サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ゴルフのアプローチ 12】ゴルフ4の「GTI」は、特別感のない存在だった

ここから本文です

【ゴルフのアプローチ 12】ゴルフ4の「GTI」は、特別感のない存在だった

1974年にデビュー以来、コンパクトFF車のベンチマークであり続けるフォルクスワーゲン ゴルフ。日本でも間もなく8代目となる新型が発表されるが、その前に初代から現行型までのゴルフを振り返ってみたい。今回は、4代目ゴルフのバリエーションについて語ろう。

ゴルフ4はグループ内の他ブランドにも「兄弟」を展開した
ゴルフ4は、とくにバリエーションは多くなかったが、兄弟といえるモデルは飛躍的に増えていた。フォルクスワーゲン グループのプラットフォーム戦略で、シャシを共用するモデルが一気に拡大したからだ。フォルクスワーゲンのほかに、アウディ、セアト、シュコダに、ゴルフ4と同じ「A4」と称するプラットフォームのモデルが用意された。ちなみにアウディでは、A3とTTが兄弟だった。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

同じフォルクスワーゲン ブランド内での「兄弟」は、まだ多くはなく、ニュービートルとボーラだけだった。ボーラは、ゴルフの3BOXセダン バージョンであり、ジェッタ、ヴェントの後継に相当した。

ただ、今まではリアドアまで共通で、その後ろにトランクを継ぎ足しただけだったが、ボーラはBピラーより後方のルーフラインを変えたうえ、フロントマスクも独自のスラントノーズのものにするなど、セダンとして優美に見えるクルマになっていた。この変化は、フォルクスワーゲン ブランドのプレミアム化の一環といえるもので、ボーラはBMWのセダンなどに対抗することを意識したといわれる。

ゴルフ4では、3代目に引き続き、ワゴンのヴァリアントが設定されたほか、カブリオレもつくられている。ただ、このカブリオレはゴルフ3 カブリオレのフロントマスクなどをゴルフ4のデザインに改変しただけのものだった。

高性能モデルにも少し変化があった。ゴルフ4では、かつてのゴルフにあったモータースポーツ活動が目立たなくなり、スポーティ志向がやや停滞していた。とくにGTIは、歴代ゴルフとしてはいちばん軽く扱われていたというか、特別感のない存在になっていた。まず第一に、外観が控えめだった。歴代GTIで唯一、トレードマークであるグリルの赤いアクセントのラインが廃止され、GTIのロゴさえも付けていないことがあった。通常モデルと区別がつきにくく、あたかも4代目ゴルフの「虚飾を徹底的に排する」というデザイン哲学を厳守しているかのようであった。

エンジンの面でもGTIの特別感は薄まっていた。搭載できるエンジンは複数あり、ほかのグレードでも同じエンジンを共用していた。ようするに、サスペンションチューニングなどの装備によって、「GTI」というパッケージが設定されているようなイメージである。たとえば日本ではGTXというグレードがGTIと同じエンジンで、ATなどを装備したGTIのラグジュアリー版というような仕立てになっていた。

V5や4バルブ化されたVR6エンジンなども搭載
GTIが使う基本的なエンジンは1.8Lのインタークーラー付きターボで、これはアウディが開発した5バルブ エンジンだった。排気量はゴルフ3の2.0Lよりも縮小されており、軽めにではあるが、ゴルフ5で注目されることになる「ダウンサイジング」がひと足早く実践されていたともいえる。この1.8Lは、日本仕様で150psを発生した。ヨーロッパではディーゼルターボのTDIを積んだGTIも存在し、ゴルフ4ではGTDと呼ぶモデルが存在しなかった。

さらに、世にも珍しいV型5気筒エンジンも搭載していた。これは、ゴルフ3で登場した狭角V6のVR6から1気筒落としたもので、排気量はV6の2.8Lに対し、2.3Lとなっている。出力は当初は150psで、その後170psに強化された。途中で強化されたのは、4気筒の1.8Lターボも同様で、2001年に発売されたGTIの25周年記念モデルでは180psまでチューンされた。この180ps仕様はその後、通常のGTIにも搭載されている。

VR6エンジンも健在で、GTI以外のグレードに積まれていたが、2002年には強化した3.2Lエンジンを積むR32が登場した。R32は新しいスポーティな「Rライン」というシリーズの第一弾であり、このあとフォルクスワーゲンの他モデルにも「R」のモデルが展開される。「R」は、要はメルセデスのAMGやBMWのMのようなスポーティグレードなのだが、例によって他のブランドと違って外観はあまり派手に装っていないのが特徴でもある。ただフロントの大型スポイラーや、当時としてはかなり大径の18インチホイールが、高性能をアピールしていた。

3.2Lエンジンは、排気量拡大に加えて従来の2バルブから4バルブ化され、最高出力は241psに到達した。最高速は約250km/hを誇り、ゴルフとしてはいきなり2段階以上の劇的なパワーアップを果たしたことになる。これを駆動するのはハルデックスカップリングを用いた4WDの4MOTIONであり、トランスミッションは6速MTが与えられたが、2003年には、フォルクスワーゲンとして初となる、いわゆるDCTのDSGが搭載されている。(文:武田 隆)

[ アルバム : ゴルフのアプローチ 12 はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します