現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【このクルマなんぼ?】メルセデス・ベンツ420SEC ブルーノ サッコのデザインしたベンツらしい超クールなSクラスクーペの値段とは?

ここから本文です

【このクルマなんぼ?】メルセデス・ベンツ420SEC ブルーノ サッコのデザインしたベンツらしい超クールなSクラスクーペの値段とは?

掲載 2
【このクルマなんぼ?】メルセデス・ベンツ420SEC ブルーノ サッコのデザインしたベンツらしい超クールなSクラスクーペの値段とは?

超クールなメルセデスSクラスクーペが現在販売されている。AMGホイール、アイバッハサスペンション、クラシックカーライセンス承認を受けたW126シリーズのメルセデス・ベンツ420SECがeBayに出品されている。ブラック/ブラックのカラーコンビネーションは、218馬力のV8ダイムラーに完璧にマッチしている。

1987年に発売された「W126」シリーズのこの信じられないほど格好良い「メルセデス・ベンツ420SEC」は、現在eBayで、28,000ユーロ(約400万円)で提供されている。これはいくつかの理由でエキサイティングなことだ。

【このパーツなんぼ?】え? このブガッティ シロンのフロントパーツで新車のフェラーリが2台も購入できるの? 絶句&馬鹿げてる!

1979年から1991年まで製造された2代目「メルセデスSクラス」は、デザイナーであるブルーノ サッコにとって、非常に良い結果となり、メルセデス愛好家は、製造から30年以上経った今でも、1980年代のエグゼクティブベンツを購入し運転することに喜びを感じている。

この広告でまず目につくのは、写真である。すでに象徴的なラインを持つダイムラーが、巧みなチューニングによってさらに強調されているのである。もちろん、クルマの改造は好みの問題である。しかし、このベンツには、太いタイヤとローダウンがよく似合う。しかも、ホイールはAMG製、サスペンションはアイバッハ製と、クオリティも高い。

車検はごく最近取得されたもので、次の検査は2025年3月だ。さらに、このベンツには、最近発行されたばかりのHライセンスプレート(クラシックカーライセンスプレート)がついているのも魅力的だ。装備されているのは、エアコン、ABS、電動シート、サンルーフだ。最初の納車はベルギーだった。走行距離は232,600kmとなっている。

メルセデス・ベンツ(W126)について知っておくべきこと

美しい写真だけでなく、この大きなメルセデスは、1987年に製造された、一般的にファーストシリーズよりも成熟しているとされるセカンドシリーズに属している。

「420SEC」は、有名なトップバージョンの「560SEC」に比べると、少しプレステージが劣るかもしれないが、この小さなV8を過小評価してはならない。パワーがあり、最高速度200km/hを割るが、燃料消費は兄貴分より少ない。

「Sクラス W126」は、決して錆とは無縁ではない。ジャッキマウントやリアウィンドウのフレームは、おそらく最もよく知られている箇所だろう。しかし、褐色の疫病は、他のコーナーでも激しくかじられていることがある。電子機器も徹底的にチェックする必要がある。問題が発生すると、多額の費用がかかる可能性があるからだ。

「W126」は、気の弱い人には向かないモデルだ。必要な知識と専門家のサポートがあれば、ボディワークなどのウィークポイントは簡単にマスターすることができる。セカンドシリーズのスペアパーツは、新車とほぼ同じようにすぐに入手できる。そして、ダイムラーは高級車であるため、言うまでもなく小型車と同じ金額で維持することはできないが、その分満足度は高い。

Text: Lars Hänsch-PetersenPhoto: ebay.de/mercedes1960

こんな記事も読まれています

「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
レスポンス
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
くるまのニュース
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
AUTOSPORT web
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
WEB CARTOP
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
motorsport.com 日本版
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
日刊自動車新聞
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
レスポンス
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
LE VOLANT CARSMEET WEB
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
くるまのニュース
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
@DIME
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
AUTOSPORT web
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
motorsport.com 日本版
いすゞ「新型スタイリッシュSUV」25年登場へ 精悍すぎる「3段V字ブルーグリル」がカッコイイ! 新型「超静音モデル」ノルウェー投入に期待の声
いすゞ「新型スタイリッシュSUV」25年登場へ 精悍すぎる「3段V字ブルーグリル」がカッコイイ! 新型「超静音モデル」ノルウェー投入に期待の声
くるまのニュース
キャンピングカーも運転しやすい方がいい! 街乗りでもアウトドアでも快適なホンダ フリードがベースのキャンパー
キャンピングカーも運転しやすい方がいい! 街乗りでもアウトドアでも快適なホンダ フリードがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
[ハイブリッドカー不能説]めっちゃ電気持ってるのにダメなん!? ジャンプスタートできない謎
[ハイブリッドカー不能説]めっちゃ電気持ってるのにダメなん!? ジャンプスタートできない謎
ベストカーWeb
富士スピードウェイの100Rイン側にキャンプ場併設のアウトドア宿泊施設が誕生。2024年秋開業へ
富士スピードウェイの100Rイン側にキャンプ場併設のアウトドア宿泊施設が誕生。2024年秋開業へ
AUTOSPORT web
いよいよリリース!?2024年6月、話題の新型モデル12選【発売予定日まとめ】
いよいよリリース!?2024年6月、話題の新型モデル12選【発売予定日まとめ】
グーネット
F1 Topic:スタート失敗に危機感を持つRB。“5年前の経験”をもとに、HRCはエンジン側から解決を支援
F1 Topic:スタート失敗に危機感を持つRB。“5年前の経験”をもとに、HRCはエンジン側から解決を支援
AUTOSPORT web

みんなのコメント

2件
  • 日本じゃ420=シニマルと呼ばれて不人気だったが(但し正規輸入はSELのみでSECやSEは無かった)
    中の連中(メカさんやセールス)はリアサスが壊れない(壊れても遥かに安い)こっちか、500のショートが人気だった。
    SECは確かに格好良いかこの写真のホイールはちと大径すぎ、17インチが限界かつベスト。
  • サイドのドア下部の化粧板をデザイナーの名前からサッコプレートって呼んだね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村