現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 導入から15年! 「駐車監視員」により「違法駐車」は減ったのか?

ここから本文です

導入から15年! 「駐車監視員」により「違法駐車」は減ったのか?

掲載 更新 37
導入から15年! 「駐車監視員」により「違法駐車」は減ったのか?

 路上駐車台数は制度導入前の半分以下にまで減っているが……

 2006年から始まった駐車監視員制度。放置車両確認事務の業務が民間法人に開放され、駐車監視員資格者講習を受講・合格した駐車監視員が、放置車両の確認及び確認標章の取付けを行い、警察署長に放置車両の状況を報告することで、違法駐車対策を強化する目的で導入された。

イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

 それからおよそ15年。果たして成果はあったのだろうか?

 一般社団法人全日本駐車協会・東京駐車協会の資料によると、駐車監視員導入前年の2005年の東京都特別区における瞬間路上駐車台数は約105388台。

 そして駐車監視員が導入された2006年は、約81175台とかなり減少し、2009年以降は60000台未満で推移していて、2017年は51536台と、制度導入前の半分以下にまで減っている。

 この数字を見る限り、当初の目標=違法駐車を減らすという目標はかなり達成出来たように思える。

 ただし、景気悪化に伴い、クルマの利用自体が減っていたり、ドライバーも監視員の傾向を知り、いろいろ自衛対策をするようになったというのもあるだろう。

 また、駐車監視員は、みなし公務員とはいえ、民間法人に雇われたスタッフ。ノルマはないといわれているが、民間=効率を考えれば、放置車両を確認しやすい場所を重点的に回るので、違法駐車が減ったことを実感できる地域もあれば、まったく昔と変わらないという地域差もかなりあるのが現状だろう。

 とはいえ、駐車車両への衝突による人身事故(交通事故)の発生件数を見てみると、2005年が2449件、2017年が892年と約3分の1まで減っていることを考えると、違法駐車が少なくなったことで、無理な車線変更の事故や、駐車車両の陰からの飛び出しが減少し、人身事故が減らせたことは間違いない。

 ちなみに平成30年4月現在、放置車両確認事務の業務は、全国407警察署において、53法人に委託しており、約2000人の駐車監視員が活動中。

 これからも、放置車両の確認数を増やすことが目標ではなく、あくまで「放置車両を減らして道の流れをスムースにする」という目標に沿って、監視してもらえることを願いたい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

確かに休みは増えたけど……「働き方改革」に苦しむ新車ディーラーの現状
確かに休みは増えたけど……「働き方改革」に苦しむ新車ディーラーの現状
WEB CARTOP
フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
レスポンス
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
くるまのニュース
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
月刊自家用車WEB
ホンダ「メトロポリタン」 原付一種スクーターの最新モデルを北米で発表
ホンダ「メトロポリタン」 原付一種スクーターの最新モデルを北米で発表
バイクのニュース
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
AUTOSPORT web
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
月刊自家用車WEB
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
月刊自家用車WEB
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
くるまのニュース
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
くるまのニュース
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
ベストカーWeb
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
AUTOSPORT web
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

37件
  • こいつら本当に不公平です。
    部落地域の取り締まりは一切しません。
  • 同じ区内でも取り締まりの多い地域と全く取り締まりの無い地域があります。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村