現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > BMW、3列7名乗車の『X5』に48Vマイルド・ハイブリッド・ディーゼルの”xDrive40d”を追加

ここから本文です

BMW、3列7名乗車の『X5』に48Vマイルド・ハイブリッド・ディーゼルの”xDrive40d”を追加

掲載
BMW、3列7名乗車の『X5』に48Vマイルド・ハイブリッド・ディーゼルの”xDrive40d”を追加

 1999年に初代モデルが誕生し、自動車界で一大勢力に拡大するカテゴリーの礎を築いた『BMW X5』に、最大7名乗車を可能とする3列シートを標準装備し、システム・トータル最高出力352PSを発揮するハイ・パワーなクリーン・ディーゼルと48Vマイルド・ハイブリッド・システムを搭載した“xDrive40d”が追加設定され、12月6日より発売開始となっている。

 優れたオフロード性能と、舗装路面での高いパフォーマンスを融合したスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)という新たなジャンルも創出した『BMW X5』は、2019年登場の通算4代目をベースとして2023年には一部改良を実施。よりモダンなデザインを採用し、BMWらしい走行性へのこだわりと高い実用性を兼ね備えた1台に進化を遂げた。

新型『BMW X5』が登場。プラグイン・ハイブリッド・モデルの“xDrive50e”も設定

 フロントではBMW初採用となる矢印型デイライト機能を有したLEDヘッドライトを採用し、フロントバンパーを大型化。同じくPHEVモデルでは暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック・グロー・キドニー・グリルを採用することで夜間における存在感を増している。

 一方のリヤでは、横方向に伸びるスリムかつ大胆なデザインのX字型LEDコンビネーション・ライトにより、力強さとXモデルであることを表現。インテリアでは12.3インチのメーターパネルと14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させ、運転席側に湾曲させた最新のカーブドディスプレイを採用。優れた視認性と高い操作性を実現し、運転席まわりではBMW特有のiDriveコントローラー回りをすっきりとさせて空間を広げ、よりモダンな印象が与えられた。

 そのラインアップに加わった“xDrive40d”は3.0リットル直列6気筒ディーゼルを搭載し、さらに48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載することで、システムトータルでの最高出力は352PS(259kW)、最大トルクも720Nmを発揮する。このMHEVによりエンジンの負荷を軽減すると同時に効率を最適化し、コースティング機能も採用することで燃費効率も高められた。

 さらに、最大7名乗車を可能とする3列目シートをはじめ、運転席/助手席へのマッサージ機能やアクティブ・ベンチレーション機能、オペレーティング・システム8.5などを標準装備とし、人気のハーマンカードン・サラウンド・サウンド・システムなども備える。

 脚元ではランフラット装着の20インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング740M バイ・カラー(オービット・グレー)に、4輪アダプティブ・エア・サスペンションを組み合わせ、上質なドライビングフィールがもたらされる。

 もちろん、BMWが誇る最新のハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能やリモート・パーキング機能、安全機能・運転支援システムの“ドライビング・アシスト・プロフェッショナル”なども装備し、音声認識ではAI技術を活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントやAmazon Alexaにも対応し、価格は1290万円(税込)となっている。

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

こんな記事も読まれています

中上貴晶、初日は最下位に沈むも「再舗装された路面は大きなアドバンテージ」/第3戦アメリカズGP
中上貴晶、初日は最下位に沈むも「再舗装された路面は大きなアドバンテージ」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
ヤマハ:2台がダイレクトQ2逃す「予想以上に厳しい状況。でも土曜に賭けてみる」/第3戦アメリカズGP 初日
ヤマハ:2台がダイレクトQ2逃す「予想以上に厳しい状況。でも土曜に賭けてみる」/第3戦アメリカズGP 初日
AUTOSPORT web
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
くるまのニュース
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ベストカーWeb
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
モーサイ
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
Webモーターマガジン
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
motorsport.com 日本版
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
THE EV TIMES
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
レスポンス
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
AUTOSPORT web
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
乗りものニュース
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村