サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > レクサス、新型LSをワールドプレミア

ここから本文です

レクサス、新型LSをワールドプレミア

レクサスは8日に米ミシガン州で開幕したデトロイトモーターショーで、最上級セダンの新型「LS」を世界初披露した。11年ぶりにフルモデルチェンジした新型LSは、新開発GL-Aプラットフォームや新開発エンジン、最新の予防安全技術により、全面的な進化を遂げた。

エクステリアの特徴は、新開発プラットフォームにより実現した低いスタイリング。クーぺのようなシルエットにより、スポーティな雰囲気に仕上げた。ボディサイドは立体的なフォルムとしフェンダーの張り出しを強調した。

ボディサイズ(北米仕様)は、全長5235mm×全幅1900mm×全高1450mm、ホイールベースは3125mm。

インテリアについては、ダッシュボード上部を水平基調とし広がり感を演出しつつ、下部には厚みのあるソフトなコンソールアームレストを採用することで、安心感のある空間を追求。運転席は高いホールド性を確保しながら、長時間でも快適に座れるシートを設計した。

また後席には、タッチパネルでヒーターやリフレッシュ機能を設定できるオットマン付きパワーシートを採用。クラストップレベルのレッグスペースと合わせ、開放的でゆったりくつろげる空間を追求している。

エンジンは、新開発の3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載する。新エンジンのスペックは、最高出力421ps/5200-6000rpm、最大トルク600Nm/1600-4800rpm。トランスミッションは10速ATを新たに採用し、環境性能を確保しながら切れ味の良い変速を実現したという。

安全面については、車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点(出会い頭衝突)の4つの事故形態をカバーする最先端の予防安全パッケージを搭載する。進行方向に歩行者が飛び出してきた場合、従来の警報よりも早い段階で注意喚起をし、さらにカメラとミリ波レーダーの情報に基づき自動でブレーキを作動。ブレーキだけでは回避できないとシステムが判断した場合、車線内の回避スペースを見つけて自動的に操舵制御を行う。この自動操舵による衝突回避支援は世界初採用となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します