現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メーター表示も「iPhone」がジャック? 次世代「Apple CarPlay」でクルマのスマホ連携が加速! 「WWDC2022」

ここから本文です

メーター表示も「iPhone」がジャック? 次世代「Apple CarPlay」でクルマのスマホ連携が加速! 「WWDC2022」

掲載 10
メーター表示も「iPhone」がジャック? 次世代「Apple CarPlay」でクルマのスマホ連携が加速! 「WWDC2022」

日本時間6月7日未明にAppleが開催した開発者向けカンファレンス「WWDC2022」。その内容は今秋リリースされる新OSや新製品の発表で、今回は第2世代のAppleシリコン「M2」チップに新しい「MacBook Air/Pro」などが話題を集めている。そんな中「Apple CarPlay」も劇的な変化を遂げていたので紹介させていただきたい。

Apple CarPlayとは、iPhoneとクルマに搭載されたiOS対応のディスプレイを接続することで、iPhone内のカーナビや音楽アプリなどを車内で使用できる機能のこと。

超高画質とハイレスポンスを達成したパナソニックのフラッグシップナビ「ストラーダFシリーズ」

ナビ代わりに自分のiPhoneを使っているという方もいると思うが、Apple CarPlayに対応したクルマであれば、運転中はiphoneの画面が最適にミラーリングされ、iPhone本体でナビを利用するより断然使いやすいというメリットがある。

音楽についても、iPhoneアプリのお気に入りを再生できるほか、メッセージの送受信を聞くことが可能。さらにはSiriに対応しているので、運転中でもタッチパネルに触れずにスマホが使用できる。最近では、デジタルキー機能も加わり、iPhoneで車のロックを解除しエンジンを始動できるなど進化が止まらない。

また、Apple CarPlayはiOS端末を経由してインターネットに接続するので、車用の回線契約は不要。別途料金もかからず、対応車種を購入するか対応機器を装着するだけで利用が可能だ。

現在はダッシュボード中央に配置されたタッチパネルをCarPlayで操作するというのが基本だが、Appleは今回のWWDC2022でスピードメーターなどクルマのあらゆるディスプレイやインフォテインメントを表示する次世代型のミラーリング技術を発表した。

クラシック風メーターに着せ替えもできる!

 最近のクルマはメーターにディスプレイが採用されセンターディスプレイも大型化。さらには全てが一体化している車種も増えているが、そうしたマルチディスプレイダッシュボードにも適応している。

今回発表された次世代のApple Carplayではナビや音楽などのメディア機能に加えて、スピードメーター、タコメーター、温度計、燃料計、またEVのバッテリーレベルなども表示。さらには、エアコンやシートヒーターを作動させることも可能とした。

しかもCarPlayはさまざまなメーターやディスプレイデザインから選択が可能。クラシックカーのようなメーターから、モダンなデジタルメーターまで、その日の好みに合わせた表示が可能なのだ。Appleは、このCarPlay OSに対応する車両が2023年の後半に発売予定と発表。それがどのクルマになるかは明かしていないが、パートナーとしてはアキュラ、アウディ、フォード、ホンダ、ジャガーランドローバー、リンカーン、メルセデスベンツ、日産、ポルシェ、ボルボ、ポールスターと12ブランドの名前が上がっていた。自動車メーカーは、今後、ディスプレイのインフォテイメントをデザインする必要がなくなるかも? さらにはメーターに液晶画面を追加するだけで、旧車も最新インフォテインメントにアップグレードするかも? そんなことも考えさせられるカンファレンス内容であった。ギャラリーで、さまざまなデザインを是非確認していただきたい。





 





 



こんな記事も読まれています

コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
くるまのニュース
アウディの元イタリア王者がポール・トゥ・ウイン。ダンプ路面でFL5型シビックも初優勝/TCRヨーロッパ第2戦
アウディの元イタリア王者がポール・トゥ・ウイン。ダンプ路面でFL5型シビックも初優勝/TCRヨーロッパ第2戦
AUTOSPORT web
ディクソンが復調のトップスピード。琢磨は14番手に/【第108回インディ500】カーブデイ総合結果
ディクソンが復調のトップスピード。琢磨は14番手に/【第108回インディ500】カーブデイ総合結果
AUTOSPORT web
アルファロメオ、新コレクション発表…情熱あふれる3つの個性
アルファロメオ、新コレクション発表…情熱あふれる3つの個性
レスポンス
中古で買っても期限内なら「新車保証」は継続可! 保証継承のために「12カ月点検」が重要だった
中古で買っても期限内なら「新車保証」は継続可! 保証継承のために「12カ月点検」が重要だった
WEB CARTOP
愛車が大変身「カーラッピング」の世界! 10年代“痛車”文化で注目も、価格ネックの現実 今後広まる?
愛車が大変身「カーラッピング」の世界! 10年代“痛車”文化で注目も、価格ネックの現実 今後広まる?
Merkmal
中上貴晶、初日は20番手「タイヤが重要なため、レースペースに取り組んだ」/第6戦カタルーニャGP
中上貴晶、初日は20番手「タイヤが重要なため、レースペースに取り組んだ」/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
スズキ ハスラーの一部仕様変更で快適装備を充実
スズキ ハスラーの一部仕様変更で快適装備を充実
Auto Prove
【MotoGP】予選大苦戦から追い抜いて2位。繰り返されるマルケスのカムバック劇の原因は「新品タイヤ」への苦戦?
【MotoGP】予選大苦戦から追い抜いて2位。繰り返されるマルケスのカムバック劇の原因は「新品タイヤ」への苦戦?
motorsport.com 日本版
機敏で運転が楽しい! スズキ・スイフト 快適で上質なファミリーカー ルノー・ルーテシア 日仏2台比較(2)
機敏で運転が楽しい! スズキ・スイフト 快適で上質なファミリーカー ルノー・ルーテシア 日仏2台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
スズキ・スイフト ルノー・ルーテシア やっぱり小さなハッチバックは魅力的! 日仏2台比較(1)
スズキ・スイフト ルノー・ルーテシア やっぱり小さなハッチバックは魅力的! 日仏2台比較(1)
AUTOCAR JAPAN
フェルスタッペン、頭痛がするほどのポーパシングに苦しむ「マシンの特性の問題。奇跡の解決法などない」F1モナコGP
フェルスタッペン、頭痛がするほどのポーパシングに苦しむ「マシンの特性の問題。奇跡の解決法などない」F1モナコGP
AUTOSPORT web
ジープ『ラングラー』新型を日本発売…アイコニックなデザイン
ジープ『ラングラー』新型を日本発売…アイコニックなデザイン
レスポンス
レッドブル、ライバルの追い上げで弱点が浮き彫りに? フェルスタッペン「2022年から抱えていた問題だ」
レッドブル、ライバルの追い上げで弱点が浮き彫りに? フェルスタッペン「2022年から抱えていた問題だ」
motorsport.com 日本版
レクサス新型「高級SUV」2WD&爆速の“軽快モデル”登場! 斬新デザインの「RZ」改良モデルが英で登場
レクサス新型「高級SUV」2WD&爆速の“軽快モデル”登場! 斬新デザインの「RZ」改良モデルが英で登場
くるまのニュース
エンツォの波乱万丈の人生…映画『フェラーリ』画像公開
エンツォの波乱万丈の人生…映画『フェラーリ』画像公開
レスポンス
ラルゴこそ今の日産に必要!? エルグランドのご先祖モデルが超絶爆安でコスパ最強だった
ラルゴこそ今の日産に必要!? エルグランドのご先祖モデルが超絶爆安でコスパ最強だった
ベストカーWeb
2024スーパー耐久富士24時間に向けて、恒例の集合写真撮影が行われる
2024スーパー耐久富士24時間に向けて、恒例の集合写真撮影が行われる
AUTOSPORT web

みんなのコメント

10件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村