サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングがGT初優勝を飾る

ここから本文です
 スーパーGTシリーズ開幕戦の決勝レースが4月11日に岡山国際サーキットで行なわれ、中盤からスープラ同士のバトルが白熱したが、終盤75周目のヘアピンで勝負が決し、14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が優勝。ルーキーレーシングとして初優勝を飾った。またトップ4をスープラが独占した。

 前日同様晴れで19℃と予想を上回る気温になった岡山。13時30分に2周のフォーメーションラップが始まり、13時35分に82周の決勝レースがスタートした。

おすすめのニュース

サイトトップへ