現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!

ここから本文です
【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!
写真を全て見る(2枚)

ロールス・ロイス シルバーシャドウ2の中古車:Rolls Royce Silver Shadow 2(ロールス・ロイス シルバーシャドウ2)は、王室の移動の夢を叶える完璧な方法だ。そんな高貴な車がeBayで、18,000ユーロ(約290万円!)で売りに出されている。

友人にハンドルを握らせ(ちなみにこのロールス・ロイス シルバーシャドウ2は右ハンドル)、後部座席から優雅に手を振る。そんな夢を叶えたいなら、eBayに出品されているこの中古「ロールス・ロイス・シルバーシャドウ2」を見てみよう。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
AutoBild Japan
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
真のアルピナの終焉 最後のアルピナ製BMW5シリーズ「アルピナ B5 GT」のお別れテスト!
真のアルピナの終焉 最後のアルピナ製BMW5シリーズ「アルピナ B5 GT」のお別れテスト!
AutoBild Japan
フォルクスワーゲン「ID.Buzz」 電動ブリは走りの良さが売り!ミニバンとコマーシャルバンの2本立て
フォルクスワーゲン「ID.Buzz」 電動ブリは走りの良さが売り!ミニバンとコマーシャルバンの2本立て
AutoBild Japan
【面白ストーリー】クラシック911を新車に生まれ変わらせる「Singer(シンガー)」のエリート向けポルシェ964とは?
【面白ストーリー】クラシック911を新車に生まれ変わらせる「Singer(シンガー)」のエリート向けポルシェ964とは?
AutoBild Japan
2つのシークレットフロアはアルファの旧車で埋め尽くされている!ミラノの北、アレーゼにあるアルファロメオ歴史博物館訪問記
2つのシークレットフロアはアルファの旧車で埋め尽くされている!ミラノの北、アレーゼにあるアルファロメオ歴史博物館訪問記
AutoBild Japan
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
AUTOCAR JAPAN
アイルトン・セナが所有していたホンダNSXが手に入るチャンス到来! 9600万円で中古車サイトに登場
アイルトン・セナが所有していたホンダNSXが手に入るチャンス到来! 9600万円で中古車サイトに登場
motorsport.com 日本版
ルーフ「ターボR」が約2億3000万円で落札! 空冷ポルシェの究極ストリートマシンのカスタムメニューとは
ルーフ「ターボR」が約2億3000万円で落札! 空冷ポルシェの究極ストリートマシンのカスタムメニューとは
Auto Messe Web
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!
BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!
AutoBild Japan
発表後わずか1週間でモデル名変更 アルファロメオの新型SUVの名前は「ミラノ」から「ジュニア」へ 一体何があったのか?
発表後わずか1週間でモデル名変更 アルファロメオの新型SUVの名前は「ミラノ」から「ジュニア」へ 一体何があったのか?
AutoBild Japan
アウトビルトジャパン編集部流「オートモビルカウンシル2024」探訪記
アウトビルトジャパン編集部流「オートモビルカウンシル2024」探訪記
AutoBild Japan
フェイスリフトにより新型「ルノー キャプチャー」はよりモダンに、より低い価格設定に
フェイスリフトにより新型「ルノー キャプチャー」はよりモダンに、より低い価格設定に
AutoBild Japan
【スーパーテスト】「トヨタ GR カローラ サーキットエディション」は「ゴルフ R」「シビック TYPE R」に勝てるか?
【スーパーテスト】「トヨタ GR カローラ サーキットエディション」は「ゴルフ R」「シビック TYPE R」に勝てるか?
AutoBild Japan
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
ゲレヴァー好きですか?レストアされたレアなオフローダー「メルセデス 300 GD」で冒険の旅へ、150万キロ感動の物語
ゲレヴァー好きですか?レストアされたレアなオフローダー「メルセデス 300 GD」で冒険の旅へ、150万キロ感動の物語
AutoBild Japan
【20世紀名車ギャラリー】ポルシェの原点にして傑作RRスポーツ、1959年式ポルシェ356Aの肖像
【20世紀名車ギャラリー】ポルシェの原点にして傑作RRスポーツ、1959年式ポルシェ356Aの肖像
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

1件
  • akacchama
    タイトル通り一度は乗る価値有りますが、継続して整備していない車輌だと車輌価格を軽く上回る費用がかかるのがシルバーシャドウです。私は不動の期間があった車輌を安価で譲り受けてOHしながら乗りましたが費用が嵩んで手放してしまいました。しかしまた絶対に乗りたいと思わせる特別な車なのは間違いありません、高くても良い個体を選ぶ事です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

478.01150.0万円

中古車を検索
V8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

478.01150.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村