サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ハイウェイスターが快適! 日産の「虎の子」 早くも売れまくり新型ルークスの実力

ここから本文です
 最近の日産は新型車が乏しい。その意味で注目されるのがルークスだ。2019年3月に発売された全高が1700mmを超える軽自動車で、後席側のドアはスライド式になる。以前のデイズルークスが一新されて「ルークス」になった。

 ルークスには標準ボディとエアロパーツを備えたハイウェイスターがあり、後者ではターボも選べる。今回はハイウェイスターXプロパイロットエディション(184万3600円)と、同じくハイウェイスターのGターボプロパイロットエディション(193万2700円)を試乗した。

おすすめのニュース

サイトトップへ