サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】新型アウディA1が魅せるひとクラス上の走りと世界感に初代S1オーナーも納得!

ここから本文です

【試乗】新型アウディA1が魅せるひとクラス上の走りと世界感に初代S1オーナーも納得!

 往年のアウディ・クアトロスポーツを思い起こさせるルックス

 アウディのエントリーモデルとして、2011年に導入された初代アウディA1。欧州ではBセグメントに分類される小粒なボディには、アウディのDNAを受け継ぐことを象徴するシングルフレームグリルの顔つき、2トーンカラーのルーフが用意された質感の高いルックス。アウディのエッセンスを注ぎ込んだデザインは都会的なシーンに映えるハッチバックモデルだった。3ドアのほかに5ドアのスポーツバックも設定され、全世界で90万台、日本では3万台を販売。初めて手にするアウディとして購入する層を上手く取り込むことに成功した。

【今さら聞けない】実用車がFFレイアウトばかりなのはなぜ?

  そして、2019年11月、8年ぶりにフルモデルチェンジした2代目A1が日本に上陸した。アウディはフォルクスワーゲングループの一員であるため、基本となるプラットフォームはフォルクスワーゲン ポロと共通の、横置きエンジンに搭載するMQBを採用。ボディの骨格部やパワーユニットをはじめとするコア技術は共有されることとなるが、アウディ独自のクルマ作りでどのような違いを見せてくれるのか楽しみだ。

  まずはスタイリングから見てみよう。サイズ的には先代と比較して、全長は+55mm伸びた4040mm、全幅は先代と変わらず1740mm、全高は1435mm。今回のモデルは5ドアモデルのみの設定となり、ホイールベースは+95mmも拡大した。走行時の安定性や居住空間の拡大に貢献してくれそうなパッケージといえそうだ。

  全体的にはひとまわり大きく見えるデザインだが、その一端はシングルフレームグリルが少し横長に構えたデザインに変わり、特徴的なサイドのエアインレットがひとクラス格上のクルマに見せる存在感を感じるものになっている。ボンネット先端に口を開けている3分割のスリットは、1980年代にラリーで活躍したアウディ・スポーツクアトロのオマージュで、アウディでもっともコンパクトなモデルにスポーティなイメージを与えていることがわかる。実物を目にした印象としては、シンプルな面構成ながら、計算されつくされた洗練性を感じさせる。細部まで練り込まれたデザインだ。

  今回のA1に設定されるパワーユニットは2種類だという。最初に4気筒1.5リッターの直噴ターボエンジンを搭載した「35 TFSI」が先行で発売され、2020年には追って3気筒1リッター直噴ターボの「25 TFSI」が追加されるそうだ。車両価格は「A1 Sportback 35 TFSI」で365万~391万円。このクラスとしては高価に思える金額だが、前走車との衝突リスクを低減する衝突被害軽減ブレーキ「アウディプレセンスフロント」などが標準装備となる。

 ただし、A1に初めて採用された前走車との車間を維持して追従走行を行う「アダプティブクルーズコントロール」やフル液晶メーターの「アウディバーチャルコックピット」は、オプション設定となり、追加するとなれば更なる費用は掛かる。充実した装備を求める場合は、それらの安心・快適装備と専用アロイホイールをプラスした250台限定販売の「Audi A1 Sportback 1st edition」に注目したい。価格は443万円とこのクラスとしては高価ではあるが、内容を考えるとお買い得感のある設定になっている。ただし、A1というアウディのエントリーモデルにこの金額を支払うとなると他のチョイスも見え隠れしてくるというものだ。多方面からの顧客を考慮すると、全体的に値上がり感を感じざるを得ないので、あとに登場する25 TFSIの価格設定がこなれてくれることを願いたい。

 アウディのコンパクトモデルらしいしなやかな動き

 今回の試乗ではA1 Sportback 1st editionをメインに試乗したが、アウディバーチャルコックピットがA1に初めて採用されたとあって、ドライバーの目線の先には先進感が感じられる。上位モデルと比較すると、フル液晶ディスプレイのサイズは小ぶりに見えるものの、デジタル表示の強みを活かして、ハンドル上のスイッチ操作で速度計や回転計を大きく表示したり、小ぶりに切り替えてみたり、Googleマップをカーナビとして活用することもできる。手持ちのスマホと繋げば、Apple CarPlayやAndroid Autoのアプリを介して、お気に入りの音楽再生やハンズフリー通話をすることも可能だ。最新世代のアウディの技術に触れる上では、アウデイバーチャルコックピットはぜひ付けたい装備となりそうだ。

  また、インパネ中央部に設けられたモニターは、物理的なスイッチを排除した先進的なデザイン。ここでは、リヤビューカメラの映像を映し出したり、カーナビの手書き文字入力、オーディオの操作なども行える。タッチパネルは操作感がわかりやすいように、触れると小気味良い音とともに反応してみせるあたりもユニークだ。

 5ドアに一本化されたボディは、リヤシートにアクセスしやすく、ホイールベースの拡大に伴って、後席の膝まわりに余裕を感じる。荷室は従来よりも65リットルも拡大しており、ひとクラス上のハッチバック車を凌ぐ実用スペースを備えていることになる。後席は60:40の分割可倒式で臨機応変にアレンジすることも可能だ。このように、今回のA1は街乗りで手頃なサイズ感と居住スペースの広さ、使い勝手の面が上手くバランスされていると感じる。

  さぁ、次に気になってくるのは走行性能だ。

 試乗したのは4気筒1.5リッターの直噴ターボエンジン+7速デュアルクラッチトランスミッションのSトロニックが組み合わされた仕様。タイヤは215/45R17サイズを装着している。運転姿勢を整えていざ走り出してみると、アクセルの踏み出しに対して滑らかにタイヤが転がり出して行く。ハンドルの切り増しにスッと姿勢を変え、しなやかに走っていく感覚はアウディのコンパクトカーらしい動きともいえる。

 ただ、少し荒れた路面を走ると、ロードノイズを響かせながら、少しばかりタイヤ表面の硬さを感じたり、後席に乗ると上半身にわずかな揺すられ感を感じる部分があり、このあたりは今後改善されていくことを願いたい部分ではある。

  進化を感じるのは、最新世代の1.5リッター直噴ターボエンジンの走りっぷり。アクセルペダルを踏み込むと、1500~3500回転の実用域で豊かなトルクを発揮してみせる。一方で、アクセルペダルを緩める「惰性走行」を行うような負荷が少ない状況では、第2、第3シリンダーを休止して2気筒の状態で走る気筒休止を行うことで、最大で20%ほど低燃費で走ることができる。それでいて、4気筒と2気筒が切り替わるときのショックは一切感じさせず、最新技術が影ながら支えてくれているといった状況だ。

 5ドア仕様のみとなったが、背中に重たいものを背負っているような違和感もなく、自然に走らせられるあたりもいい。なにより、ホイールベース拡大によって、身体周りにゆとりが感じられるし、先進的なインパネを後席から眺めた印象では、まるでA3クラスの上級車に乗っているような感覚を覚えた。

  今回のフルモデルチェンジのトピックは、一新されたデザインとボディサイズ拡大に伴う車内空間の拡がり、そしてデジタル化だ。じつは私自身、初代A1のハイスペック版のS1の3ドア車を所有しているのだが、新型A1のBセグメント以上、Cセグメント未満のデザインとパッケージングは想像していた以上に好感が持てた。初代A1は2011年から8年間に渡って販売してきていたが、運転支援機能やスマホと繋げてカーライフをフォローするデジタル化といった面で、ハード的に遅れをとっていると感じる部分もあった。そうした意味で、先代オーナーから見た今回のA1は、私たちを取りまく環境が大きく変化している時代にようやく追いついてきたという印象だ。内外装のデザインは、アウディの独自性が最新世代にアップレートされたと感じるし、A1としては初めて採用されたアダプティブクルーズコントロールも長距離移動の疲労低減に繋がることだろう。

  今後、容赦なく進化し続けていくライバルたちの進化を横目に、2代目となったA1がどんなバリエーションで展開を見せてくれるのか楽しみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します