現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルファ【新たな特別モデル】を示唆!? アルファ・ロメオ毎年1台の新車投入計画とCEOの弁

ここから本文です

アルファ【新たな特別モデル】を示唆!? アルファ・ロメオ毎年1台の新車投入計画とCEOの弁

掲載
アルファ【新たな特別モデル】を示唆!? アルファ・ロメオ毎年1台の新車投入計画とCEOの弁

販売台数30%増し、躍進するアルファ

新年早々、アルファ・ロメオのCEO、ジャン=フィリップ・インパラートが来日し、伝統的なイタリアン・ブランドの展望を話してくれた。

【画像】アルファ・ロメオCEOが語る イタリアン・ブランドの展望の様子と最新アルファ・ロメオの写真をみる 全99枚

その名前でお気づきの方がいるかもしれないが、インパラートはフランス人で、もともとプジョーやシトロエンでセールスやサプライヤー担当としてキャリアを積んできた人物。2021年の1月からステランティスの取締役会メンバー、そしてアルファ・ロメオ・ブランドの最高経営責任者になっている。

インパラートは昨年3月、コンパクトSUVのトナーレをローンチした際にも来日している。アルファ・ロメオ電動化の嚆矢といえるトナーレはMHEVやPHEVをラインナップしたモデルであり、インパラートはこれをきっかけとして電動ゼロのメーカーから今後5年でゼロエミッションのメーカーに変わると宣言している。 

今回の話は2023年の振り返りからはじまった。

「昨年の大きなニュースは7万台の販売台数を達成できた点です。これは前年比で30%の伸びとなります。ヨーロッパ市場だけでみると46%の伸び、中東とアフリカ地域では74%の伸び率になります」と彼は述べた。

もちろんこれほどの大幅な伸びを記録した要因は売れセンの導入。つまりトナーレが起爆剤となっている。それと同時にインパラートが強調していたトピックはJDパワーの北米における初期品質において、並み居るプレミアムブランドを抑え、アルファ・ロメオが首位に輝いたことだった。

電動化への第一歩だけでなくクオリティが高まっていることも証明したのである。インパラートの口ぶりもとても軽妙に感じられたのである。

日本市場の期待も厚い今年の主役とは?

さて今回インパラートCEOの口から直接伺いたいことといえば当然のニューモデルの導入計画である。インパラートCEOは就任直後、クオリティを高めるとともに毎年1台の新車を導入すると約束しているのだ。

「その前にまず、33ストラダーレについて触れさせてください。33台限定で、オーナーが様々な仕様をオーダーできるこの特別なモデルは昔のアルファ・ロメオを彷彿とさせるもの。価格は3億円ほどですが、33台が7週間で完売しました。これはアルファ・ロメオの技術力とともにブランドの潜在能力を示すものだと思っています。ちなみに80%のカスタマーが内燃機モデルを選んでいます。BEVは10%ですね。残りはまだ決まっていないようです。デリバリーは月2台、今年の年末からカスタマーのもとに届くことになります」

33ストラダーレの結果に気をよくしたアルファ・ロメオとインパラートCEOは新たなフォーリセリエ(特別なモデル)を企画しており、すでにウェイティングリストが作られているのだとか。

「2024年、今年の主役は4月に発表予定のミラノです。バロッコ工場で生産されることになるこのクルマはジュリエッタやミトといったスモールモデルの精神的な後継モデルといえるでしょう。このクルマはアルファ・ロメオ初のBEVですが、MHEVモデルも用意します。動力源に関わらず、ハンドリングや楽しさはアルファ・ロメオであると明言できます」

ミラノはBセグメントのSUVで、ステルヴィオ/トナーレに続くアルファ・ロメオSUVの末っ子という位置づけになるようだ。

ステルヴィオとジュリア、後継はBEVに

ミラノの登場によって現代の自動車メーカーに欠かせない3サイズのSUVが揃うことになるアルファ・ロメオ。その後も1年に1台というペースは変わらないようだ。

「2025年からはDセグメントモデルをリリースします。つまりジュリアとステルヴィオの次世代モデルということになります。プラットフォームはステランティスのステララージを使い、動力源はBEVになります。最初にステルヴィオ、次にジュリアという順番になると思います。また2027年にはさらに大型のモデルを計画しています。Eセグメントということまでしかお話しできませんが、ブランドの可能性を引き上げたいと思っています」

急進的に改革を進めるアルファ・ロメオ。その旗手を務めるインパラートだが、その雰囲気は穏やかなジェントルマンといった感じ。ステランティスを率いるカルロス・タバレスCEOの鋭い雰囲気とは対照的にも見える。

「もうすぐ取締役会があり、その中で私はタバレスCEOに2030年以降のプランを説明します。アルファ・ロメオは伝統あるブランドなので、急いで何か大きな変更をする必要はないと思っています。ブランドをより安定したものにするための基盤を確立していくことが大事です。私は毎年世界中のマーケットを視察しますが、それをいつも日本からはじめたいと思っています。来年もここで皆さんにお会いできることを楽しみにしています」

自動車の、そしてアルファ・ロメオの変革期を支えるインパラートCEOの言葉は今後のブランドのさらなる躍進を予感させる自信に満ち溢れたものだった。

こんな記事も読まれています

横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
motorsport.com 日本版
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
motorsport.com 日本版
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
motorsport.com 日本版
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
バイクのニュース
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
AUTOCAR JAPAN
[マツダ新型CX-80内装解説]アルファード超え期待したけど……2列目シート豪華さ足りず!? 走りはイイらしいけど内装デザインもCX-60とほぼ一緒の残念
[マツダ新型CX-80内装解説]アルファード超え期待したけど……2列目シート豪華さ足りず!? 走りはイイらしいけど内装デザインもCX-60とほぼ一緒の残念
ベストカーWeb
なんちゃってセレブが「2024 F1日本グランプリ」で「アルピーヌF1チーム」に潜入! レース終了直後のヘリは大渋滞!?
なんちゃってセレブが「2024 F1日本グランプリ」で「アルピーヌF1チーム」に潜入! レース終了直後のヘリは大渋滞!?
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

524.0625.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

418.8665.0万円

中古車を検索
トナーレの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

524.0625.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

418.8665.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村