現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「全長4m切り」7人乗りミニバン多数あった! まさかの「激レア」車も? 「ドミンゴ」だけじゃない! 国産「超狭小3列ミニバン」4選

ここから本文です

「全長4m切り」7人乗りミニバン多数あった! まさかの「激レア」車も? 「ドミンゴ」だけじゃない! 国産「超狭小3列ミニバン」4選

掲載 21
「全長4m切り」7人乗りミニバン多数あった! まさかの「激レア」車も? 「ドミンゴ」だけじゃない! 国産「超狭小3列ミニバン」4選

■小さなボディで「3列シート」を成立させたマジックとは

 今でこそ軽自動車も立派なモデルが増えており、ファーストカーとして十分使用できる車種も珍しくありませんが、1990年代から2000年代前半くらいまでは、まだまだ軽はあくまで軽であり、ステップアップして普通車に乗り換えるというのが当たり前と考えられていました。
 
 そんな当時、全長3.4m級の軽自動車ボディ骨格をベースとしながらも、より大きな排気量のエンジンを搭載した「軽自動車ベースの普通車」というものが多数存在していました。

【画像】わっ!「めっちゃ軽なのに3列!?」 全長3.7m級「超狭小」ミニバンを写真で見る(39枚)

 そのなかでも、実は各社がラインナップしていたのが、軽ワンボックスワゴン・バンをベースとした超小型「3列シート」ミニバンでした。

 軽自動車規格は最大でも4人までしか乗ることができませんが、普通車となればその縛りはなくなり、多人数乗車が可能となるため、メリットも大きかったのです。

 そのため道路や駐車場事情などで車体の大きなミニバンの購入をあきらめていた層などから、一定の支持を集めたといいます。

 今回はそんな軽自動車ベースの3列シート車を振り返ってみたいと思います。

●スバル「ドミンゴ」(初代:1983年~1994年/2代目1994年~1998年)

 軽自動車ベースの3列シート車の先陣を切ったのが、1983年9月に登場したスバル「ドミンゴ」でした。

 4世代目の軽ワンボックス「サンバートライ」をベースに、1リッターエンジンを搭載し、乗車定員7名の3列シートを備えたモデルです。

 ボディサイズこそ大型バンパーなどでベース車より拡大されていましたが、室内空間は軽のサンバートライと同じ。

 そこに巧みにシートをレイアウトし、広々とはいえないもののしっかり7人が乗ることができるスペースを確保しており、4WDモデルが設定されていたこともあって道の狭い山間部のユーザーや降雪地帯のユーザーに支持を集めたのでした。

 1994年6月には11年ぶりのフルモデルチェンジを実施し、ベースを5代目の「サンバーディアス」に変更。エンジンは先代の途中に追加された1.2リッターに統一し、初代には設定のなかったATモデル(ECVTを採用)も設定するなど着実に進化しました。

 ポップアップルーフを備えた「車中泊」仕様の「アラジン」も設定していましたが、初代ほどの人気を獲得するには至らず、他のライバル車が登場する前の1998年末に姿を消すこととなりました。

●三菱「タウンボックスワイド」(1999年~2001年)

 1999年に登場した「ミニキャブ」ベースの乗用モデルである「タウンボックス」をベースに、ブリスターフェンダー風のボディパネルや、タウンボックスとは異なる個性的な顔をプラスし、1.1リッターエンジンと3列・6人乗りのレイアウトで軽自動車の枠を飛び出した「タウンボックスワイド」。

 あくまで乗用車的な作りとなっていたライバル車に対し、タウンボックスワイドはビジネスユースも考慮していたのか、3列目シートはマイクロバスの補助席のような折りたたみ式となっており、あくまでエマージェンシー用といったもの。

 またエンジンもライバルが1.3リッターを搭載していたのに対し、1.1リッターという点もあり、さらにエクステリアも良くも悪くも当時の三菱らしいアクの強いものだったこともあってか、2001年には早々と販売を終了。およそ2年間の販売台数は3500台弱に留まってしまいました。

■フロアを延伸しロングボディ化したモデルも

●スズキ「エブリイ+」/「エブリイランディ」(1999年~2005年)

 1999年1月にフルモデルチェンジを果たした「エブリイ」をベースに、張り出したフェンダーと衝突安全性能も考慮したボンネット部分を追加し、1.3リッターエンジンを搭載して登場した「エブリイ+(プラス)」。

 2列目はキャプテンシートとし、3列目には3人掛けのベンチシートを備えた7人乗りレイアウトとなっており、すべてのシートにリクライニング機構が備わるなど、乗用車らしさは「エブリイワゴン」よりも高められたものとなっていました。

 2001年5月のマイナーチェンジでは車名を「エブリイランディ」に改めただけではなく、フロアに備わっていたシフトをインパネに移設し使い勝手や室内の広々感を向上させたほか、電動オートステップや2列目シートに折りたたみ式テーブルを設定するなど、使い勝手も向上させています。

 その後、ベースのエブリイがフルモデルチェンジを実施すると、エブリイランディは姿を消すこととなりますが、「ランディ」の名前は2007年に登場する、日産「セレナ」OEMの普通車3列シートミニバンへ引き継がれました。

●ダイハツ「アトレー7」(2000年~2004年)/トヨタ「スパーキー」(2000年~2003年)

 ダイハツの軽ワゴンである「アトレーワゴン」をベースに1.3リッターエンジンを搭載して普通車とした「アトレー7」は、その車名の通り7人乗りの3列シート車となっていました。

 ボディ外板にエアロパーツを装着して軽自動車枠を超えていたのは他のライバルと同様ですが、アトレー7はサードシートのフロアをアトレーワゴンよりも230mmも延長したほか、ホイールベースも10mm延長し、より快適性の高い室内空間を実現していたことが特徴です。

 そのため、広い荷室を活かした商用モデルの「ハイゼットグランカーゴ」もラインナップしていたのが、ライバル車とは異なるポイントとなっていました。

 なおトヨタ版「スパーキー」はアトレー7のOEMモデルとなっており、クルマとしての成り立ちは共通でしたが、装備をトヨタ準拠にしたところスタート価格がアトレー7よりも高くなり、販売台数が伸び悩んで先に終売するという悲劇も巻き起こっています。

※ ※ ※

 このように現在では各メーカーのラインナップから消えてしまった軽自動車ベースの3列シート車。

 軽自動車が進化したことはもちろんですが、2000年代にはコンパクトクラスにもトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」といった、しっかりゼロから開発された3列シート車が存在するようになったことで、軽自動車ベースの3列シート車は姿を消してしまったといえるでしょう。

こんな記事も読まれています

ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
motorsport.com 日本版
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

21件
  • キューブキュービック?
  • >道路や駐車場事情などで車体の大きなミニバンの購入をあきらめていた層などから、一定の支持を集めたといいます。

    駐車スペースが狭い都市部の一軒家とかに需要があるって中古車屋の方が言ってたのを思い出す。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村