量なFR、安くて潰しの効く練習用として人気があっただけ
    それがマンガに影響されたキッズの間で神格化され高額になってしまった車です。
  • 『原作で登場するクルマの側面に書かれた「藤原とうふ店(自家用)」っぽく「水素エンジン(実験用)」…』トヨタの遊び心に、思わず『クスッ』としてしまいます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.8194.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.5589.0万円

中古車を検索
スプリンタートレノの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.8194.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.5589.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村