現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ピックアップ全盛期は1997年に!? 4メーカーから選び放題ってマジか 君は知っているかピックアップ黄金の2年間を

ここから本文です

ピックアップ全盛期は1997年に!? 4メーカーから選び放題ってマジか 君は知っているかピックアップ黄金の2年間を

掲載 9
ピックアップ全盛期は1997年に!? 4メーカーから選び放題ってマジか 君は知っているかピックアップ黄金の2年間を

 これまでハイラックスの独壇場だった日本ピックアップトラック界隈に、2023年、三菱がトライトンで参入! にわかに活気づいてきた感があるが、実は過去にもピックアップトラック大豊作という時代があったのだ!

文:ベストカー本誌編集長・飯嶋 穣/写真:トヨタ、日産、三菱自動車、マツダ

ピックアップ全盛期は1997年に!? 4メーカーから選び放題ってマジか 君は知っているかピックアップ黄金の2年間を

■ピックアップ好きには辛抱たまらん1997~1998年

1997~1998年の「黄金時代」を担う一台、三菱2代目ストラーダ

 その時代とはズバリ、1997~1998年。この2年間に何があったか。

 トヨタからは6代目ハイラックスがデビューし、日産は10代目ダットサントラックを発売。三菱も2代目ストラーダを日本市場に登場させ、マツダは4代目プロシードの販売を続けていた。

 そう、この時期は実に4メーカーから自分の好みに合うピックアップトラックが選べるという、ピックアップ好きには辛抱たまらん時代だったのだ。

 ここまで読んで「待て待て。ピックアップトラックは長い歴史を持ってるものが多いから、それ以前にも多くのモデルが同時に存在した時代はあったろう」という意見を持つ方もおられるだろう。

 そのとおりだ。確かに1997年以前もピックアップトラックは複数メーカーから販売されていた。

 しかし、この時期に代替わりして登場した新型は、明らかにパーソナルユースを意識していた。令和の現代にも通用するコンセプトを備えていたと言ってもいい。

■充分普段使いで使えるじゃないか、ピックアップトラック!!

こいつが日産ダットサンピックアップ。タフななかにもカッチョよさが漂う

1997年、6代目となったハイラックスはパーソナルユースモデルに「スポーツピックアップ」という車名を与えた。日産も同様の仕様は、ダットサントラックではなく「ダットサンピックアップ」を名乗った。

 三菱のストラーダは初代モデルも日本発売モデルはダブルキャブのみにするなど、当時のRVブームを強く意識しており、2代目も当然それを踏襲した。

 マツダの4代目プロシードのみデビューが1985年と古く、グレードによっては全長が5mを超える大柄なボディということもあって、ややほかの3車とは趣を異にしていたが、いずれにせよこの時代のピックアップトラックは、充分普段使いもこなせる性能を持っていた。

 それゆえに筆者はこの時代を「黄金時代」と呼ぶわけだ。

 だが、市場の反応はメーカーが期待していたものとは違った。当時は確かにRVブームであったが、そのブームの中心は初代オデッセイが火を点けたミニバンへと移ってしまっていたのだ。

■この先は、日産フロンティア、マツダBT-50などの導入を待つ!

マツダ4代目プロシード。1997~1998年に先んじてデビューは1985年だ!

 さらに厳しさを増す環境規制もあり、結果、ピックアップトラもックはその姿を消していく。1999年にはストラーダとプロシードの国内販売が終了。2002年にダットサンピックアップが、2004年にはハイラックスも国内販売が終了し、日本のピックアップトラック黄金時代は、意外なほど早く終焉を迎えてしまった。

 令和の現代、ユーザーの「タフでラギッド」なものを好む風潮への回帰が見られるようになったことで、ハイラックスは復活し、トライトンも国内再導入が決定。

 ここは一発、日産はフロンティアを、マツダはBT-50を日本に導入し、「ピックアップトラック黄金時代第2章」を始めてみてはどうだろうか。

 無論、そこにホンダのリッジラインや、いすゞのD-MAXが加わっても何も問題はない。

 というか、むしろワクワクする。ピックアップトラック、今度は日本に長く定着する存在になってほしいなぁと思う、今日この頃だ。

こんな記事も読まれています

スズキの新型「すごい軽SUV」実車公開へ! めちゃ“ゴツイ”装甲車!? アンダー250万円で買える「ブラーバ“イオ”」とは
スズキの新型「すごい軽SUV」実車公開へ! めちゃ“ゴツイ”装甲車!? アンダー250万円で買える「ブラーバ“イオ”」とは
くるまのニュース
【試乗】レクサスLMのリヤシートの至れり尽くせり感がヤバいぞ! しかも運転して楽しいって「買えさえすれば」死角なし
【試乗】レクサスLMのリヤシートの至れり尽くせり感がヤバいぞ! しかも運転して楽しいって「買えさえすれば」死角なし
WEB CARTOP
山田太一の傑作小説が再びスクリーンに。アンドリュー・ヘイ監督最新作『異人たち』
山田太一の傑作小説が再びスクリーンに。アンドリュー・ヘイ監督最新作『異人たち』
バイクのニュース
スバル、次世代アイサイトにAIを利用。AMD製半導体チップを採用して演算処理性能をアップ
スバル、次世代アイサイトにAIを利用。AMD製半導体チップを採用して演算処理性能をアップ
driver@web
【スクープ】トヨタ「MR2」新型の最終デザインが見えた! 電動化されないトヨタ最後のスポーツカーになるか!?
【スクープ】トヨタ「MR2」新型の最終デザインが見えた! 電動化されないトヨタ最後のスポーツカーになるか!?
LE VOLANT CARSMEET WEB
波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
motorsport.com 日本版
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
レスポンス
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス

みんなのコメント

9件
  • sxn********
    いすゞロデオが抜けてませんか?
  • redwood
    昭和時代のダットラは安くて早くて、とても楽しい乗り物でした。キャンプやスキー、モトクロスにも何でも使えました。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村