サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見ればアオる気にならず! 乗れば飛ばす気にならず! まわりに「癒やし」を与える「脱力系」クルマ3選

ここから本文です
 ぬいぐるみのようなルックスを目指して作られたモデル

 いつの時代も「ファニーフェイス」と呼ばれる類いの癒やし系デザインで存在感を発揮するクルマが存在し、一定の層から支持されている。その最たる例はミツオカ、また90年代にヴィヴィオのビストロがブームに火をつけたクラシック顔などを思い出す人は多いだろう。日産もかつてはBe-1やフィガロ、パオなどの「パイクカー」と呼ばれる超絶癒やし系デザイン車で大人気を博して伝説となった。デザイン力では欧米に一歩譲るとされてきた日本車も、じつは脱力系癒しデザインのクルマは得意だったりするのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン